<吉祥寺グルメ>「椿屋珈琲 花仙堂」の「たらことうに・いくら・紋甲いかの3点セット」

そばが食べたいと妻が言った。

駅前の「ほさか」だというので、私もすぐに同意して食べに出かけた。

ところが、途中で引っかかってしまった。

丸井の脇の七井橋通りにある「椿屋珈琲 花仙堂」。

チェーン店だとはわかっているが、一度試してみたいと思っていた。

頭痛になるからとパスタは控えていた妻も、最近頭が痛くならなくなってパスタでもいいというので、入ってみることにした。

階段を降りていくと、なぜか入り口に野点傘と床几台。

和の空間なのだろうか?

店内に入ると、やはり和である。

階段箪笥に小物が並んでいる。

だが、その向かいには、和菓子ではなくケーキが並ぶ。

そんなお店のようだ。

店内はとても広い。

そして落ち着いた民芸調のインテリアで統一されている。

緑のソファーに白いカバーがかけられている。

いにしえの高級喫茶店。

そして一番驚いたのは、メイドさんだ。

今時秋葉原でなければ、これは珍しい。

昭和を通り越して明治のカフェといったコンセプトなのだろうか?

壁に飾られた絵画に目が止まった。

これは井の頭公園だ。

なかなか、いい。

こちらの大きな絵も、井の頭公園が描かれている。

落ち着いた大人の喫茶店。

まだ昼前なので、空いていた。

誰かとゆっくり話をしたい時にはいいかもしれない。

ランチメニューはパスタとカレー。

それぞれ、サラダかスープがつく3点セットかケーキセットを選ぶようだ。

値段は、高い。

私も妻もパスタの3点セットを選んだ。

私はスープを頼んだが、スプーンと比べるとわかる通り、すごく小さい。

でも、濃厚なクリームスープで、美味しかった。

妻はサラダを選んだが、こちらはいたって普通だ。

パスタが運ばれてきた。

妻が選んだのは、「広島牡蠣と帆立の焦がし醤油(正田醤油使用)」。

3点セットで1230円+税だ。

気になったのはお皿。

ロイヤルコペンハーゲンのようである。

見た目はソース焼きそばのようだ。

通常の醤油味の和風パスタに比べても色が濃い。

一見美味そうなのだが、食べてみるとちょっと違った。

正直、美味しくない。妻も同意見だった。

日本のお店で食べるパスタで不味いという経験はあまりないが、このパスタははっきりいって私には不味かった。

私が選んだのは、「たらことうに・いくら・紋甲いか」。

3点セットで1280円+税。

ウニといくらがたっぷり乗っかっていて、とても豪華に見える。

代々木八幡「ハシヤ」の「タラコとウニとイカのスパゲッティ」を食べて以来、私にとってこの組み合わせは常に最高の好物となっている。

しかし・・・

この店の「たらこ・うに・イカ」は違った。

原型をとどめより高級感を演出しているウニだが、寿司ネタのようにそれ単体で食べるのではない。

混ぜると、どうもしっくりこない。

いくらの塩気ばかりが強く主張していて、全体として美味しくない。

生パスタが売りのようだが、コシがなくて美味しくない。

私の中にある至上の「たらこ・ウニ・いか」のイメージが完全に破壊されてしまった。

食べなければよかったと思った。

食後にコーヒーがセットになっていて、これもロイヤルコペンハーゲンのカップで登場した。

コーヒーは可もなく不可もなく。

パスタは最悪だったが、店の落ち着きやメイドさんの風情は素敵なので、今度来ることがあったら、カレーとケーキを試してみたいと思った。

食べログ評価3.46、私の評価は3.10。

「椿屋珈琲 花仙堂」
電話:050-5593-5942
営業時間:10:00~23:30
定休日:無休

広告

コメントを残す