水漏れ

投稿日:

のどかに始まった日曜日の朝、妻のあせった声が事態を一変させた。

「ちょっと、来て。早く!」

妻は洗面所の前で、私を呼んでいる。

妻は基本的に大袈裟なので、どうせ大した話でもないだろう。面倒臭いなあと思いながら、洗面所に向かう。

「ちょっと変な音がするんだけど・・。洗面台のコンセント抜く時、変なことしなかった?」

私は朝風呂に入った時、音楽を聞くためのwi-fiの増幅器を洗面台のコンセントにはめて使っていた。妻はまず、私の犯行を疑った。

洗面台を調べる。

確かに、変な音が聞こえる。ただ、その音は、天井からのように聞こえる。

「天井で水漏れじゃない?」と、私は妻に言った。

妻も耳をすませ、同意する。これは、間違いなく水漏れの音だ。

私は天井を手で触って、水がしみ出していないか探る。どこからも水漏れは確認できない。それでも、水漏れの音は続いている。かなりの勢いで水が天井板に当たっている気配なのだ。

そんな会話を交わしている時だった。

洗面台の天井中央に取り付けられている照明のカバーに、水が滴り落ちてきた。みるみるうちに、カバーの中に水が満ちてくる。

私は慌てて、照明のカバーを回して取り外す。

IMG_7764

天井にくっついているアタッチメントの周囲から、かなりの勢いで水が落ちてきて床を濡らした。妻がバケツを持ってくる。水は電球を伝って、バケツの中に落ちる。

IMG_7771

危険なので、洗面室の電気を消し、電球も外した。

カバーの中に溜まった水は、濁っていた。天井裏に溜まっていたホコリが混ざったせいか、それとも汚水なのか?

何れにせよ、気持ちのいいものではない。

IMG_7763

妻が管理人さんに電話する。日曜の休日に呼び出された管理人さんは、管理会社や水道屋さんなどに電話してくれた。

我が家の上の部屋は今、業者が買い取ってスケルトンリフォームをしている最中だ。管理人さんは上の部屋の工事をしている担当者にも電話した。

昼過ぎに、上の部屋の工事をしている業者や管理会社が手配した水道屋やマンションの理事長も我が家の洗面所を見にやってきた。水は2時間以上たっても一向に止まる気配がない。

上の部屋の床下に大量の水が溜まっていたことがわかった。

「マンションの縦管が詰まって、汚水が11階に逆流したようだ」と管理人が言った。

「バケツ15杯ほど水を汲み上げたのだがまだ残っていて、明日高圧洗浄機とバキューム装置を持ってきて、配管の詰まりを直し水を全部抜くつもりだ」と上の部屋の業者が言った。

そして、水道屋は洗面所の天井に穴を開けた。

IMG_7020

天井裏に溜まっていた水が、勢いよく流れ落ちる。

これは、ひどい。

IMG_7022

穴から流れ出した水は洗面台の上に落ちる。

水道屋さんは慣れた手つきで作業を進める。

IMG_7779

最終的には、ビニールを使って水の通路を作って、流れ落ちる水を洗面台に誘導する応急処置をしてくれた。確かにこれで、天井裏に水がたまり続けることは防ぐことができそうだ。

洗面台も洗濯機も使える。

とりあえず、これで明日までしのぐしかないだろう。

IMG_7775

漏れてきた汚水は、半日でバケツ2杯ほどになったが、夜になってようやくその量が減ってきたように感じる。上の階に溜まっていた水がほぼ抜けてしまったのかもしれない。

果たして、いつごろ元通りに復旧できるのだろうか?

壁紙も張り替えなければならない。

つい先日、洗面台を変えたばかりなのに、本当についてない。これも、築45年を過ぎた中古マンションを買った報い、自業自得だ。

でも、私はいつものように楽観的だ。

まあ、いつかはなんとかなるだろう。

 

コメントを残す