鬼十則

女性新入社員の過労自殺で揺れる電通が、社員手帳に載せてきた「鬼十則」を来年版から掲載しないことを決めた。

「鬼十則」は、電通4代目社長の故吉田秀雄氏が1951年に書いた10カ条の遺訓。過労自殺を受けて、「取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……」という一節が長時間労働を助長するとして問題視されていた。

img_1634

では実際、「鬼十則」とはどんなものなのか。調べてみた。

電通鬼十則 本文

1.仕事は自ら創るべきで、与えられるべきではない。
2.仕事とは先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。
3.大きな仕事と取組め! 小さな仕事は己を小さくする。
4.難しい仕事を狙え! そして成し遂げるところに進歩がある。
5.取組んだら放すな! 殺されても放すな! 目的を完遂するまでは...
6.周囲を引きずり回せ! 引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地の開きができる。
7.計画を持て! 長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
8.自信を持て! 自信が無いから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚みすらがない。
9.頭は常に全回転、八方に気を配って、一部の隙もあってはならぬ!! サービスとはそのようなものだ。
10.摩擦を怖れるな! 摩擦は進歩の母、積極の肥料だ。でないと君は卑屈未練になる。

img_1646

長年、この業界で働いてきた人間には、極めて真っ当なものに映る。こうして電通は日本一の広告会社に成長した。今や「世界の電通」だ。

この社訓を隠さざるをえない時代。感慨深いものがある。

マスコミの世界は一見進んだ業界にも見えるが、極めて労働集約型の企業ばかりだ。財産は人材しかない。技術革新が業務の効率化に繋がりにくい。ライバル企業との競争が目に見えやすく、成果もリアルタイムではっきりと出る。各社が毎日データを分析し即座に対応する。手を抜くとたちまち結果に表れる。マスという目に見えないお客様のニーズをいかに掴むか。1分1秒の対応にさらされる。

一時的には労働環境の見直し論議は進むと思うが、業界が本当に変わる日が来るのだろうか。

コメントを残す