<ロシアW杯>②粘った!日本2×2セネガル

投稿日:

この週末、軽井沢で2日続けてのゴルフだった。

IMG_5912

土曜日は雨に祟られたが、日曜は素晴らしいお天気になった。

鮮やかな青空に複雑にかかる筋雲、そして吹き抜ける爽やかな高原の風。スコアも86、88と今年2回目のゴルフにしては上々の出来だった。

夕方帰宅した時にはもうクタクタ。夜12時から始まる日本戦まで起きているのは不可能と判断し、ビデオに録画して朝早くに見ることに決めた。

Embed from Getty Images

 

そして朝5時に起き出し、真っ先にビデオを再生。映し出されたのは、うなだれるゴールキーパー川嶋の姿だった。

ロシアW杯、日本の第2戦の相手は西アフリカのセネガル。初戦でFIFAランキング8位のポーランドを破り勢いに乗るセネガルは、試合開始直後から怒涛の猛攻を仕掛けてきた。

何度もピンチを懸命に凌いでいたのだが、前半11分、川嶋がパンチングしたボールが目の前のマネの膝にあたって跳ね返り、そのままゴールネットを揺らした。またも川嶋のミス。西野ジャパンのアキレス腱になっている。

日本にはなかなか世界で通用するゴールキーパーは育たないのか?

Embed from Getty Images

 

そんな重い空気を一変させたのが乾貴士だった。前半34分、2試合続けて先発出場した乾が放ったシュートは、2人のディフェンダーをかいくぐりセネガルゴール右隅に鮮やかに決まった。

身長わずか169cmの小さなミッドフィルダーは守備に攻撃に献身的な働きをし、日本の危機を救った。私好みの素晴らしい選手だ。

Embed from Getty Images

 

その後一進一退、どちらかといえば日本ペースで試合は進み、惜しいチャンスもあったのだが、追加点をとったのはセネガルだった。後半25分、左サイドからのクロスに最後はワゲが強烈に蹴り込んだ。

勢いを削がれた日本は、香川に替えて本田、原口に替えて岡崎を投入する。コロンビア戦では的中したこの選手交代。これがまたもや・・・

Embed from Getty Images

 

後半33分、乾からのパスに対して飛び込んだ岡崎がキーパーと共に倒れ、こぼれたボールを本田がフリーでゴールに押し込んだ。

本田はこれで3大会連続のゴール。W杯通算4得点はアジア選手としては最多記録だという。

Embed from Getty Images

 

本田はワールドカップと相性がいい。

「持っている男」本田が日本の危機を最後に救ったのだ。

Embed from Getty Images

 

ただ、乾や本田も頑張ったが、この試合で一番私の興味を引いたのは柴崎岳だった。

この大会で西野監督は柴崎をボランチとして起用している。ハリルホジッチ前監督は、もう少し前のポジションで柴崎を使うことが多く、香川と被っていた。しかし、彼をボランチに置くことで香川や本田も使え、日本の攻撃に幅が広がった。

Embed from Getty Images

 

日本のボランチを長年守ってきたキャプテン長谷部も今大会が最後のワールドカップとなるだろう。長谷部の次は柴崎というイメージが明確に出来上がった。

第3戦の相手ポーランドは、コロンビアに大敗し予選突破の可能性がなくなった。日本のメディアでは日本の予選突破に楽観的な見方も出ているが、やはり高さのあるチームに対して日本は何度も苦杯をなめてきた。

何とか引き分け以上に持ち込み、決勝トーナメントに進出してもらいたいものだ。

 

これで予選リーグは各チーム2試合づつが終わった。今大会は強豪チームの苦戦が目立つ。

ブラジルは所詮スイスと引き分け、2試合目のコスタリカ戦も後半ロスタイムまで無得点。ロスタイムで今大会初のゴールを決めたネイマールは試合終了後ピッチで泣いていた。ものすごいプレッシャーだったのだろう。

前回優勝のドイツも初戦のメキシコの負けた。次のスウェーデン戦も先制され、後半ロスタイム最後の1プレーで辛くも勝利を拾った。

Embed from Getty Images

 

もっとやばいのはメッシのアルゼンチン。

初戦初出場のアイスランド戦ではメッシがPKを外しまさかのドロー。そして次のクロアチアには0−3で完敗した。ナイジェリアに勝てなければ16年ぶりのグループリーグ敗退となる。

すでに決勝トーナメント進出を決めたのは、開催国ロシアとウルグアイ、フランス、クロアチア、イングランド、ベルギーの6チームのみ。まだまだ目が離せない。

今夜からのグループリーグ最終戦は、同時間に2試合づつ行われる。同時録画が可能なHDDレコーダーを買っておいてよかった。

毎日毎日録画した試合を見続ける日々はまだ続いていく。

 

1件のコメント 追加

コメントを残す