<吉祥寺グルメ>「Wine&Tapas Chill(チル)」の「レバーペースト& Tapas5種盛」

だいぶ前の話になるが、店を決めずに妻とランチを食べに街に出た。

選んだお店は「ワイン&タパス チル」。

階段を少し上がった目立たない場所にある隠れ家的なお店だ。

店の入り口には、惣菜が並んだショーケースあり、テイクアウトだけもOK。

そう、このお店の売りはタパスと呼ばれる洋風の惣菜、スペインのバルで食べるような小皿料理なのだ。

タパスの種類は実に豊富。

好きなタパスをつまみながらワインを飲む、そんなランチもいいなと思い、入ってみることにした。

細長い店内に入ると、キッチンとカウンターが奥まで続いている。

そしてカウンターの前には、テイクアウト用のタパスのメニューが・・・。

長いカウンターと白い壁、キッチンとの間にぶら下がるたくさんのワイングラス。

日本では珍しい店の作りだ。

ランチメニューの中心は4種類のパスタ。

一番のオススメはパスタとタパスがセットになった「今日のパスタセット」(1800円)だそうだ。

でも、せっかくならパスタではなくタパスをいただきたい。そんな客には、アラカルトで注文できるタパスも用意されている。

まず選んだのは、「超人気‼︎ レバーペースト」(580円)。

陶器の器に入ったレバーペーストと4切れのパン。

チリ産のグラスワインを一緒に頼んだ。

「タクン・セレクション」(480円)。

「シトラス系の香りと、トロピカルフルーツの辛口」と紹介されている。

それでは、いただいてみます。

レバーペーストをパンに塗って・・・

濃厚な旨味が口中に広がる。

待たずに出てくるワインの友だ。美味い。

もう一品は「Tapas 5種盛」(1200円)。

木のプレートの上に、5種類のタパスが並んだ。

タコ、肉団子、人参のラペ、コールスロー。

そして、創業以来の人気メニュー「僕のクリーミーマッシュポテト」。

どれも気楽なおつまみといった印象だ。

こんなランチもたまにはいい。

パンも一人前注文してみた。

すると、バターにバターナイフが刺さって出てきた。

この「ココット入りバター」も店の定番で、テイクアウトもできるという。

カジュアルで、ちょっとお洒落なタパスランチ。

たまにはこんなランチもいいだろう。

食べログ評価3.42、私の評価は3.50。

Wine&Tapas Chill
電話:050-5594-8419
営業時間:
【月〜土】
ランチ 11:30~14:00
ディナー 18:00~24:00 (L.O.)23:00
【日・祝】
ランチ 11:30~14:00
ディナー 18:00~23:00 (L.O.)22:00
定休日:年末年始

広告

コメントを残す