大路皮膚科

今日から7月。梅雨らしい空模様で、朝から小雨が降り続く。

そんな中、ちょっと汚いお話だ。

梅雨せいもあるかもしれないが、このところ股間が痒いのである。もう3週間ほどになるだろうか。ずっと痒いわけではなく、時々激しく痒くなる。

若い頃はそれこそ「インキンタムシ」、汗ばんだ股間はしょっちゅう痒くなったものだ。年をとると分泌物の量も減り、痒みを覚える回数も減った。時に痒みを覚えた時は、ベビーパウダーなどを塗って乾燥させておくといつの間にか痒みが消えていた。

ところが、今回はなかなか消えてくれないのだ。

仕方なく医者に行って薬を出してもらうことにした。吉祥寺の皮膚科は初めてだ。ネットで調べて、家から近い皮膚科の中から「大路皮膚科」を選んだ。その前をよく通るという以外、特に理由はない。

IMG_0234

雑貨屋さんや食べ物屋が並ぶ中道通りに面した雑居ビルの2階に大路皮膚科はある。この通りはよく歩くので、見るとはなしに目に入り、何となく記憶に残っている。

IMG_0233

通りに面した窓にデカデカと名前を書き込んでいるので、とにかく目立つ。土曜も10時から午後1時までやっている。

ビルの入り口を入ると、まったく装飾のないそっけないエレベーターホール。2階なので階段でも上がれるが、この階段もまたそっけない。

IMG_0231

エレベーターを降りるとそっけないドアがある。今時珍しいほどの愛想のなさである。

しかし、この無愛想なドアを開けると、患者がいっぱい待っていた。この皮膚科は予約を受けない。到着順で待たなければならない。

まあ、患者さんが多いということは悪い病院ではないのだろう。

初診なので保険証を出し、名前と電話番号を書いて、とにかく待つ。週末ということもあり、お年寄りは少なく子供から老人まで年齢層が広い。男性も多いが、強いて言えば若い女性が多い気がする。

私が到着した11時半ごろには20人ほどが待っていたが、12時過ぎには名前を呼ばれた。思ったよりは待たされなかった。

診察室に入ると穏やかそうな男性医師が座っていた。ネットで見ると65歳、東大医学部卒業の先生のようだ。

症状を伝え、患部を見て、大路先生はすぐに「菌はないから湿疹ですね」と診断を下し、「塗り薬を出しておきますから、朝昼晩塗って1週間で治ります。もし治らなければまた来てください」と言った。

説明が的確で信頼できる先生という印象を持った。皮膚科はここで決定だ。

支払いを済ませて帰る頃には、待合室の患者はさらに増えていて、座れない患者さんが数人立っている状態だった。

ホームページには「土曜日は混みますから、平日来院できる方は土曜日を避けた方が無難です」と書いてあった。

IMG_0235

大路皮膚科の3軒隣にある「稲垣薬局」で塗り薬をもらう。

この稲垣薬局、武蔵野市だけで14店舗、東京・神奈川・埼玉に40店舗を展開する薬局チェーンだ。本店は吉祥寺のサンロードにある。吉祥寺の薬局はほぼ稲垣薬局に握られているといった印象だ。

IMG_0238

「スピラゾンクリーム」2本が処方された。

もっと早く行けばよかった。

コメントを残す