<吉祥寺グルメ>「カフェ・ドゥ・リエーブル」の「MONTANAポークカリー」

投稿日:

今日も暑い。

妻をランチに誘うと、妻のリクエストは今日もカレーだった。

IMG_6307

選んだお店は、井の頭公園の中にある「カフェ・ドゥ・リエーブル うさぎ館」

IMG_6311

このお店、もともとガレットが自慢のカフェだったが、中道通りにあった人気カレー店「モンタナ」のカレーを提供するようになった。

ここは「モンタナ」や「ペパカフェ・フォーレスト」と同じ系列のお店らしい。

元の「モンタナ」は今、カレーつけ麺のお店に変わったという。

IMG_6304

古民家を改装したような居心地のいい店内には、ちょっと不思議な絵が置かれている。

ここは2006年、画家で人形作家の吉田キミコさんがオープンしたカフェ兼ギャラリーなのだ。

IMG_6291

大きな窓からは、井の頭公園の四季の移ろいを堪能することができる。

IMG_6284

私たちは店の一番奥、窓に向かって置かれたベンチシートに案内される。

前来た時もこの席だった。妙に落ち着く席だ。

IMG_6305

以前はガレット中心だったメニューが、カレー中心に変わっていた。

店の女の子に人気のカレーを聞くと、「ドライカリー」と「ポークカリー」だという。

妻は「ドライカリー」、私は「ポークカリー」を頼んでみた。

IMG_6285

まずはミニサラダ。これはドライカリーに付いている。

fullsizeoutput_2d65

こちらが「MONTANAドライカリー  miniサラダセット」(980円)。

「MONTANA 創業以来の看板メニュー、まろやかなオリジナルドライカリーです」との説明が添えられている。

IMG_6293

ちょっとケーキのような見た目。

中道通りの「モンタナ」には結局一度も行かなかったが、いつもカップルや若い女子が列をなしていた。こうしたカワイイ見た目が若い女の子を呼び込んだのだろう。

IMG_6295

そしてこちらが、私が注文した「MONTANA ポークカリー」(1030円)。

「試行錯誤を重ねたどり着いた、コクのあるオリジナルポークカリーです」との説明だ。

IMG_6299

大きな豚肉が目を引く。

これは、豚の角煮だ。分厚い脂身、スプーンで簡単に切れる柔らかさだ。

IMG_6301

ここのカレーは辛くない。むしろ甘い。

タマネギをかなりの量使っているようだ。

個人的な感想としては、ちょっと甘すぎる。何かが欠けている感じがする。私好みではない。少しお醤油でも加えたくなる。

どちらかと言えば、「ドライカリー」の方が美味いと思う。「モンタナ」は一度行きたいと思っていたお店なのだが、ちょっとがっかりした。

店の雰囲気は好きなので、また来るとしたら、今度はガレットを注文しそうな気がする。

食べログ評価3.40、私の評価は3.10。

 

コメントを残す