<吉祥寺グルメ>「トラットリア・チッチョ」の「カリっと仕上げた鴨胸肉のキャラメリゼバルサミコ 濃厚チーズリゾット」

 妻がお酒を飲まないので、我が家ではほとんど吉祥寺の街でディナーに出かけることはない。

でも、夜しかやっていない魅力的なお店というのがある。

この人気店もそんな店の一つだ。

「トラットリア・チッチョ」。

2014年にオープンしたまだ新しいイタリア料理店。

しかし、週末の夜にはいつも予約で満席の吉祥寺でも有数の人気店だ。

私も何度かトライしたことがあるが、週末はその日に電話してもまず予約は取れない。

しかし今週、平日に電話したところ、5時から6時45分までなら席があると言われた。7時からは予約でいっぱいなのだろう。

午後5時、妻と2人で初めての「トラットリア・チッチョ」。

開店間際なのでまだ他の客はいなかった。

満島ひかり似の店員さんが暖かく迎えてくれた。

壁一面に飾られた額をオレンジ色の灯りがやさしく照らす。

この雰囲気は、確かにディナーでなければ出せないだろう。

まるでヨーロッパにいるようだ。

これが店のメニュー。

コース料理はなく、すべてアラカルトだ。

値段は、メイン料理でも2000円以下。

ケチな妻でも、許容範囲のリーズナブルな料理が並ぶ。

まずは、グラスの赤ワインをいただく。

「サンジョヴェーゼ」(495円)。

私にはこれで十分。安いグラスワインが置いてある店はありがたい。

お店自慢の前菜、「オイスターのカルボナーラ」(495円)。

オイスターは他に、フレッシュとジェノベーゼがあり、好みで1個から注文できる。

見た目の通り、濃厚な一品だ。

妻は牡蠣があまり好きではないので、私が一人でいただいた。

続いては、妻が選んだ「山梨うえのはら完全無農薬 ルッコラとパルミジャーノのサラダ」(935円)。

緑のルッコラに白いパルミジャーノチーズ。

実にシンプルで、美しいサラダだ。

このサラダは、妻も私も大満足。とても大人の味だ。

次は、妻が選んだ魚料理。

ストウブ鍋に入ったままテーブルに運ばれてきた。

店員さんが目の前でお皿に盛り付けてくれた。

「ザ・シンプル!! 白身魚のイタリアンロースト」(1430円)。

名前の通り、本当にシンプルだ。

この日の魚は、スズキだった。

軽く塩味が効いたシンプルな味。まさに妻好みの一品だ。

私にはちょっとシンプルすぎる。

「フォッカチャ」(330円)を一緒にいただく。

そして私が選んだ肉料理。

「カリっと仕上げた鴨胸肉のキャラメリゼバルサミコ 濃厚チーズリゾット」(1815円)。

この店のオススメ料理だという。

想像していた料理とは、かなり違った。

鴨肉は薄くスライスされているが、鴨肉らしい歯ごたえがある。

下に隠れているリゾットは、確かに濃厚なチーズな味をまとい、これだけでお腹がいっぱいになる重さがあった。

鴨肉を小さく切り、リゾットと一緒にいただく。

美味いが、バルサミコの酸味も相まって、私にはちょっと濃厚すぎる印象だ。

6時過ぎには、予約客で店内はいっぱいになった。

一番に食べ始めた私たちは、1時間ほどで食事を終えた。

お腹はいっぱい。妻もこの店が好きだという。

確かに、また来たくなるお店だ。

次に来た時は、パスタなど別のメニューを試してみたい、そう思った。

食べログ評価3.70、私の評価は3.70。

「トラットリア・チッチョ」
電話:0422-27-6393
営業時間:
[月~木・日]
17:00~翌1:00(L.O 12:00)
[金・土・祝前日]
17:00~翌3:00(L.O 2:00)
定休日:年中無休

広告

1件のコメント 追加

  1. dalichoko より:

    素敵なお店ですね。ずいぶん昔、御殿山のあたりに住んでいたときは週末に散歩しました。許されるならもう一度住んでみたい街です。
    お料理も素晴らしいですね。
    ごちそうさまでした。
    (=^・^=)

コメントを残す