dマガジン

投稿日:

あまり衝動的に行動しない方だと思っているが、昨夜はなぜか、衝動的にNTTドコモのサービス「dマガジン」の無料お試しに登録してしまった。

ちょっと読みたい記事があったからだ。

その一つ。『「文春砲」汚れた銃弾』という週刊新潮の記事だ。

poster

文春vs新潮。この戦いは長い歴史を持つが、今回の記事にはちょっと驚いた。第三者である「日経新聞」の記事を引用する。

『 18日発行の週刊誌「週刊新潮」が、電車などに掲示する中づり広告をライバル誌「週刊文春」側が事前に入手し、週刊新潮のスクープ内容を把握していたという記事を掲載することが17日、わかった。書籍取次会社が新潮社から受け取った中づり広告を文芸春秋の社員に貸していたという。

週刊新潮と週刊文春は通常、いずれも木曜日に発売される。火曜日の昼までに中づり広告が制作されて取次業者に渡される。

週刊新潮は、文芸春秋の担当者が取次業者のトーハンから中づり広告を借りてコピーしていたと指摘。「文春側がコピーを基に取材して締め切りに間に合うように記事を執筆した可能性がある」とみている。

トーハンの広報担当者は「中づり広告は販促物として考えて、貸し出していた。配慮すべきだった」と話している。

文芸春秋の広報部は「不正な方法で入手した情報で記事を書き換えたり、盗用したりすることは一切ない」とコメントした。』

さらに、週刊文春の編集長は公式サイトで反論した。

『 発売前の「週刊新潮」(新潮社)の中づり広告を出版取次業者から文芸春秋が入手していた問題で、「週刊文春」の新谷学編集長は18日、不正はないとする反論を公式サイトに掲載。これに対し、週刊新潮編集部は「潔く非を認めないのは驚きだ」と批判するコメントを発表した。

週刊文春の編集長メッセージは「情報を不正、不法に入手したり、それをもって記事を書き換えたり、盗用したりした事実は一切ない」と述べた上で、締め切り間際まで取材に当たる過程で「他メディアの動向を把握するのは日常的なこと」とし、「私たちにとってスクープとは、極めて重い言葉。他の追随を許さない決定的な独自情報を意味する」と主張している。

一方、週刊新潮編集部は、広告の入手は正当な情報収集に当たらず「アンフェアな編集姿勢を反省しようとせず残念だ」との見解を述べた。

週刊新潮は25日号の特集で、週刊文春が「中づり広告を盗み見る、という姑息(こそく)な手段」で「スクープ泥棒」を繰り返したなどと批判を展開していた。』

取れる情報はすべて集める、というのはメディアとしては当然とも言える。今回のケースは無断で盗み出したのではなく、取次業者から入手していたという意味では違法ではないのだろう。

ただ、両誌のトップが同じようなスクープだったことが何度かあった。どうして偶然両誌が同じタイミングで同じスクープにたどり着いたのか、ちょっと違和感を感じたこともある。こうしたケースは、文春側が今回発覚した「新潮チェック」により追いついたのかもしれない。そう勘ぐられていも仕方がないだろう。

インターネット全盛時代、雑誌業界は厳しい環境に置かれている。以前は電車の中で雑誌を見ていた人たちは、今ほぼ全員がスマホを見ている。

そうした中で登場したのが、「dマガジン」というサービスだ。月額400円で70以上の雑誌が読める。「週刊文春」1冊の値段だから、例えば毎週「週刊文春」を読む人ならば単純に4分の1の値段で読めることになる。苦労して雑誌を作る人たちにとっても屈辱的といってもいい価格設定なのだ。

価値のある情報を集めるのは時間とお金がかかる。記者や編集者の腕も必要だ。

インターネットやスマホの普及とともに、「情報=無料」という“常識”が出来上がり価値ある情報が得られなくなるのでは困る。誰もが簡単に情報を発信できるようになり、これまで知ることのできなかった情報に接することができるようになった反面、ニセの情報がネット上に氾濫している。そして、多くの人は自分が知りたい情報だけを選んで見る時代にもなった。

情報を受け取る側のメディアリテラシーがますます問われる時代になっていく。

 

コメントを残す