何かが引っかかる

投稿日:

文科省の局長が逮捕された。疑り深い私には、この事件何かが引っかかる。

事件の一報はこうだ。日経新聞の記事を引用しておく。

 

『 文部科学省の私立大学支援事業の選定で便宜を図る見返りに自分の子供を大学入試で合格させてもらったとして、東京地検特捜部は4日、同省科学技術・学術政策局長の佐野太容疑者(58)=東京都港区=を受託収賄の疑いで逮捕した。

会社役員、谷口浩司容疑者(47)=同区=も同ほう助の疑いで逮捕した。特捜部は2人の認否を明らかにしていない。

佐野容疑者の逮捕容疑は2017年5月、東京医科大学(東京都新宿区)の関係者から私立大学支援事業の対象に選定されるよう依頼され、見返りとして18年2月の同大学の入試で自分の子供の点数を加算させ、合格させてもらった疑い。

特捜部は、点数の加算と入試の合格が賄賂にあたると判断。東京医科大の関係者についても在宅で捜査する。

捜査関係者によると、便宜を依頼された事業は「私立大学研究ブランディング事業」。文科省などによると、東京医科大は17年度の同事業に応募。17年11月に事業の対象に選定された。17年度は188校が応募し、選定されたのは60校だった。

法人登記簿によると、谷口容疑者は東京都内の医療コンサルティング会社で取締役を務めていたが、18年2月9日に解任されている。

佐野容疑者は1985年に科学技術庁に入庁。山梨大学の副学長や文科省会計課長などを経て、2016年6月から文科省官房長を務め、17年7月に科学技術・学術政策局長に就任した。

林芳正文科相は4日、省内で取材に応じ「現職の職員が逮捕されたことは誠に遺憾であり、文部科学省としては今後の捜査に全面的に協力したい」と述べた。

東京医科大は「東京地検による捜査を受けていることは事実であり、厳粛に受け止めている。捜査に全面的に協力している」とコメントした。』

 

息子の裏口入学のために自らの職権を濫用したとすれば言語道断だ。でも、次官候補と言われる男が本当にそんなバカなことをするだろうか?

検察は2人の認否を明らかにしていない。間違いなく否認しているのだろう。

金品をもらったのではなく、息子の入学と引き換えに支援事業の認定で便宜を図ったとの容疑だが、こんな受託収賄はあまり聞いたことがない。

逮捕された佐野氏は事務次官候補とも言われていたそうだ。そして、前川喜平前事務次官時代に官房長を務めていた。安倍官邸の“敵”である前川氏に近い人物と考えられる。

森友・加計問題をきっかけに官邸による文科省攻撃がつづいている。今回の事件は、前川派の弾圧ではないのか? そんな疑いを持った。

何の確証もない。ただ引っかかるのだ。当局から発表されるニュースを疑う癖が付いている。

メディアも、これまでのところ無批判に検察発表を伝えている。佐野氏の信用も、文部官僚の信用も地に落ちた。文部官僚の裏口入学疑惑は世論から最も忌み嫌われる所業だ。本当にそんなバカなことをするのだろうか?

支援事業認定について佐野氏がどんな職務権限を持っていたのか?

息子の点数が水増しされたとされる証拠はあるのか?

その水増しは佐野氏からの要求だったのか?

報道を見る限り、わからないことだらけだ。

大いに疑いの目を持ちながら、このニュースをウォッチしていこうと思う。

 

コメントを残す