オバマの時代

日経電子版を読んでいたら、オバマの評価がここに来て上がっているという記事が目についた。「『オバマ大統領の世界』にさようなら」と題されたこの記事、オバマからトランプへの歴史的転換点にあたり、全文そのまま書き写しておきたい。

Embed from Getty Images

「歴史のページが1枚めくられたと考えるのは、心をそそられることだった。悲しいかな、後世は2008年のバラク・オバマ氏の米大統領選出を、「9.11」の同時テロ後に怒れる米国が取った進路から少しそれただけの回り道と見なすかもしれない。

オバマ氏はイスラム世界との開かれた対話を呼びかけ、ドナルド・トランプ氏と同氏のチームは、事実上、イスラム教に宣戦布告した。オバマ氏は理性で癒やせない問題は存在しないと考えた。トランプ氏は、その反対の本能を抱いている。

トランプ氏の政権が正確にどんな形を取るにせよ、一つ、分かっていることがある。オバマ氏のレガシー(遺産)は消されることになる。多くの場合、トランプ氏が署名すれば、それで事足りてしまう。

「オバマ抹消」は、国内の法律や外国との協定を取り消すだけでは済まない。トランプ氏はオバマケア(医療保険制度改革法)を撤廃するか、見る影もないほど変えてしまうだろう。気候変動に関するパリ協定から米国を離脱させるかどうかについては「予断を持たずに考え」、米国とイランの核合意をかなりの確率で破棄するだろう。

こうした行動で、オバマ氏の最も目立つ成果は帳消しになる。北極圏での石油掘削の禁止やいわゆる強化尋問技術の禁止、グアンタナモ湾の収容所を閉鎖する意思(閉鎖は完了していない)など、それほど目立たない成果もゴミ箱行きだ。まるでオバマ氏が存在しなかったかのような状況になるだろう。

■米国民、オバマ氏を惜しむ

奇妙なのは、トランプ氏を大統領に選んだのと同じ米国が、すでにオバマ氏のことを惜しんでいることだ。退任が近い大統領にはよくあることだが、オバマ氏の場合、それが並外れて急激だ。大統領の職務能力を評価する支持率は55%と、任期中の同じ時点でのロナルド・レーガン元大統領と並び、ビル・クリントン元大統領の上を行く。ジョージ・W・ブッシュ前大統領のそれには20ポイント以上の差をつけている。

トランプ氏が直感であれこれツイートすればするほど、米国民は、問題の是非を冷静に検討するオバマ氏の態度を高く評価する。「ドラマなきオバマ」(注:no drama Obama=冷静な大統領をからかう表現)は、トランプ氏に成功する機会を与えるべきだとさえ訴えている。オバマ氏は米ニューヨーカー誌に「この世の終わりが来るまで、何事もこの世の終わりではないと思う」と語っている。

だが、オバマ氏が知っている世界は終わりを迎えた。この世界の終焉(しゅうえん)については、同氏は一定の責任を負わなければならない。オバマ氏は、米国主導の世界秩序がどう転んでもおかしくない局面で大統領に就任した。ブッシュ氏が不用意に始めたイラクとアフガニスタンでの戦争は、中東をはじめ世界各地で米国の地位を大きく傷つけた。2008年の金融危機は、自由市場を是とする、米国が生み出した「ワシントン・コンセンサス」(米国主導の経済政策理念)を恐らくは致命的な信用失墜に追い込んだ。米国の力は衰退していたが、何らかの対策を講じるのは、まだ手遅れではなかった。

オバマ氏は地政学的な転換点で大統領に就任した。退任の準備を進めている今、米国の相対的な衰退という事実に異議を唱える人はもうほとんどいない。大志を抱いていたにもかかわらず、オバマ氏は衰退のプロセスを止めることができなかった。トランプ氏はこれを逆転させられるだろうか。

■世界は理性的な議論で動かない

オバマ氏の核をなす特徴の一つは、理性が人々の行動を左右すると考えることだ。人間の営みは理性的な議論によって決まると思い込むのは、リベラルな実務家が持つ永遠の欠点だ。自分の主張の意義が理解されないとき――相手が共和党の議員であれ、外国の指導者であれ――オバマ氏はむっつりと沈黙の中に引きこもる。

オバマ氏は、世界に失望ばかりさせられた。ウラジーミル・プーチン大統領の率いるロシアが2014年にクリミアを編入したとき、間もなく退任するジョン・ケリー米国務長官は「21世紀に、人は完全にでっち上げられた名目で他国を侵略し、19世紀のように振る舞ったりしないものだ」と述べた。だが世界はしばしばそうやって動く。米国は21世紀に、まさにイラクに対してそれをやったわけだ。

米国は、前任者と反対の個性を持った大統領を選ぶ傾向がある。論理で人を説得するオバマ氏が「決定者」を自任するブッシュ氏を継いだ。トランプ氏は純然たるはったり屋だ。本人の不動産事業の取引と同じように、トランプ氏は誰を相手にするにせよ、おだて、いじめ、お世辞を言い、買収する。失敗したときには――必ず失敗するはずだ――トランプ氏は成功したと宣言し、世間の関心をよそへそらす。それこそがトランプ氏の言語道断なツイートの目的だ。人々がトランプ氏について真実を語ると、彼らを嘘つき呼ばわりする。同氏を称賛すると、天才と呼ぶ。危機に見舞われたときには、直感で賭けに出る。間違った選択をしてしまった後悔が米国民を襲うだろう。オバマ氏の大統領退任後の支持率は高止まりする可能性が高い。

■大国政治の時代が戻ってきた

トランプ氏は米国の相対的衰退をくつがえせない。むしろ衰退をひどく加速させる可能性のほうが高い。オバマ氏が前任者から引き継ぎ、ある程度は守ろうとした米国の世界的な役割は、今やボロボロだ。トランプ氏の大統領選出の画期的な意義を誇張するのは難しい。過去70年間にわたって我々が知っていた形の米国主導の国際秩序は終わった。大国政治の時代が戻ったのだ。

ストロングマン(強権的な指導者)のプーチン氏が率いる威勢のいいロシアと、ストロングマンの習近平国家主席が率いる自信を深める中国が、ストロングマンのトランプ氏の率いる傷ついた米国を相手にする。長期的な軌道は中国へと向かう。だが、短期的には、トランプ氏とプーチン氏の折衝が目玉となる。どんな展開になるかは、誰にも分からない。だが、きれいなものにはならない。欧州は敗者になる。米国の名声も同様だ。

一方で、オバマ氏は回顧録に取り組むことになる。過去が何らかの指針になるとすれば、それは美しく書かれるだろう。ここに、極めて知性の高い指導者、根本的にまっとうな指導者がいた、そしてまともに話を聞かない世界に向かって国際協力の重要性を説くことに尽力した、と。

オバマ氏は希望を持ってやって来た。そして恐怖心に対して警鐘を鳴らして去っていく。だが、世界の関心はそれてしまった。人々はひどくおびえている――それも当然だろう。

By Edward Luce

(2016年11月28日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)」

個人的にはオバマの理想主義は評価したい。しかし、世界を変える力はなかった。常識的な人間は大きな変化は作れないものだ。トランプの時代は、本音と打算が絡み合う人間臭い世界が出現する予感がする。しかし、昔から庶民は頭のいい人よりも人間臭い人を好む傾向がある。メディアの人間にとってはオバマよりトランプの方がネタにしやすいことだけは確かだ。絶望することなく、トランプ時代の世界を見ていきたい。

コメントを残す