嵐 休止発表

投稿日:

大相撲中継を見ていて、玉鷲の優勝が決まり、高安と魁聖の取り組みが始まった時だった。

ニュース速報が流れた。

トップアイドルグループ「嵐」が活動休止するというビックリ速報だった。

午後5時にファンクラブサイトで電撃発表した。5人のメンバーによるファンへのメッセージも添えられていた。

きっかけはリーダーの大野くんだった。最年長の38歳、アイドルとしての活動に窮屈さを感じ始め、一旦休んで自分を見つめ直したいと思ったようだ。

脂の乗り切った30代後半、仕事にもマンネリ感を感じる時期である。一般論としてはとてもよく理解できる。

そして2年前からメンバーに相談し、事務所も交えて話し合いを続けてきたという。前年には、先輩アイドルグループ「SMAP」の解散劇があった。これも大野くんの背中を押したかもしれない。

しかし、「嵐」は「SMAP」とは大きく違う決断をした。活動をやめたいリーダーの気持ちをメンバーが理解し、5人が納得できる着地点を見つけるのにじっくりと時間をかけた。一緒にグループとして活動していても、仕事が終わればバラバラというグループが多い中で、これは極めて珍しいことだ。

それは「嵐」というグループ、そしてメンバー5人の人柄によるところが多いだろう。

私も仕事の関係で、嵐のライブに呼んでいただき公演後メンバーと言葉を交わす機会も何度かあった。彼らは集まった関係者たちに丁寧に挨拶して回った。スターの驕りをみじんも感じさせない誠実さには、いつも驚かされた。逆に妙におどけたり、媚を売ったりということも全くない。非常に落ち着いた常識的で紳士的な振る舞いなのだ。

だからみんなが嵐を応援したのだろう。彼らが出演する番組がどんどん増え、メンバー一人一人にあった仕事が次々に舞い込んでそれぞれの芸域を広げていった。これまでの芸能人の常識を打ち破るような文字通り平成型のグループだったのだと思う。

そして来年2020年の年末をもって、嵐は活動を休止する。2年という期間を用意したのは、彼らの「誠意」だと櫻井くんはきっぱりと言った。みんなでとことん話し合いたどり着いたのが、2年後の休止という着地点だったのだろう。5人はすでに吹っ切れているように見えた。

SMAPの解散によって崩壊が始まったジャニーズ事務所だが、嵐が活動休止で一つの歴史的使命が終わった印象を受ける。ジャニーさんもお姉さんのメリーさんももう高齢だ。男性アイドルを独占したジャニーズ帝国一強の時代が終わろうとしている。

嵐とジャニーズ事務所の今後がどうなっていくのか、注目して見守っていきたい。

コメントを残す