<きちたび>ソウル2泊3日の旅① 南北会談の直前にDMZ(非武装地帯)ツアーに参加してきた

成人の日の三連休を利用してソウルに行ってきた。予約した頃には、北朝鮮危機が深刻さを増し、戦争の可能性が真面目に論じられていた。ところが、年明けから一転して南北融和の動きが噴き出してきた。同時に従軍慰安婦問題でも韓国政府が新たな方針を打ち出すなど、日韓関係にも変化が現れ始めた。

期せずして、いいタイミングでのソウル行きとなったのだ。

まずは2日目、1月7日の午前に参加したDMZツアーについて書くことにする。DMZとは、朝鮮戦争の休戦に伴い38度線に設けられた軍事境界線の南北それぞれ2キロ、合わせて幅4キロの緩衝地帯である。

当初板門店に行きたいと思ったのだが、ツアーでしか行けないことがわかった。しかし・・・日曜と月曜はツアーがない。私の日程は土日月。土曜は昼前の到着なのでツアーには間に合わない。私は1984年に北朝鮮側から板門店に行ったことがあり、今回は断念する。

そして紆余曲折の末、一番ポピュラーなDMZ半日ツアーに参加することになった。料金は5万2000ウォン(約6500円)だ。

IMG_0491

集合場所はロッテホテルソウルの2階にあるツアーデスク。朝8時の集合時間なのでまだ人気がない。ツアーデスクといってもホテルの人は対応してくれるわけではない。ただそこを様々な旅行会社が集合場所として利用しているだけで、待っているとツアーガイドが迎えに来てくれる。

IMG_0492

ホテルの前に止まっている大型バスに。英語の客は前方、日本語の客は後方に座る。2人のガイドが搭乗し、英語と日本語で交互に説明する。

IMG_0493

日本語ガイドの李さん。日本の植民地時代から朝鮮戦争、さらには最近の北朝鮮兵士の亡命事件、南北会談の動きまで早口の日本語で説明してくれた。この道10年。ガイドになるためには公式の資格を取らなければならないそうだ。

英語の女性ガイドさんは常に笑いながら説明していた。韓国の人は「危機慣れ」しているとはよく聞くが、本当に緊迫した雰囲気は微塵ほども感じられない。

IMG_0496

ソウルから北西方向へ50分ほど走った頃、李さんが窓から北朝鮮領が見えるという。

この日の朝の気温は氷点下7度。バスの窓ガラスが曇りよく見えない。帰路に撮影した写真がこちら。

IMG_0629

イムジン河の向こうは北朝鮮。川岸には鉄条網が続き・・・

IMG_0630

一定間隔で韓国側の監視塔が並んでいる。こうした景色、一般の人たちには新鮮だろう。

IMG_0519

ソウルを出てから1時間あまり、バスが最初に止まったのは「臨津閣国民観光地」。臨津閣は「イムジンガァ」と読む。イムジン河のイムジンだ。

上の写真は「望拝壇」。故郷を失った人々のために1985年に建てられた祭壇だという。

臨津閣にはこのようなモニュメントがたくさんある。2005年の世界平和祝典をきっかけに、平和の大切さと統一の重要性を知らせるために平和公園として整備された。

軍事境界線からは7キロ。「自力で行くことができる北朝鮮に最も近い場所」と言われ、ここまではマイカーでも訪れることができる。しかし、ここより先は認定を受けたツアーに参加するしかないのだ。

