<吉祥寺残日録>2月11日=「建国記念の日」は、こうして決められた #210211

今日2月11日は「建国記念日」。

と、私は長年なにげに称してきたが、本当は「建国記念の日」という呼び名が正しいらしい。

他の祝日は法律で決められているが、「建国記念の日」だけは政令によって決められているという、ちょっといわく付きの祝日なのだ。

学校や会社が休みになるなら何でもいいとこれまで深く考えずに過ごしてきたものの、会社を辞めて初めて迎える2月11日ということで、今日は「建国記念の日」について調べてみたい。

そんなことを思ったのも、図書館で借りてきた一冊の本がきっかけだった。

熊倉浩靖著『「日本」誕生〜東国から見る建国のかたち』

日本の古代史に興味があって借りてきた本なのだが、その冒頭「はじめに」の部分につけられたタイトルが『危うい「祝日」がひもとく史実』とあり、「建国記念の日」の由来について書かれていたのだ。

「建国記念の日」という祝日があります。政令で2月11日と定められています。

「建国記念日」ではなく、「建国記念の日」とされ、他の祝日がすべて「国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年法律178号)」で日にちが定められているのに対し、まことに危うい「祝日」です。

危うい「祝日」であることは、制定の経緯からもみてとれます。

おおむね、こんな経緯です。

① 天皇を元首とする国家をめざした明治政府は、明治5(1872)年から6年にかけて、「始馭天下之天皇(はつくにしらすすめらみこと)=最初の天皇」とされた神日本磐余彦火々出見天皇(かみやまといはれびこほほでみのすめらみこと)=神武天皇が橿原宮に「即帝位(あまつひつぎしろしめし)」た「辛酉(かのととり)年春正月庚辰朔(かのえたつのついたち)」を「紀元(建国の日)」とし(『日本書紀』巻第三)、新暦(現行の太陽暦=グレゴリオ暦)に換算した紀元前660年2月11日を紀元節(=建国の日)と定めた。

② 敗戦後、紀元節は、天皇制軍国主義の象徴の一つとしてGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)の意向で廃された(昭和23年)。

③ 戦後復興を成した以上、日本国家に建国の日が欲しいという心情(信条?)から、昭和41(1966)年建国記念日審議会の推薦を経て、戦前の「紀元節」と同じ2月11日を政令で「建国記念の日」とした。世論調査などから国民がいちばん馴染んでいるというのが日にち選定の理由。

「紀元節」復活・天皇制軍国主義への回帰という批判が広範に湧き起こりましたが、建国記念日を求めた人々の間でも紀元前660年に日本列島に国家が成立していたと考える人は少数でした。そのことが、「建国記念の日」という祝日名と、日にちを法律で定められないという事態をもたらしました。

引用:熊倉浩靖著『「日本」誕生〜東国から見る建国のかたち』

簡単にまとめると、明治政府が「日本書紀」の記述をもとに紀元前660年というありえない時期を「建国の日=紀元節」と定めていたが、敗戦後GHQの指示でいったんやめた。

しかし戦後20年が経つと復活を望む人が出てきて、紀元節と同じ日を「建国記念日」にしようとしたものの反対世論が強く、最終的には「の」の文字を入れ、法律ではなく政令によって2月11日を「建国記念の日」に定めるという妥協案が成立したということのようだ。

まだ日本社会党が強かった時代のこと、いかにもありそうな妥協の産物だったということがわかる。

ではそもそも、戦前の紀元節はなぜ2月11日だったのか?

