<吉祥寺グルメ>パン屋めぐり#2「リンデ」の「フレッシュジャーマンサンド&スモークサーモンサンド&ヌストルテ」

ダイエットとともに始めた「吉祥寺のパン屋巡り」。

第二弾として選んだのは・・・

サンロード商店街に昔から店を構えるドイツパンの「リンデ吉祥寺本店」。

2階がイートインのお店になっていて、シチューなどと一緒に好きなパンを食べることができる。

1階は普通のパン屋さん。

ドイツパンというと、ちょっと無骨な印象だが、よく見ると普段あまり食べない珍しいパンが並んでいる。

ドイツパンの代名詞ともなっている「プレッツェル」ももちろん売られている。

小麦で作った軽やかなフランスパンとは違い、ドイツパンはライ麦などが使われたものも多く、重厚な趣がある。

そんな中で今日、私が目をつけたのはサンドウィッチだった。

量は多くないが、入り口左手の棚にいろんなサンドウィッチが並んでいる。

やはり見た目の華やかさはない。

買ったパンは、紙袋に入れてくれた。

今日、私たちが買ったのはこちらの3種類だった。

私が選んだのは、「フレッシュジャーマンサンド」(370円)。

説明書きには、「ミューズリーとトッピングした、くるみパンにハム・トマト・卵を挟んだサンド」と書いてある。

ミューズリーとは、穀物やナッツ、種子などを混ぜたシリアルの一種だそうで、それがパンの表面にビッシリくっついていて、こうしたミューズリーをまぶしたドイツパンは「ミューズリーブローティヘン」と呼ばれるらしい。

一方、妻が選んだのは「スモークサーモンサンド」(370円)。

「小麦全粒粉100%のパンにスモークサーモンとクリームチーズを挟んだサンド」ということで、これはよくお目にかかるサンドウィッチである。

小麦全粒粉100%のパンは「ヴァイツェンフォルコンブロート」というようだ。

もう一品、デザートとして買ったのは「ヌストルテ ピースカット」(324円)。

「カラメル風味のヌガーと、香ばしい大粒のクルミのフィリング。良質なバターの豊かな味わい。マイスターが心を込めてドイツの味をお届けします」

初めて食べた「ヌストルテ」は、ヌガーというイメージよりも素朴な味わいで、表面を覆っている生地はイギリスのショートブレッドに似た厚みがあった。

2種類のサンドウィッチは妻と分け合って紅茶と一緒にランチに、ヌストルテは3時のおやつとしていただいた。

食べ応えは十分。

コロナ禍にちょっと異国情緒も味わえた今日の「パン屋巡り」だった。

食べログ評価3.72、私の評価は3.50。

「リンデ 吉祥寺本店」
電話:0422-23-1412
営業時間:10:00~19:00
定休日:無休
https://www.lindtraud.com/

コメントを残す