<吉祥寺グルメ>「クワランカカフェ」の「Hotチャイ」

秋晴れの土曜日。

IMG_7325

妻のリクエストで、魚料理のランチを食べようと出かけたのだが、途中でまだ行ったことのないカフェで引っかかった。

ネットや雑誌で見かけたことのある「クワランカ・カフェ」

急遽、行き先を変更することに・・・。

IMG_7321

古い雑居ビルの3階にある。

エレベーターはなく、古い階段を3階まで上がる。

IMG_7320

とてもカフェがあるとは思えない事務的な廊下の先に、目的のカフェはあった。

IMG_7319

手作り感満載の店内。

お客さんは、まばらだ。

IMG_7318

入り口には、毛糸や手芸関係の品々が。

ちょっとこだわりのありそうなお店だ。

IMG_7306

メニューは、いたってシンプル。

ほとんど迷うことなく、それぞれ注文する品が決まった。

IMG_7311

もやしのサラダが最初に出る。

味は特段美味しいわけではない。

IMG_7312

妻の注文が先に来た。

「さつまいもといんげんのココナッツミルクカレー」(1000円)。

IMG_7313

かなり色の黄色なキーマカレーだ。

私も一口食べてみたが、やさしい味のカレーだった。美味しい。

IMG_7314

私が注文したのは「豚の角煮のせ高菜ごはん」(1000円)。

写真から、混ぜご飯的な物を予想していたのだが、ちょっと違った。

IMG_7315

メニューの名前の通り、ごはんの上にきざんだ高菜をのせ、その上に豚の角煮を並べたシンプルな一品だった。

角煮の量は結構たっぷりのせられ、刻み生姜とゴマがアクセントになっている。

料理はどちらもびっくりはしないが、十分合格点。ただ、料理よりも評価が高いのは店内に流れる音楽だ。

IMG_7317

鉄骨もコンクリートもむき出しの天井には、ボーズのスピーカーが付いていて、そこから脱力系の音楽が流れてくる。

ブルースがあったり、シャンソンがあったり、ジャンルはまちまちだが、共通点はすべての曲がリラックス効果抜群の脱力系なのだ。素晴らしい選曲。我が家でもこの音楽を流しておきたいほどだ。

IMG_7316

古い家具が並ぶ手作り感あふれるカフェで、力の抜ける音楽を聴きながら、食後に温かい「チャイ」(650円)を一杯注文した。

両手で持つカップに、たっぷりのチャイ。

『煮出した紅茶にカルダセンとミルクを加えたシチュードティー』という説明書きが添えられていた。大学時代、初めてのインドで飲んだチャイの味は忘れられない。

この年末年始には、久しぶりにインド旅行を計画していたのだが、このところ妻の体調がいまいちで、先週予約をキャンセルした。また、体調を万全にしてから行けばいい。

やさしい味わいのチャイを飲みながら、そんなことを思った。

この店のチャイは、いい。

IMG_7310

ところが、このカフェ、年末で閉めてしまうのだという。

店の女性に聞くと、「クワランカカフェ」は19年前渋谷で開業した歴史あるカフェなのだそうだ。その後、西荻窪、吉祥寺へと移転しながら存続してきたのだが、今年ついに閉店する決断をした。理由は聞かなかった。

この空間、この音楽、とても居心地がいいカフェだ。惜しい。

でも、閉店前に一度来られて、よかった。

食べログ評価3.29、私の評価は3.40。

 

 

 

コメントを残す