<きちたび>3泊4日ウラジオストクの旅①  入出国カードの記入も必要なし!ロシアの旅はすごく便利になっていた

なぜウラジオに?

ウラジオストクに行くと言うと、みんな口を揃えて「何で?」と聞く。

IMG_4049

「どうやって、行くの?」

これが次の質問だ。

直行便があると答えると「へぇ~。どこから?」と続く。

ウラジオストクへは成田空港から週3便直行便が飛んでいる。ただし、オーロラ航空という聞きなれない航空会社である。どうやらアエロフロートのグループ会社のようだ。

<重要>2020年2月28日から日本航空JALが、3月16日から全日空ANAが、成田からウラジオストクへの直行路線を開設します。ウラジオストク旅行が、ずっと便利になりますね。

IMG_3596

では、私はなぜウラジオに行こうと思ったのか?

思い立ったのは今年2月、沖縄に行った帰りのことだ。ANAの機内誌を何気なく眺めていて地図に目が止まった。東京から沖縄の距離よりもウラジオの方が近いことに気づいたのだ。

これは私にとって衝撃だった。

私は子供の頃から地図を見るのが好きで、大体の世界地図は頭に入っていると自負していた。ところがである。

「ウラジオストクって、こんなに近いのか?」

60年も生きてきて、初めて気づいた驚き。つまり、今まで私は60年間、ウラジオやロシア極東について真剣に考えたことがなかったということなのだ。

ただ何となく遠い街。ソ連の軍港で外国人はなかなかは入れない怖い街。そんなぼんやりとした印象だけで、興味もなく素通りしてきただけだ。

ところが実際には東京から直線距離で1063キロ。日本人にもおなじみの北京や上海、台北よりも近い。ソウルや那覇よりも近くだというとちょっと驚く。そして1991年からは外国人にも開放され、今では誰でも訪れることができる街になっている。

そして何より、日本の隣国なのだ。

IMG_3606

そんな単純なことに気づき、私はウラジオストクに行くことに決めた。今年3月のことだ。

観光でもビザが必要

いざ旅行の準備を始めると、知らないことがいろいろ出てくる。

例えば、ビザ。

ロシアに行くには観光でもビザが必要だということも初めて知った。

今時、ビザが必要なんて、北朝鮮ぐらいかと思っていた。今の若い人はビザという言葉すら知らないかもしれない。

でも、ロシアに行くためには今もビザが必要なのだ。

ただ、ロシアの観光ビザの取り方はちょっと面倒なので、またの機会に詳しく書くことにする。

<重要>ウラジオストクへの観光には、電子ビザでOKになりました。在日ロシア大使館のサイトから手続きができます。https://tokyo.mid.ru/web/tokyo-ja/-23

IMG_3532

さて、前置きな長くなってしまったが、今回は主にウラジオストクへの行き方、つまりオーロラ航空のこと、入国審査のこと、空港と市内の交通のことなどをまとめて書くことにする。

直行便はオーロラ航空

出発は7月13日だった。

13日の金曜日とは、ちょっと縁起が悪い。会社では大事な会議があって、それをサボって旅行に行くのも少し気が引けた。

成田・ウラジオストク間を飛ぶオーロラ航空の直行便は週4便(冬は週3便)。

月、水、金、日の週4便。だから、三連休を利用してウラジオに行くためには金曜日サボるしかなかったのだ。

いつものように、吉祥寺からリムジンバスで成田空港へ。オーロラ航空は第1ターミナルの北ウィングだ。

IMG_3349

カウンターは出発の2時間半前から開いていて、混雑することもなくスムーズにチェックインできた。これは小さな飛行機のメリットだ。

その代わり座席は事前に選ぶことができないらしく当日先着順で決まる。私は常に窓際席希望なので早めに空港にやって来た。

IMG_3350

オーロラ航空は2013年、サハリン航空とウラジオストク航空が合併してできたロシアの航空会社だ。アエロフロートとの共同運航便が多く、アエロフロートまたはスカイチームのマイレージサービスが受けられる。

最近ヨーロッパに行く際に値段優先でアエロフロートを使うことがあるため、今年アエロフロートボーナスというマイレージサービスに登録したばかりだ。ちょうどいいので、今回初めてそれを利用してみた。ANAJALのようなマイレージカードは持っていないが、メールで送られて来ていた番号を伝えると手続きをしてくれた。実際それほどマイルが貯まるとも思えないが、とりあえず簡単なので今後スカイチームの航空会社を利用する際には、アエロフロートにマイルをまとめてみようと思う。

IMG_3351

続いては、両替。ロシアの通貨ルーブルに両替する。

日本ではレートが悪いと聞くが、とりあえず1万円だけ両替した。いつも通り、成田空港グループが運営する「GPA外貨両替専門店」 を利用した。

1ルーブル=2.27円。この日の公式レートは1.81円 となっていたので本当にレートが悪い。でもまあ、金額が少ないので目くじらを立てるほどのことでもない。

結果的には、ロシアでもクレジットカードで支払いすることが多かったので、1万円の両替だけで充分お釣りが出た。

IMG_3355

私の旅に関する情報は、「吉祥寺@ブログ」の姉妹サイト「旅したい.com」をどうぞ。

37回目の結婚記念日に新しいブログ「旅したい.com」を立ち上げる

広告

1件のコメント 追加

コメントを残す