<吉祥寺グルメ>「プレスキルショコラトリー」の「ボンボンショコラ」

投稿日:

次の三連休を利用して岡山に帰省する計画を立てている。

妻はこのところ体調不良と不眠で元気がないが、とりあえず田舎の親たちに土産を買うことにした。

IMG_7551

五日市街道沿いにあるチョコレート屋さん「プレスキルショコラトリー」

2年半ほど前にできたまだ新しいお店だ。

IMG_7548

小さなお店だが、ショーケースの中には宝石のようなチョコやケーキが並ぶ。

お店の裏に工房があり、すべての商品はここで作っているという。

IMG_7546

お土産は、様々なフレーバーのチョコレート「ボンボンショコラ」の8個入り(2300円)にした。好きなチョコを選んで、箱に詰めてもらう。

IMG_7544

お店オススメのセレクションもある。

5色がかわいい「カラー」は、ライム、桃、トンカ、生姜、グレープフルーツのセットだ。トンカというのは、中南米に自生するトンカ豆のことでアーモンドやキャラメル、バニラのような香りがあるという。

IMG_7545

ビターチョコがお好みの方には、こちらの「ビーン・トゥ・バー・デギュスタシオン」という5カ国の産地別ボンボンショコラがオススメだそうだ。

IMG_7549

また様々な種類の板チョコやその詰め合わせもオシャレだ。「タブレットショコラ」と呼ばれているようだ。

この店を知ったきっかけは、長男のお嫁さんがこの板チョコのセットをプレゼントしてくれたことだった。シンプルだが、味わい深い本格的なチョコレートだった。

IMG_7550

チョコ以外にもケーキや焼き菓子、パンやジャムなども売られている。

ショーケースの上に並べられたパウンドケーキも種類豊富で、どれも美味しそう。見ているとどれも欲しくなってしまう。

IMG_7547

こちらは、「生フォンダンショコラ」。

チョコケーキの中に、生チョコレートが詰まっている。見るだけで濃厚そうだ。

結局、お土産用にボンボンショコラの8個入りを4つ買い、我が家用にバラで4つのボンボンをおまけで買った。

fullsizeoutput_367f

家に持ち帰って、白い皿の上に4つのボンボンショコラを並べてみた。

とても、きれいだ。

fullsizeoutput_3681

トンカ風味のキャラメル、「トンカ」。

fullsizeoutput_3682

桃のガナッシュ、「ペシュ」。

fullsizeoutput_3684

ライムとハチミツのガナッシュ、「ライム」。

fullsizeoutput_3683

そして、生姜のガナッシュ、「ジャンジャンブル」。

まずこれを食べてみた。生姜の味はさほどなく、濃厚で上品な甘さが口中に広がった。

お店のサイトには、このように書かれていた。

『パティシエ自らが、カカオの買い付けから焙煎、製造の全てを自社の工場で行い、
全ての工程において携わる製法です。この製法では、製造の過程でアロマが発達し、
繊細な奥深い香りが楽しめ、酸味や渋みが飛ばされてまろやかな味わいが楽しめます。
チョコレートのタブレットの中では、とても丁寧に携わったパティシエの熟練の技と
情熱と魅力が存分に詰まっています。』

IMG_7552

このお店、気に入った。

また誰かへのプレゼントが必要になった時、利用させてもらおう。

食べログ評価3.58、私の評価は4.00。

コメントを残す