熊倉さんの説明を再度引用する。

さらに興味深いのは、明治政府が紀元節を新暦換算で2月11日と決めるにも紆余曲折があり、さかのぼって、『日本書紀』が神武天皇即位の日を「辛酉年春正月庚辰朔」と決めた背景に、「日本」国家成立の史実が見え隠れしていることです。

明治政府の換算事情から見ていきましょう。

明治政府は、当初「辛酉年春正月庚辰朔」を紀元前660年1月29日に換算しました。当時の政府命令を太政官布告と言いますが、明治5年の旧暦11月15日に国家の「紀元」を定める二つの太政官布告が出されています。第342号と344号です。

第三四二号

今般太陽暦御頒行 神武天皇御即位ヲ以テ紀元ト被定候ニ付其旨ヲ被為告候為メ来ル廿五日御祭典被執行候事(以下略)

第三四四号

第一月廿九日 神武天皇御即位相当ニ付祝日ト被定例年御祭典被執行候事

そして実際、新暦に切り替えられた明治6(1873)年1月29日に、神武天皇即位日を祝って全国各地で神武天皇御陵遥拝式が行われました。3月7日には、明治6年太政官布告第91号で「神武天皇御即位日紀元節ト被称候事」と命じています。

ところが、です。ここで定めた1月29日は、それまでの旧暦正月を換算し直しただけだったため、紀元節は旧正月の祝いだという「理解」が国民の間に広まり始めました。そこで明治政府は、『日本書紀』が神武天皇即位と記したときの暦を新暦で換算し直す作業に着手します。そして明治6年10月14日太政官布告第344号(奇しくも1年前と法律番号が一致)で、神武天皇即位日「紀元節2月11日」を定め直しました。先帝・孝明天皇の新暦換算の命日が1月30日と近接していたことも、背景としてあったようです。

2月11日と紀元前660年紀元が独り歩きを始めます。そして昭和15(1940)年「紀元二千六百年式典」が開かれるに至りました。しかし、式典日は2月11日ではありませんでした。11月10日でした。

2月11日の決定が、戦後だけでなく、明治政府決定段階でも紆余曲折があり、これまた危うい「祝日」だったことは興味深いところです。

引用:熊倉浩靖著『「日本」誕生〜東国から見る建国のかたち』

ちょっとごちゃごちゃしてわかりにくいが、まず紀元節が定められたタイミングを理解しておく必要がある。

欧米化を進める明治政府が、従来の旧暦(太陰太陽暦)をやめて西洋の新暦(太陽暦=グレゴリオ暦)を導入するタイミングで紀元節は定められた。

旧暦の明治5年12月2日の翌日を、新暦の明治6年1月1日とすることが発表され、その6日後に神武天皇の即位日を日本の紀元とすることが布告されたわけだ。

この新暦導入に合わせて、明治政府が推し進める天皇国家建設に向けて、日本という「天皇の国」が成立した日を無理やり決めてしまおうという国家プロジェクトである。

当初案の1月29日というのは、旧暦の正月を太陽暦に当てはめて導かれたものだが、これが「旧正月」の祝いと国民に誤解されたうえ、明治天皇の父である孝明天皇の命日にも近かったため不都合とされ、再検討が命じられた。

その結果なぜ2月11日になったかの理由は明らかにされていないようだが、担当した暦学者の塚本明毅が「春正月」を立春と解釈し、立春に一番近い「庚辰(かのえたつ)」の日として2月11日が選ばれたようだ。

天文学的にも、紀元前660年2月11日は「朔(さく)」、すなわち新月の日だったとされている。

でも、なぜ神武天皇の即位は紀元前660年とされたのか?

紀元前660年といえば弥生時代前期、中国でも周が分裂して「春秋時代」の混乱期で、孔子が現れる100年も前のことだ。

最近ヤマト王権の都として注目されている奈良の纏向遺跡でさえ3世紀初めに突然出現していることを考えても、紀元前7世紀に日本列島に国家が成立していたとは考えられない。

「元年を西暦紀元前660年とする根拠」について、ウィキペディアではこんな説明が書かれていた。

『日本書紀』神武天皇元年正月朔の条に次のような記述がある。

「辛酉年春正月庚辰朔 天皇即帝位於橿原宮是歳爲天皇元年」

(読み下し文:辛酉年かのととり春正月はるむつき庚辰かのえたつついたち天皇すめらみこと橿原宮かしはらのみやに於いて即帝位あまつひつぎしろしめす。是歳ことし天皇元年すめらみことはじめのとしと爲す)

