怖いお友だち内閣

新内閣が発足した。

目玉は、小泉進次郎氏の初入閣だ。

Embed from Getty Images

ブルーのネクタイ、白いワゴン車で官邸に乗り付けた進次郎氏は環境大臣。

日本的には二流官庁だが、国際的、特にヨーロッパでは重要なポジションであり、考えようによっていいポストかもしれない。

この分野で実勢を積み、国際的な人脈を作ることができれば、21世紀のリーダーとしては財産となるだろう。

Embed from Getty Images

マスコミは早速、安倍総理が投げた餌に食いついて、進次郎入閣ばかり取り上げているが、そんな見え透いた手に騙されてはいけない。

今回の組閣で注目すべきは、安倍側近の大量入閣だ。

中でも私が気にしているのは、萩生田光一氏の文科大臣への起用だ。

Embed from Getty Images

この人は、みんなが知っている通り、加計学園問題のキーマンである。そんな人が文科大臣とは、韓国の法相起用を笑っている場合ではない。

さらに萩生田氏は、「日本会議国会議員懇談会」の事務局長であり、「創生「日本」」や「神道政治連盟国会議員懇談会」に所属するバリバリの右翼であり、歴史問題でも河野談話の見直しを主張するなど、従来の見解を修正する立場に立って活動してきた人物だ。

そうした人物が教育行政を牛耳ると何が起きるのか?

安倍政権がこれまで鎧の下に隠してきた本音が、いよいよ表に出てくることが懸念される。

今回の布陣は、明らかに憲法改正を推進するため側近とイエスマンで固め、進次郎氏を最後に加えることで、マスコミと国民の関心をそらせるものという解釈しかできない。

安倍4選も含め、どこまで露骨な動きに出てくるのか?

マスコミが進次郎ばかり取り上げて、チェックが甘くなるのではないか?

とても嫌な予感がする内閣改造である。

広告

1件のコメント 追加

  1. dalichoko より:

    恐いですね。(=^ェ^=)

コメントを残す