NEM騒動その後

投稿日:

総額580億円相当の仮想通貨NEMが流出した「コインチェック事件」。

やはり犯人は捕まることなく、逃げ切りそうな展開になってきた。

NEM財団がついに盗まれた仮想通貨の追跡をやめたと発表したのだ。相変わらず私には理解不能な分野なので、日経新聞の記事を引用させていただく。

 

『 仮想通貨交換会社コインチェックから約580億円分のNEM(ネム)が流出した事件で、NEMの普及を図る国際団体「NEM財団」は20日、NEMの追跡を停止したと発表した。流出NEMはすでに350億円程度が他の仮想通貨に交換されており、これ以上の追跡効果は薄いと判断したとみられる。

財団は流出が発覚した1月26日以降、特定のNEMに「モザイク」と呼ばれる目印をつける機能を使って流出NEMの追跡を続けていたが、3月18日にモザイクを外したという。財団は「法執行機関に実用的な情報を提供できた」とするが、追跡停止の詳しい理由は明らかにしていない。

財団は流出NEMの入金があった場合、取引に応じないよう世界各国の交換会社に協力を要請。しかし、犯人側が匿名性の高い「ダーク(闇)ウェブ」のサイトを介しビットコインなど他の仮想通貨を交換したり、モザイクを外す手口が開発されたりしている。情報セキュリティー会社エルプラスの杉浦隆幸社長によると、流出NEMの6割超が既に他の仮想通貨に交換されたという。

ただ、モザイクにより流出NEMを保管する口座が分かっても、取り戻すことは極めて難しい。その口座の持ち主が誰なのか分からないためだ。海外では口座の開設に本人確認が要らない交換会社も多いという。

今では事件とは無関係な多くの口座に流出NEMが分散している。「モザイクがついたNEMを持っていると犯人に間違われるといった不都合も目立ってきた」(ブロックチェーン大学校のジョナサン・アンダーウッド代表)。このため財団はこれ以上の追跡を断念したとみられる。

事件の捜査にあたる警視庁は約100人体制で流出の経緯などを調べている。流出に関与した人物がコインチェックの社内システムにアクセスしてNEMの移動に必要な「秘密鍵」を盗んだとみられるが、不正アクセスとされる発信元の特定には至っていない。』

 

ブロックチェーンという新技術は、利用者の相互監視でセキュリティーを担保している。盗まれても追跡が可能というのが利用者の安心に繋がっていた。

しかし、犯人はそれを破る方法を見つけたということなのだろう。この手口を真似て同じような盗みを働く輩が今後も出てくると考えた方がいいのだろう。

コインチェックの事件が起きた直後、私はこの仮想通貨という得体の知れぬものに大いに興味を惹かれた。あまりにわからないことが私の関心を強く惹きつけたのだ。その時に書いたブログがこちらだ。

その時、思いつくままに書いたブログを読み直してみると、NEM財団による追跡も疑っている。その後の経過を見ると、一応盗まれた仮想通貨がどのように分けられたり口座を変えられたりしたのか、犯人の動きを把握することができることはわかった。しかし犯人が特定できない。そうしているうちに、犯人はダークウェブを悪用してNEMを他の仮想通貨に変換した。そして、財団もついに追跡を断念したのだ。

一方で、その時のブログで私が疑いを向けたコインチェックによる顧客への返金は一応行われた。26万人の顧客に対し約460億円を日本円で支払ったのだ。

実際には、顧客がコインチェックに開設している口座に日本円の残高が表示されるようになったということで、これを換金しようと思えば手数料を払って引き出すことになり、どれだけの顧客が現金を引き出したかはわからない。顧客が現金を引き出さない限り、コインチェックに資金需要は生じないので、本当に全額返金したのかどうか、私ははまだ少し疑っている。

しかし本当に返金したのだとすると、ホリエモンが言っていた通り、彼ら仮想通貨交換業者の儲けというのはハンパではないということになる。

一連の騒動を振り返ってみても、やはり仮想通貨のなんたるかはよくわからない。まったくの詐欺でもなさそうだが、通貨とはまったくの別物である。投資商品なのか、ただのギャンブルなのか。

コインチェック事件の直後60万円台まで急落したビットコインは、その後値を戻し、今日時点では90万円ほどで推移している。

もっともっと安くなったら、試しに少し買ってみたいと思っている。実際に持ってみないと、やはりよく理解できないのだ。

でも、仮想通貨への興味は事件前よりも強くなった。

コメントを残す