IMG_0502

限られた時間の中で李さんが私たちにぜひ見せたいと言って連れて行ってくれたのがこれ、古びた蒸気機関車だ。

IMG_0500

朝鮮戦争の際、連合軍の物資を運んだ。かつて満鉄を走っていた機関車で、中国軍の攻勢にさらされた連合軍が北側に利用されることを防ぐために自ら破壊したという。

IMG_0517

軍事境界線に置き去りにされていた車両には多くの弾痕らしきものも・・・。

統一と平和を祈念して2007年からここ臨津閣で展示されている。

IMG_0518

機関車の脇の鉄条網は、統一と平和を願うリボンで埋め尽くされていた。

同じ民族が分断され戦った悲劇。韓国の人々の複雑な気持ちは私たちにはわからないかもしれないけれど、理解する努力はする必要があるのではないだろうか。

IMG_0498

そしてもう一方の脇には一本の橋が。

「自由の橋」と呼ばれるこの橋。朝鮮戦争の休戦協定が締結された後の1953年、1万3000人余りの捕虜がこの橋を渡って南側に帰還した。

IMG_0504

自由の橋は、金大中時代の2002年、京義線の南北連結事業として整備された。この橋を通って韓国から北朝鮮を通って中国・ロシアまで線路がつながった。しかし、その後の関係悪化により、使われることのないままとなっている。

IMG_0507

橋の上空を一群の戦闘ヘリが通過して行った。

IMG_0510

米軍のアパッチだろうか?

ここは今も最前線なのだ。

IMG_0622

再びバスに乗り、イムジン河を渡る。橋の上にはいくつものバリケードが置かれていた。

橋の通行は厳重に管理されていて、手前にはゲートがある。兵士がバスに乗り込んできて一人一人パスポートチェックを行う。「トラブルになるから、兵士たちを絶対に撮影しないように」と事前に注意される。ここから先は、許可された場所でしか撮影は許されない。

IMG_0623

イムジン川は完全に凍結していた。橋を渡るといよいよDMZだ。

IMG_0536

バスが到着したのは通称「第3トンネル」。北朝鮮が南に侵攻するために掘ったトンネルが4本見つかっているが、そのうちの一つだ。軍事境界線にある板門店からわずか4km、ソウルからも52kmしか離れていない。1978年に発見された。

「DMZ」のオブジェの奥に展示館がある。

IMG_0555

DMZを再現した模型。

IMG_0556

トンネルを掘る北朝鮮兵士の人形。

IMG_0557

発見された4本のトンネルについての説明。

IMG_0567

朝鮮戦争とDMZについての映画を見せられる。特に印象に残るほどのものではない。

IMG_0561

武器の展示も・・・。

北朝鮮が使用する自動小銃は中国製だ。

fullsizeoutput_1ef2.jpeg

北朝鮮製の拳銃。

fullsizeoutput_1ef0

こちらの拳銃は旧ソ連製だ。

fullsizeoutput_1eee

朝鮮戦争当時のヘルメット。

IMG_0530

そして、地雷にロケットランチャー。いずれも旧式だ。

IMG_0538

展示室を出て、いよいよトンネルへ。

IMG_0544

トンネル内部は撮影禁止。カメラやスマホ、携帯電話はこのロッカーに預けなければいけない。

IMG_0543

そして李さんに従って、この入り口から入り、トンネルにつながる長さ350mの下り坂を歩く。下りは問題ないが、帰りはかなりきつい。歩くのが嫌なら、有料でトロッコ型のシャトルエレベーターを利用することもできる。

IMG_0542

韓国側が後から掘った下り坂のトンネルを降りて行くと、北朝鮮が掘った第3トンネルにたどり着く。地下73mの地点に水平に掘られている。

幅2m、高さ2m。手掘りの荒削りな坑道には落石防止のための囲いがあるため、低い所では高さが1m58cmしかない。用意されたヘルメットをかぶり、腰を曲げて進む。

トンネルの長さは1653m。軍事境界線の韓国側には3枚の壁が作られていて北からの侵入を防いでいる。

観光客は一番手前の壁のところまで行くことができる。軍事境界線からわずか200mの地点だという。

こんな狭いトンネルでも、1時間に3万人もの兵士が通過する能力があるというから驚きだ。

ベトナム戦争でゲリラが縦横無尽にトンネルを掘ってアメリカを撃退したのを参考にして、北朝鮮もこのようなトンネルを掘ったのだと李さんは説明してくれた。あの時代、軍事大国アメリカを敗走させたベトコンは非同盟諸国にとって文字通り英雄だった。

IMG_0546

それにしても、休戦中とはいえ「戦争の現場」を観光ツアーの目玉にしている韓国の商魂には恐れ入る。記念撮影のためのスポットは、こんな最前線にもしっかり用意されていた。

