朴槿恵罷免

韓国の朴槿恵大統領の罷免が決まった。憲法裁判所の裁判官8人全員一致の決定だった。

Embed from Getty Images

韓国の大統領が罷免されるのは初めてで、事情聴取に応じてこなかった朴槿恵氏への捜査が本格的に始まると見られている。彼女も過去の大統領同様、権力を失った瞬間から厳しい人生が待ち受けている。

Embed from Getty Images

朝鮮日報の日本語版ホームページに『「朴槿恵時代」とは何だったのか』という記事が掲載されていた。朴大統領を間近で取材してきた韓国人記者が何を感じたかを知るために転載させていただく。

『 記者は今回の問題が政治的に解決されることを願っていた。朴槿恵(パク・クンヘ)前大統領がいる大統領府を3年2カ月にわたり担当してきた記者として、彼女が罷免されるのは見たくなかった。しかし弾劾訴追案の国会での可決から憲法裁判所の宣告が下されるまではまさに一直線だった。38年前に父の葬儀を終えた直後、ソウル市中区新堂洞の自宅に戻った当時の朴前大統領は幼い弟と妹を連れていたが、今回、江南区三成洞の自宅に帰る時には誰が付き添ってくれるだろうか。

その後、朴前大統領は故・朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領の長女という政治的遺産に「原則と信頼」というイメージをプラスし、保守を代表する政治家に成長した。初の女性大統領として当選した時は、1987年に大統領直接選挙が行われるようになってからはじめて得票率が50%を上回った。もちろん政治家「朴槿恵」が1日やそこらで生まれたわけではない。1998年に政界に進出してからも数々の試練に直面し、つらい思いも経験しただろうが、後に自らの努力で大統領にまで上り詰めた。しかし今やその実績はほぼ崩壊してしまった。

朴槿恵政権は「経済の復興」「国民の光復」「文化隆盛」「平和統一基盤の造成」という4つのスローガンを掲げて発足した。しかし1年目から人事の失敗、国家情報院が大統領選挙に介入したことによる正当性の疑問視といった問題に苦しめられた。2年目は経済革新3カ年計画に加え労働、金融、公共事業、教育の各分野における4大改革に取り組んだが、旅客船「セウォル号」沈没事件と秘線(陰の実力者の意)に関する文書流出問題でつまづいた。野党は何らかの見返りがなければ法案の採決にも応じなくなった。そのため朴前大統領は政策をスムーズに実行できなくなり、これを繰り返し野党にせいにするようになった。

朴前大統領は昨年9月、中国の習近平・国家主席と会談した際「(私の)小さな肩に5000万人の国民の命と安全を守る大きな使命がある」と述べた。米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備に反対する習主席に対し、THAAD配備が避けられない選択であることを直接説明した。その数カ月前には北朝鮮・朝鮮労働党の金正恩(キム・ジョンウン)委員長が4回目の核実験を強行したことを受け、開城工業団地を閉鎖する措置をとった。たしかに朴前大統領の肩は小さく弱々しく見える。握手すると力強さは全く感じられない。しかし極左政党・統合進歩党の解散、全国教職員労働組合(全教組)に対する「法外組合」指定、韓日慰安婦合意、歴史教科書、自らに同調しない非朴派議員への仕打ちなど、時に激しい反発を受け、大きく問題視されたような決定も力で押し通した。何かにおびえていたのだろうか。周りで支えるスタッフたちは、自分の考えはあっても最初からあきらめていた。そのため多くのスタッフが早くから大統領府を去った。

「崔順実(チェ・スンシル)被告さえいなければ」という悔いが残る。記者も崔被告が大統領府に出入りしているという話はかなり以前から聞いていた。いわゆる「3人衆」に何度も問いただしたが、彼らは「警備員がいるから」などと言っては崔被告の出入りを認めなかった。記者は「もし事実なら切るべきだ」と何度も忠告したが、朴前大統領にその考えはなかった。崔被告とその家族との40年以上にわたる関係は、最終的に朴前大統領にとって桎梏(しっこく)となってしまった。後に歴史家は「朴槿恵時代」をどう評価し記録するだろうか。

崔宰赫(チェ・ジェヒョク)論説委員 』

Embed from Getty Images

韓国では、5月9日までに大統領選挙が行われる。日本には批判的な野党候補が最有力で、日韓関係はなかなか改善の道が見えてこない。

いずれにせよ、韓国の人たちが自信を取り戻し、社会が再び安定することを期待したい。

コメントを残す