<吉祥寺残日録>トイレの歳時記🌾七十二候「綿柎開(わたのはなしべひらく)」、残暑の中に感じる秋の気配 #210823

今日から暦は二十四節気の「処暑」。

「残暑がしばらくとどまるが、朝夕は秋の気配が漂う」季節となった。

東京は連日30度を超える日が続くが、日差しが少ないこともあり、今年の夏は涼しく感じる。

そして「処暑」の初候となるのが「綿柎開(わたのはなしべひらく)」。

文字通り、「綿の実を包む顎(がく)が開き、綿を吹き始める頃」という意味だそうだ。

Embed from Getty Images

私は綿の実が開くところを見たことがないので、この言葉によって季節を感じることはないが、野生の綿花を見つけてこの植物から繊維を取り衣服を作った最初の人はすごいと思う。

綿についてこれまで関心を持ったことがなかったが、一番最初に木綿の栽培を始めたのはメキシコやインドあたりらしい。

Foods and Nutrition Encyclopedia によれば、現在までに見つかっている木綿栽培の最古の証拠はメキシコにあり、約8000年前に遡る。その種類はアメリカ栽培綿 Gossypium hirsutum で、現在世界で栽培されている木綿の89.9%がこの種である。野生の木綿の種はメキシコで最も多様であり、それにオーストラリアとアフリカが次いでいる。

旧世界で最も古い木綿栽培の痕跡は約7000年前(紀元前5千年紀から紀元前4千年紀)のもので、インド亜大陸の北西の広大な領域(現在のバングラデシュと北西インドの一部)で発達したインダス文明の住民によるものである。インダス川流域の木綿産業はかなり発展し、そこで生まれた紡績や機織りの技法はインドで比較的最近まで使われ続けていた。西暦が始まる以前に木綿の布はインドから地中海、さらにその先へと広まっていた。

ギリシャ人はアレクサンドロス3世のころまで木綿を知らず、ほぼ同時代のメガステネスが『インド誌』の中でセレウコス1世に「(インドには)羊毛が生える木がある」と教えている。

出典:ウィキペディア

『羊毛が生える木』という表現はなかなか面白い。

これほど一部地域で使われていた綿がヨーロッパに広まったのは大航海時代以降、日本には中国や朝鮮からの輸入品として入ってはいたが、国内で本格的に普及したのは江戸時代に入ってからのことだ。

明治政府が綿布の生産に力を入れたことで、1930年代には日本が綿布の輸入量で世界一となり、戦争で落ち込んだものの戦後も一時期、世界一の座を取り戻した。

しかしその後は外国製の安い綿製品に押されて日本の繊維産業は衰退、合成繊維の登場でほぼ壊滅したという。

今では、綿布の国内自給率は0%である。

井の頭公園では、綿の実を見ることはできない。

ただこの季節に公園内を散策すると、様々な植物が実をつけ始めていることに気づく。

「ツバキ」の実。

「カキ」の実。

「エノキ」の実。

こちらはちょっと大きな「トチノキ」の実。

すでにたくさん地上に落下していた。

子供たちが集めたのだろうか?

第二公園では木の切り株の上にたくさんの松ぼっくりが並べられていた。

今日から「処暑」。

秋はもうすぐそこまでやって来ている。

秋の気配は、この人にも・・・。

菅総理のお膝元で行われた横浜市の市長選挙。

大臣を辞めて出馬した小此木八郎氏が、菅総理の応援にもかかわらず立憲民主党の山中竹春氏に大差で敗れたのだ。

菅さんも力を入れて来た横浜へのIR誘致が市民からの強い反発を反発を呼んだことに加え、コロナ対策など菅政権に対する不満がまさかの大敗につながった。

来月に迫った自民党総裁選を前に、菅さんの求心力の低下は避けられず、今後自民党内で「菅おろし」の動きが広がるかどうか予断を許さない状況となって来た。

個人的には、他に総理になってほしい政治家がいるわけでのないので菅続投を期待しているが、高市とか下村とか私が最も嫌う政治家たちが名乗りをあげ、その背後にいる安倍さんの復活も警戒しなければいけない。

見栄えのいい政治家ほど危ない。

菅さんのような実務型で一般受けしない政治家を総理にしておいた方が安全だと私は思っているが、やはり一般大衆は見栄えや耳障りのいい政治家を求めてしまう。

日本や世界に秋風が吹かないことを祈るしかない。

<吉祥寺残日録>トイレの歳時記🌻七十二候「蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)」に日本の伝統産業「養蚕」を学ぶ #210521

