<吉祥寺グルメ>「ビストロ ハッチ」の「ステーキフリット」

投稿日:

ようやくこの店に行くことができた。

IMG_5018

「ビストロ ハッチ」

夜しか開いていない人気店だ。なかなか予約が取れない。

これまで何度か予約しようとして、いつも一杯だった。今回は、1ヶ月ほど前に週末で空いている日を確認し予約した。

IMG_4992

初めて入る店内は、予想したよりも落ち着いた雰囲気だった。

オープンから今年で6年になるという。

IMG_4993

男性店員がその日のオススメメニューを細かく説明してくれる。

このフレンドリーな店員の接客も人気の秘密のようだ。

IMG_4996

その日のオススメメニューは黒板に書いてある。

まずは飲み物をオーダーする。1人1杯何か頼まなければならないらしい。

IMG_4998

一番安いグラスワインを2つ注文した。

オーストラリア産の赤ワイン「ワイン・メン・オブ・ゴッサム シラーズ」(450円)。通販サイトで買うと1本1000円程度の安いワインだ。でも、私にはこんなワインで十分だ。

IMG_5002

料理は店員さんのオススメに従って、まずは「五島産オイスターのムニエル」(450円)。

IMG_5003

ソースはエスカルゴに使うニンニクとパセリの入った「エスカルゴバター」だ。これは名前から想像する通りの味。レモンを軽く絞っていただく。普通に美味しい。

IMG_5004

続いても黒板のメニューから「豆たっぷりサラダリロワーズ」(900円)。

フランスのリール地方のサラダで薄切りのミモレットチーズが乗っている。様々な種類の豆が入っており、妻お気に入りの一品だ。

IMG_5006

続いては、「和歌山産めかじきのミキュイ フレッシュラタトゥイユ」(900円)。

ミキュイとは、お魚を食材の中まで微妙に火を通す調理法。カルパッチョのようだが、ちょっと違う。ラタトゥイユ風のソースをかけていただく。個人的にはちょっと脂が強い気がした。

IMG_5008

そして店員さんが絶対に食べて欲しいと言うのが「たけのこのコンフィ パルミジャーノ」(650円)。

パルミジャーノはイタリアチーズの王様である。半分に割ったたけのこにチーズを乗せて焼いたものらしい。

IMG_5010

店員さんが皿に取り分けてくれる。

筍とチーズの取り合わせは初めての体験だが、やはり京都で食べた醤油味の方がうまかった。

IMG_5012

そしてここからはお店の定番メニュー。

まずは「しろレバー」(300円)。このお店、ビストロなのに焼き鳥がある。

この「しろレバー」は絶品である。この日、一番美味しかったと言える。あまり居酒屋料理を食べない妻もこのレバーは美味しいと絶賛だった。

IMG_5013

続いては「とりつくね」(250円)。これもいい。

肉質が柔らかく、卵でしっかり捏ねてあるのだろうか?

この店に来るなら、レバーとつくねは食べた方がいい。

IMG_5015

そして最後に頼んだのが、この店の定番メニュー「ステーキフリット」(1300円)。

IMG_5016

牛ハラミのステーキにマルシャン・ド・ヴァン・バターが乗っている。このバターは、エシャロットと赤ワインを煮詰めてバターと混ぜて作るのだそうだ。

このバターが炭火で焼いた肉に合う。美味しいのだけれど、妻が2切れほどしか食べなかったので流石にちょっと量が多かった。これを食べればお腹がいっぱいになること請け合いだ。

IMG_4997

席が空くと、すぐに次のお客がやって来る。さすが人気店だ。

でも料理の質はどれも高く、これだけ食べて2人で5000円ほどというのはかなり安い。お気に入りの店の仲間入りは間違いない。

次は何を食べようか、今から楽しみな店である。

食べログ評価3.61、私に評価は3.80。

コメントを残す