<吉祥寺グルメ>「カフェ・ルミエール」の「緑のまっちゃとティラミスの焼き氷」

少し時間が経ってしまったが、1週間ほど前、吉祥寺のカフェで偶然面白いものを見つけた。

私が知らなかっただけで、きっと女の子たちには有名なのだろう。

雨が降る寒い日だった。

キラリナの近くにある古い雑居ビル。その4階に一度行ったことのある小さなカフェがあるのを思い出し、雨宿りしようと駆け込んだ。

エレベーターで4階に上がると、ちょっとゴチャゴチャした扉があった。

「カフェ・ルミエール」。

2012年にオープンした知る人ぞ知る有名カフェだ。

店内に入ると、雨のせいかお客さんは少なかった。

壁に絵本が並び、不揃いな家具や雑貨が置かれている。吉祥寺らしいお店だ。

私の側の壁には、無数の額。

独特の雰囲気だ。

コーヒーや紅茶もいいが、この店の名物はやはり「かき氷」だ。

八ヶ岳の天然氷を削って作っているのだという。

『氷がとても固いので薄く削れることができ、「ふわふわ」な食感のかき氷を作ることができます。』

でも、ただのかき氷ではないのだ。

メニューには、「Lumiere特製 焼き氷」と書かれている。

「焼き氷」とは何か? 初めて聞いた。

『本当に火が付きます。ふわふわのメレンゲとフランベしたラム酒が薫大人味』

「薫」というのは「薫る」ということなのだろう。

値段は高いが興味津々。4種類の中から選ぶようだ。

私は、「緑のまっちゃとティラミスの焼き氷」(1370円)を選んだ。

木のお盆には、抹茶の粉末とミルク、抹茶のソース。

そして出ました、特大のかき氷?

表面がメレンゲでコーティングされている。

客の目の前で、かき氷(メレンゲ)にラム酒を注ぎ、火を付ける。

これが「焼き氷」。

確かに、氷を焼いている。

ラム酒のいい香りが鼻腔をくすぐる。

焼いたメレンゲの上に、抹茶パウダーを振りかける。

すると、メニューに描かれたインパクトのある外観が完成した。

メレンゲを割って中を覗くと、自慢の天然氷は当然のことながらかなり溶けていた。

メニューによると、メレンゲの中もただのかき氷ではなく、クリームチーズや抹茶プリン、いちご、マスカルポーネ、クルミ、ナッツ、抹茶シロップ、手作り練乳などが層をなしていると書いてあった。

メレンゲの下から、天然氷が姿を現した。

確かに、ふわふわではある。

ただ残念ながら、メレンゲの上から炎で焼かれ、生き残った氷は多くなく、他の具材と判別できなくなっていた。

本当に美味しいかき氷が食べてければ、焼かない方がいいと個人的には思う。

ただ、「焼き氷」は食を超えたエンターテインメントである。

ちなみに、常に冒険しない妻は、この日も王道を注文した。

「ダージリン」(550円)。

この値段でポットのストレートティーが飲めるのは、悪くない。

寒い日にはなおさら。

妻は満足したようだった。

でもこの店に来たら、ぜひ一度「焼き氷」にトライすることを私としてはおすすめしたい。

食べログ評価3.55、私の評価は3.70。

「カフェ・ルミエール」
電話:050-5570-2071
営業時間:
[月〜金]
12:00~20:00(L.O.19:30)
[土・日・祝]
11:00〜18:00(L.O.17:30)
定休日:不定休

広告

コメントを残す