<吉祥寺残日録>トイレの歳時記🌾七十二候「蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)」、ウイルスはどこに隠れたのか? #210928

「片上のおばちゃん」の葬儀を終え、母の様子もさほど心配ないと判断したため、昨日吉祥寺に帰ってきた。

秋分も過ぎ、公園の緑にも徐々に秋色が濃くなっていく。

今日から秋分の次侯「蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)」になるという。

「寒さを恐れ、虫が地中に姿を隠す頃」という意味だそうで、「啓蟄」の逆ということだろう。

そう言われてみると、ベランダに出ても一時ほど虫の鳴き声がうるさくない気がする。

岡山ではこの季節、ものすごい数の虫たちが身の回りに蠢いていた。

大きなバッタやカマキリもいるが、一番厄介なのは食物連鎖の下の方に位置するであろう極小の羽虫たちで、車のドアを開けるたびに大量の虫が車中に飛び込んでくるのには閉口した。

それでも鈍感な私はなんとか適応できそうだが、虫が嫌いな都会人にはリアルな田舎は結構きつい。

その点、井の頭公園では、見かけるのは主にトンボや蝶であり、虫が苦手な女性たちにも安心して散策が楽しめる。

夜になるといろんな虫が一斉に鳴き始めるのだが、私にはまだどの音色がどの虫によるものなのかを聞き分けることが難しい。

先日、NHKの「ダーウィンが来た」で虫の鳴き声特集をやっていたので録画したのだが、バタバタして再生する時間がないまま秋が過ぎていくのはちょっと残念である。

いずれにしても、こうした虫たちの営みが短い命を燃やして子孫を残そうと必死で努力している証だと知れば、寒さと共に姿を消す虫たちにもシンパシーのようなものを感じたりもする。