ここでの「辛酉年」は西暦紀元前660年にあたる。その理由は以下のとおりである。

『日本書紀』の紀年法は、元号を用いる以前はその時の天皇の即位からの年数で表している。また、天皇の崩御の年の記載もあり、さらに歴代天皇の元年を干支で表している。『日本書紀』のこれらの記述から歴代天皇の即位年を遡って順次割り出してゆけば、神武天皇即位の年を同定できる。これを行って神武天皇の即位年を算定すると、西暦紀元前660年となる。

外国の歴史書では、『宋史』日本国伝(『宋史』卷491 列傳第250 外國7日本國)に「彦瀲第四子號神武天皇 自築紫宮入居大和州橿原宮 即位元年甲寅 當周僖王時也」とあり、ここでは神武天皇の即位年は周の僖王きおうの時代の甲寅(紀元前667年)としている。一方、三善清行は革命勘文において神武天皇即位を辛酉の年とし、これは僖王3年に当たると述べている。

出典:ウィキペディア

しかし、「日本書紀」の記述はどう考えても疑わしい。

初代・神武天皇の在任期間は76年、5代の孝昭天皇は83年、6代孝安天皇に至っては102年も天皇の座にあったことになる。さらにその後も7代孝霊天皇が76年、11代垂仁天皇は99年、16代仁徳天皇は87年と、のちの天皇に比べて初期の歴代天皇は異常に在任期間が長いのだ。

これは神話であって歴史ではない。

このあり得そうもない「日本書紀」の記述を事実として足し上げた結果が紀元前660年なのである。

「初期の天皇の絶対年代と寿命」の問題について、ウィキペディアには次のような解釈が記されていた。

現代ではこのような『日本書紀』の年代設定は架空のもので、推古朝の頃に中国の讖緯説(陰陽五行説にもとづく予言・占い)に基づいて、神武天皇の即位を紀元前660年に当たる辛酉(かのととり、しんゆう)の年に設定したと考えられている。神武天皇の即位年が讖緯説によって設定された作為によるものであるという見解は早くも江戸時代に伴信友などによって指摘され、明治時代に那珂通世によって現代の通説が打ち立てられた。

讖緯説は干支が一周する60年を一元、二十一元(1260年)を一蔀として特別な意味を持たせるもので、後漢代の学者鄭玄が『易緯』の注の中で述べているものである。那珂通世の結論は、推古天皇9年(601年)、辛酉の年を起点として、一蔀遡った前660年、辛酉の年が神武天皇元年として設定されたというものである。

出典:ウィキペディア

「辛酉年春正月庚辰朔」という神武天皇の即位日が「日本書紀」に記されたのは、「日本書紀」を編纂した当事者に何らかの思惑があったからだろうが、これを利用して「紀元節」という日本建国の日と定めたのは明治政府の思惑が働いた。

無理やり武士の世を終わらせて、日本を欧米列強に負けない列強にするために、明治政府は天皇という存在を徹底的に利用して強力な中央集権国家を作り上げた。

コロナ対策すら満足にできない現代の日本人から見れば、凄まじいばかりの剛腕ぶりであり、帝国主義全盛の時代に日本が国家の独立を守り抜いたことは奇跡だとも思えるが、そうした明治政府が作り上げた虚構が一人歩きして昭和の軍閥に利用され、いつしか天皇が現人神に祭り上げられ、日本国民は全員「天皇陛下のために命を捧げることを求められた」事実は決して忘れてはならない。

そして戦後、日本国民の間に戦争はもう懲り懲りだという空気が広がっていた時代に、「建国記念の日」の復活を求めた人たちの狙いは何だったのか、そんなことを考えながら今日2月11日を過ごしたいと思う。

コメントを残す