女人禁制の偽り

不祥事続きの相撲界が新たな批判にさらされている。

土俵上で倒れた舞鶴市長を助けようと、土俵に上がって心臓マッサージした女性たちに、「女性は土俵から下りてください」との場内アナウンスが流れたのだ。

テレビでも繰り返しこのシーンが流され、「伝統よりも命が優先だ」との批判が浴びせられている。

ただ私はこの報道を見ていて、どこの局も「伝統よりも命が優先」というポイントだけで伝えていることに不満を抱いている。

なぜ女性は土俵に上がってはいけないのか?

その由来を説明してくれる番組が一つもないのだ。

そこで自分で調べることにした。ネットで少し調べると、面白い論文を見つけた。

北海道教育大学岩見沢校社会学研究室の吉崎祥司・稲野一彦という2人の教師によって書かれた『相撲における「女人禁制の伝統」について』という研究論文だ。

http://s-ir.sap.hokkyodai.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/933/1/59-1-zinbun-06.pdf#search=%27相撲協会+女人禁制+理由%27

相撲の歴史や日本に存在する女人禁制の歴史について書かれているので、興味のある方はぜひ論文を直接チェックしてもらいたいが、一部引用させていただく。

 

『 本当に相撲は、古くから女人禁制を取っていたのだろうか。

筆者は、明治期に神道の穢れ観を利用して、女人禁制という「伝統」が虚構された、と考える。あるいは、相撲における「女人禁制の伝統」は、1400年の歴史を持つとされる相撲にとっては、非常に歴史の浅い「伝統」であるといったらよかろうか。神道や仏教の女性差別確立までの流れと同様に、相撲も女性を差別する必要があって、その理由付けとして穢れ観などが「後付け」されたと考えられるのである。

相撲が女性を差別した理由としては、相撲の地位確立という目的がやはり第一に挙げられるであろう。江戸時代に行われていた盲人と女性による合併相撲などの醜悪さは、相撲が地位を確立するためには大きな妨げになったはずである。女相撲を容認してしまうと、盲人と女性による合併相撲の醜悪さが明るみに出てしまう可能性がある。合併相撲の様態は、先にも触れたが、少なからず盲人に対しての民衆の差別的な感情を煽っており、差別を助長する働きがあったと言っても過言ではない。この歴史的事実は、生き残りや地位向上を図りたい相撲界にとっては、強い逆風であっただろう。相撲界は女人禁制を取ることで、人々の意識から“醜悪な相撲”が消え去ることを期待したのではないだろうか。

また、相撲の地位確立に関して、外国の目を強く意識していたことも忘れてはならない。風見は、東京日日新聞に掲載された板垣退助の談話を引いて、「国技館の設立は時勢に応じて出来たものである。維新前、未だ外国と交通が無かった時は兎もかく、今日の如く欧米諸国から貴賓が来るようになり、したがって我国固有の相撲が海外人に見られるようになっては、如何にしても常設館がなくては不可ない。茲に於て、古来すべてその例のない常設館を建てることになったのである」、と記している。女性が土俵上で“取っ組み合う”様子は、文明国家のものではないと考えられたのだろう。近代化・文明開化を図る日本の視点と相撲界の思念が合致したことも、女人禁制が進められた原因の一つであろう。また、家制度の制定に集約される男尊女卑の土壌が、相撲の女人禁制を浸透させていった理由の一角をなすことも疑いない。』

 

要するに、相撲における女人禁制は明治時代に作られた比較的新しい「伝統」ではないかということだ。江戸時代までの相撲は興行や見世物の様子も強く、大相撲を「国技」とする過程で明治の男尊女卑の空気の中で「女人禁制の伝統」も作られていったと見る。

この認識が正しいかどうか、私には判断ができない。ただ、何事もその源に遡って理解することの大切さは感じる。

この論文でもう一つ面白い指摘があった。大相撲はいつ「国技」となったのか、という点だ。

論文から関係部分を引用する。

 

『  明治42年(1909年)、相撲は「国技」となり、不動の地位を獲得するのである。

明治も時代が下がると、欧米諸国から頻繁に貴賓が来日するようになり、外国人の目を気にしての常設館設置の機運が高まり、かくして国技館が完成する。常設館の名称を決定する会議の少し前に、江見水蔭によって初興行披露状が書かれていたが、その中に「そもそも角力は日本の国技、歴代の朝廷之を奨励せられ、相撲節会の盛事は、尚武の気を養い来たり」とあり、ここから「相撲=日本の国技」という認識が広まったところから、国技館と銘打たれることとなったわけである。国家機関が認めたわけではなく、相撲かいがいわば自称として揚言したものが瞬く間に広がり、現在でも相撲は日本の国技とされるに至っている。相撲界としては、この命名は、相撲の地位を確固たるものにのし上げた大傑作であったということになる。』

 

私たち日本人が伝統と信じていることの多くは、明治時代に創作された概念であることが実に多い。相撲は古来から神事として行われていたことは間違いないが、それを「国技」として祭り上げたのは明治という時代だったという主張は説得力がある。

日本古来からの神道を、「国家神道」として政治的に利用したことに通じる。天皇の万世一系や女性天皇を排除する「伝統」も同じにおいがする。

古来の日本はもっと緩やかな社会だったとされる。八百万の神の国なのだ。

江戸時代ですら、人々は「藩」という単位で物事を考え、黒船がやって来るまで「日本人」という意識を持たなかった。

そんな日本人に「日本国」という概念を植え付けるため様々な仕掛けが作られたのが明治だ。

明治維新150年の今年、安倍さんはそうした明治時代を復活させたい思いが透ける。

私たちは、「伝統」や「国技」というキャッチフレーズを鵜呑みにするのではなく、その歴史を調べ正しい知識を持って物事を判断する癖をつけなければならない。

今回の騒動は、そんなことを考えるきっかけとなった。

コメントを残す