さて、暑さが収まるに連れて勢いが衰えているといえば、新型コロナウィルスもそうだ。

8月下旬をピークに新規感染者数は減少を続けていて、昨日はついに東京都の新規感染者数が154人にまで減少した。

およそ半年ぶりの低い水準だという。

それにしてもなぜ、これほどスムーズに減少しているのかは専門家にもよくわからないようである。

9月に入って東京の人流は減るどころか明らかに増加していて、夜間営業している居酒屋も確実に増えている。

誰も言わないが、私は密かに気温との関連を疑っているのだ。

第5波の主役となったのはインド由来のデルタ株である。

このウイルスがインドで最初に猛威を振るったのは、インドで最も暑い5月ごろだった。

その後デルタ株は東南アジアなど暑い地域で大流行して日本にやってきた。

そして日本での医療崩壊を引き起こし過去最悪の第5波となったのは、7〜8月という真夏の時期であった。

当初コロナウイルスは暑さに弱く夏場には流行らないと専門家は指摘していたが、デルタ株はどうみてもこのパターンには当てはまらないようである。

こうした全国的な減少傾向を受けて、政府は今月末で期限を迎える緊急事態宣言とまん延防止措置を全面解除することを決めた。

すべての宣言が解除されるのは半年ぶりのことである。

総裁の任期がもう少しあれば、菅総理も退陣に追い込まれることなく苦境を乗り切れたかも知れないと同情するが、これも巡り合わせである。

「蟄虫坏戸」。

虫が人知れず姿を隠すように、ウイルスも人間の思惑とは関係なく姿を隠しただけかもしれない。

所詮、人間の持つ科学など大したことはないのだ。

この先いつまたウイルスが姿を現すのか、その時どんな変異を遂げているのか・・・専門家でも予測はできないのである。

自然に逆らわず、粛々とこれまでと変わらぬ行動を心がけるしかない。

<吉祥寺残日録>頑張れテレビ! Nスペ「謎の感染拡大〜新型ウイルスの起源を追う〜」に見るデジタル時代の調査報道の可能性 #201228

【トイレの歳時記2021】

  1. 七十二候の「芹乃栄(せりすなわちさかう)」に中国と香港について考える #210106
  2. 七十二候「水泉動(すいせんうごく)」に考えるステイホームの過ごし方 #210110
  3. 七十二候の「雉始雊(きじはじめてなく)」にキジを見に井の頭自然文化園に行ってみた #210115
  4. 七十二候「款冬華(ふきのはなさく)」に「大寒」の井の頭公園を歩く #210120
  5. 七十二候「水沢腹堅(さわみずこおりつめる)」と初場所・初縁日 #210125
  6. 七十二候「鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)」に紀ノ国屋で二番目に高い卵を買う #210130
  7. 七十二候「東風解凍(はるかぜこおりをとく)」に立春をさがす #210203
  8. 七十二候「黄鶯睍睆(うぐいすなく)」に考える「野生のインコ」と「生物季節観測」のお話 #210208
  9. 七十二候「魚上氷(うおこおりをいずる)」、日本にもワクチンが届いた #210213
  10. 七十二候「土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)」、ワクチン接種も始まった #210218
  11. 七十二候「霞始靆(かすみはじめてたなびく)」、霞と霧と靄の違いを調べる #210223
  12. 七十二候「草木萌動(そうもくめばえいずる)」に草木の『萌え』を探す #210228
  13. 七十二候「蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)」に早咲きの桜を愛でる #210305
  14. 七十二候「桃始笑(ももはじめてさく)」、梅と桜と桃の見分け方 #210310
  15. 七十二候「菜虫化蝶(なむしちょうとなる)」、公園の花見会場は封鎖されていた #210315
  16. 七十二候「雀始巣(すずめはじめてすくう)」、やっぱり「春はセンバツから!」 #210320
  17. 七十二候「桜始開(さくらはじめてひらく)」に見回る2021年お花見事情 #210325
  18. 七十二候「雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)」、雨上がりの井の頭公園は極楽のようだった #210330
  19. 七十二候「玄鳥至(つばめきたる)」、伯母の家にもツバメと医者がやってきた #210404
  20. 七十二候「鴻雁北(こうがんきたへかえる)」、井の頭公園から渡り鳥が消えた #210409
  21. 七十二候「虹始見(にじはじめてあらわる)」に知る鴨長明の「ひとりを愉しむ極意」 #210414
  22. 七十二候「葭始生(あしはじめてしょうず)」、水草は生き物たちのパラダイス #210420
  23. 七十二候「霜止出苗(しもやんでなえいづる)」、岡山の伯母に「要支援1」が出た #210426
  24. 七十二候「牡丹華(ぼたんはなさく)」に「ツツジ」と「サツキ」と永井荷風を知る #210430
  25. 七十二候「蛙始鳴(かわずはじめてなく)」、カエルは鳴かずとも夏は来る #210505
  26. 七十二候「蚯蚓出(みみずいづる)」、三男の結婚式の行方 #210510
  27. 七十二候「竹笋生(たけのこしょうず)」、緊急事態宣言が出た岡山の竹藪を想う #210515
  28. 七十二候「蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)」に日本の伝統産業「養蚕」を学ぶ #210521
  29. 七十二候「紅花栄(べにばなさかう)」に観察するアジサイの花とスッポンの子ども #210526
  30. 七十二候「麦秋至(むぎのときいたる)」、カワウやカイツブリの子育てもそろそろ終盤 #210531
  31. 七十二候「螳螂生(かまきりしょうず)」に考える「共食い」という現象 #210605
  32. 七十二候「腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる)」に三鷹「ほたるの里」で蛍狩り #210610
  33. 七十二候「梅子黄(うめのみきばむ)」、梅雨入りに梅ジャムを食す #210615
  34. 七十二候「乃東枯(なつかれくさかるる)」、夏至に家族写真を飾る #210621
  35. 七十二候「菖蒲華(あやめはなさく)」、アヤメとショウブとカキツバタ #210627
  36. 七十二候「半夏生(はんげしょうず)」、妻のワクチン予約をする #210702
  37. 七十二候「温風至(あつかぜいたる)」、東京五輪の”無観客”が決定 #210709
  38. 七十二候「蓮始開(はすはじめてひらく)」、伯母を病院に連れて行く #210712
  39. 七十二候「鷹乃学習(たかすなわちわざをなす)」、自殺した林真須美死刑囚の娘 #210717
  40. 七十二候「桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)」、感染拡大の中でオリンピックが始まった #210722
  41. 七十二候「土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)」、台風とともにコロナ感染者も過去最高2848人に #210728
  42. 七十二候「大雨時行(たいうときどきにふる)」、コロナと五輪の中で迎えた39回目の結婚記念日 #210801
  43. 七十二候「涼風至(すづかぜいたる)」、期待の“リレー侍”バトンミスの衝撃 #210807
  44. 七十二候「寒蝉鳴(ひぐらしなく)」、井の頭公園にもヒグラシが鳴く #210812
  45. 七十二候「蒙霧升降(ふかききりまとう)」に認知症の伯母が入院した #210817
  46. 七十二候「綿柎開(わたのはなしべひらく)」、残暑の中に感じる秋の気配 #210823
  47. 七十二候「天地始粛(てんちはじめてさむし)」、アフガンの混乱とニクソン・ショックから50年 #210828
  48. 七十二候「禾乃登(こくものすなわちみのる)」、霊園の当選通知が届いた日に妻がワクチンを射つ #210902
  49. 七十二候「草露白(くさのつゆしろし)」、7日連続の25度未満は113年ぶりの低温記録 #210907
  50. 七十二候「鶺鴒鳴(せきれいなく)」に鳥たちの空中戦を見る #210912
  51. 七十二候「玄鳥去(つばめさる)」に考える男の「老い」 #210917
  52. 七十二候「雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)」に妻が2度目のワクチン接種を終える #210923
  53. 七十二候「蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)」、ウイルスはどこに隠れたのか? #210928

1件のコメント 追加

コメントを残す