【トイレの歳時記2021】

  1. 七十二候の「芹乃栄(せりすなわちさかう)」に中国と香港について考える #210106
  2. 七十二候「水泉動(すいせんうごく)」に考えるステイホームの過ごし方 #210110
  3. 七十二候の「雉始雊(きじはじめてなく)」にキジを見に井の頭自然文化園に行ってみた #210115
  4. 七十二候「款冬華(ふきのはなさく)」に「大寒」の井の頭公園を歩く #210120
  5. 七十二候「水沢腹堅(さわみずこおりつめる)」と初場所・初縁日 #210125
  6. 七十二候「鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)」に紀ノ国屋で二番目に高い卵を買う #210130
  7. 七十二候「東風解凍(はるかぜこおりをとく)」に立春をさがす #210203
  8. 七十二候「黄鶯睍睆(うぐいすなく)」に考える「野生のインコ」と「生物季節観測」のお話 #210208
  9. 七十二候「魚上氷(うおこおりをいずる)」、日本にもワクチンが届いた #210213
  10. 七十二候「土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)」、ワクチン接種も始まった #210218
  11. 七十二候「霞始靆(かすみはじめてたなびく)」、霞と霧と靄の違いを調べる #210223
  12. 七十二候「草木萌動(そうもくめばえいずる)」に草木の『萌え』を探す #210228
  13. 七十二候「蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)」に早咲きの桜を愛でる #210305
  14. 七十二候「桃始笑(ももはじめてさく)」、梅と桜と桃の見分け方 #210310
  15. 七十二候「菜虫化蝶(なむしちょうとなる)」、公園の花見会場は封鎖されていた #210315
  16. 七十二候「雀始巣(すずめはじめてすくう)」、やっぱり「春はセンバツから!」 #210320
  17. 七十二候「桜始開(さくらはじめてひらく)」に見回る2021年お花見事情 #210325
  18. 七十二候「雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)」、雨上がりの井の頭公園は極楽のようだった #210330
  19. 七十二候「玄鳥至(つばめきたる)」、伯母の家にもツバメと医者がやってきた #210404
  20. 七十二候「鴻雁北(こうがんきたへかえる)」、井の頭公園から渡り鳥が消えた #210409
  21. 七十二候「虹始見(にじはじめてあらわる)」に知る鴨長明の「ひとりを愉しむ極意」 #210414
  22. 七十二候「葭始生(あしはじめてしょうず)」、水草は生き物たちのパラダイス #210420
  23. 七十二候「霜止出苗(しもやんでなえいづる)」、岡山の伯母に「要支援1」が出た #210426
  24. 七十二候「牡丹華(ぼたんはなさく)」に「ツツジ」と「サツキ」と永井荷風を知る #210430
  25. 七十二候「蛙始鳴(かわずはじめてなく)」、カエルは鳴かずとも夏は来る #210505
  26. 七十二候「蚯蚓出(みみずいづる)」、三男の結婚式の行方 #210510
  27. 七十二候「竹笋生(たけのこしょうず)」、緊急事態宣言が出た岡山の竹藪を想う #210515
  28. 七十二候「蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)」に日本の伝統産業「養蚕」を学ぶ #210521
  29. 七十二候「紅花栄(べにばなさかう)」に観察するアジサイの花とスッポンの子ども #210526
  30. 七十二候「麦秋至(むぎのときいたる)」、カワウやカイツブリの子育てもそろそろ終盤 #210531
  31. 七十二候「螳螂生(かまきりしょうず)」に考える「共食い」という現象 #210605
  32. 七十二候「腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる)」に三鷹「ほたるの里」で蛍狩り #210610
  33. 七十二候「梅子黄(うめのみきばむ)」、梅雨入りに梅ジャムを食す #210615
  34. 七十二候「乃東枯(なつかれくさかるる)」、夏至に家族写真を飾る #210621
  35. 七十二候「菖蒲華(あやめはなさく)」、アヤメとショウブとカキツバタ #210627
  36. 七十二候「半夏生(はんげしょうず)」、妻のワクチン予約をする #210702
  37. 七十二候「温風至(あつかぜいたる)」、東京五輪の”無観客”が決定 #210709
  38. 七十二候「蓮始開(はすはじめてひらく)」、伯母を病院に連れて行く #210712
  39. 七十二候「鷹乃学習(たかすなわちわざをなす)」、自殺した林真須美死刑囚の娘 #210717
  40. 七十二候「桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)」、感染拡大の中でオリンピックが始まった #210722
  41. 七十二候「土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)」、台風とともにコロナ感染者も過去最高2848人に #210728
  42. 七十二候「大雨時行(たいうときどきにふる)」、コロナと五輪の中で迎えた39回目の結婚記念日 #210801
  43. 七十二候「涼風至(すづかぜいたる)」、期待の“リレー侍”バトンミスの衝撃 #210807
  44. 七十二候「寒蝉鳴(ひぐらしなく)」、井の頭公園にもヒグラシが鳴く #210812
  45. 七十二候「蒙霧升降(ふかききりまとう)」に認知症の伯母が入院した #210817
  46. 七十二候「綿柎開(わたのはなしべひらく)」、残暑の中に感じる秋の気配 #210823

2件のコメント 追加

コメントを残す