IMG_0549

休戦から65年。人間の緊張感というものは長くは続かないものなのだろう。

IMG_0597

再びバスに乗り、山を登ったところにあるのが「都羅展望台」。

IMG_0577

1987年から公開されたこの展望台からは北朝鮮の開城工業団地などを見ることができる。

IMG_0596

ずらりと並んだ望遠鏡を使うには500ウォンコインが必要だ。

IMG_0572

展望台から北を見るとこんな景色だ。北朝鮮は霞んで肉眼ではよく見えない。

IMG_0575

西を望むと、DMZの南に張られた韓国側の鉄条網が延々と続いている。鉄条網の右側がDMZ、左側が韓国領だ。

IMG_0579

そして南を見ると、韓国側の監視塔が・・・

IMG_0574

私のコンパクトカメラには40倍のズームが付いている。どこまで撮れるか、再び北にカメラを向ける。

手前の道や監視施設は韓国側、そして先に見える高い塔は北朝鮮だ。

IMG_0586

この北朝鮮側にそびえるのは国旗を掲げるための塔だという。かつて、韓国と北朝鮮は国旗掲揚塔の高さを競い、次々に新たな高い塔を作った。その結果、この北朝鮮の国旗掲揚塔は世界一の高さなのだそうだ。

人間の争いというものは、第三者から見れば実に馬鹿げて滑稽なものだ。

IMG_0589

国旗掲揚塔近くに建てられた住宅。このあたりに一般人はいない。ギジョン洞という地名だという。

IMG_0591

そしてこのビルが建つあたりが板門駅。その先が、今は完全に操業停止状態の開城工業団地出そうだ。

IMG_0598

この展望台にもちゃんと記念撮影スポットは用意されていて、土産物も売っている。

IMG_0599

再びバスに乗り、山を降りる。途中、無人の建物群とゲートが見えた。このゲートは、開城工業団地で働く労働者が北朝鮮領に入るために通過した場所で、周辺の建物もその関連施設だという。

金大中時代に開発に合意した開城工業団地は、朴槿恵政権下の2016年、南北の関係悪化により運用を停止した。

IMG_0600

そしてバスが止まったのが最後の訪問場所「都羅山駅」だ。

こちらの駅も金大中時代に建設された。金大中大統領は、ソウルと北朝鮮最北端の新義州を結ぶ京義線の復元工事を2000年に始め、2002年には韓国最北端の駅として営業を開始、当時のブッシュ米大統領が金大中大統領と一緒に式典に参加した。

IMG_0613

そして南北を鉄道でつなぐプロジェクトはその後も続き、2007年には、都羅山駅と北朝鮮側の板門駅を結ぶ定期貨物列車が運行したこともあった。

IMG_0601

ほとんど使われていない駅はまだ真新しい。

IMG_0606

改札口には「平壌方面」の文字が書かれ、金大中氏の統一への熱い思いを感じる。

IMG_0605

さらには、南北が鉄道でつながれば、シベリア鉄道と経てヨーロッパまでを結ぶ大鉄道網が出来上がる。それは「一帯一路」にも似た壮大な構想だったのだろう。

しかし韓国という国では、政権が変わればすべてが変わってしまう。金大中氏の夢は盧武鉉大統領の死によって頓挫することとなった。

文在寅大統領は久々に金大中氏の系譜に属する大統領である。南北の融和をベースにして核ミサイル問題も解決したいと考えている。

文氏の政権下で、この駅が再び活用される時代は来るのか?

IMG_0608

ツアーの最後に、この売店で「平和地帯−DMZ」という小冊子を買った。

長年人間が立ち入らなかったDMZは、今では希少生物が住む「生態系の宝庫」になっているという。

民族自決を正義としてきた戦後世界で、なぜ朝鮮半島の人たちは未だに分断されたままなのか? アメリカ、中国、ロシア、そして日本。周辺の強国が自国の安全保障を目的に朝鮮半島に干渉することをやめたら何が起きるのか?

ガイドさんたちの妙に能天気な解説を聞きながら、そんなことを考えた興味深いツアーだった。

コメントを残す