<吉祥寺ライフ>井の頭公園の植物【3月】「シナレンギョウ」&「アミガサユリ」&「ボケ」

3月も今日で最後、井の頭公園を歩くといろんな植物が花を咲かせ始めた。

その中には、去年はあまり目に留まらなかった植物もある。

たとえば黄色い花をたくさんつけたこちらの低木。

なんだろうと思って植物識別アプリ「Picture This」で調べると「シナミズキ」と表示された。

かなり目立つのでこいつは記録しておかねばと思って家に帰って調べてみると、去年このブログに記録した「トサミズキ」である確率が高いように思える。

井の頭池の南にある日本庭園には立派な「トサミズキ」があって去年はそれを記録したのだが、こちらの井の頭池の北側に植えられた「トサミズキ」は人通りの少ない細道沿いにあり、去年は意識が向かなかったのだろう。

「トサミズキ」の隣には、「ミツマタ」の黄色い花も咲いていた。

葉っぱのない枝先にたくさんの花が集まって鞠のような形で花が咲く。

とてもインパクトがあるのに、去年はなぜか私の目に止まらなかったようだ。

目の中に入っているのに、実際には見えていないものがある。

人間の視覚というのは不思議なものだ。

ということで、今年の3月、初めて私の目に止まった植物たちを記録したい。

「シナレンギョウ」「アミガサユリ」「ボケ」の3種類である。

「シナレンギョウ(志那連翹)」

七井橋を渡った中之島に咲く黄色い花。

ボートハウス脇の目立つ場所にあり去年も確実に目に入っていたはずだが、なぜか私はこの植物のことを完全にスルーしていた。

派手な色合いが人工的に感じたせいだろうか。

この植物の名は「シナレンギョウ」。

中国地方や小豆島には日本原産の「レンギョウ」も自生しているそうだが、公園などで栽培されているものは大体「シナレンギョウ」か「チョウセンレンギョウ」だという。

「レンギョウ」は雌雄異株で繁殖力が強いため公園や庭木に用いられることが多い。

4枚の花びらがあるように見えるが、根元は筒状になって合体していて「合弁花」と呼ばれるタイプだ。

花の後にできる硬い実は漢方薬として利用されてきた。

実を煎じた漢方薬「連翹」には、利尿、解毒、消炎などの効果があるという。

花言葉は「希望」。

「シナレンギョウ」
分類:モクセイ科レンギョウ属
特徴:落葉広葉樹・低木
花が咲く時期:3〜4月
実のなる時期:7〜9月

井の頭公園の「シナレンギョウ」はここ!

「アミガサユリ(編笠百合)」

ジブリ美術館前の花壇に咲いていたのは「アミガサユリ」。

中国原産の半蔓性多年草だという。

乾燥させた鱗茎は「貝母(バイモ)」と呼ばれ生薬として利用されてきたため、この植物そのものを「バイモ」と呼ぶこともあるようだ。

花は下向きに咲き、なかなか可愛らしい植物だ。

だから、観賞用に栽培されることが多いというが、梅雨ごろには地上部は枯れ、夏場は休眠する。

花を手で持ち上げて中を覗き込むと、花びらに美しい市松模様が描かれていた。

清楚に見えて、実はゴージャスな花。

そんな印象を持った。

花言葉は「謙虚な心」。

「アミガサユリ」
分類:ユリ科バイモ属
特徴:多年草
花が咲く時期:3〜5月
実のなる時期:5〜6月

井の頭公園の「アミガサユリ」はここ!

「ボケ(木瓜)」

「アミガサユリ」と一緒にジブリ美術館前の花壇で咲いていたのがこちらの白とピンクの美しい花。

何だろうと思って植物識別アプリ「Picture This」をかざすと、「ボケ」という名前が表示された。

岡山の伯母の家の庭に真っ赤な「ボケ」が咲いていて、冬の間それを花瓶に活けて鑑賞していたくせに花の色が違うだけで全く気づかなかった。

言われてみれば、確かに樹形も花の様子も「ボケ」に間違いない。

「ボケ」は中国原産で、実の形が瓜に似ていることから「木瓜(もっか)」と呼ばれるようになり、それが訛ったという。

夏にできるボケの実はカリンに似ていて、果実種やジャムを作ることができるそうだ。

疲労回復、滋養保険、低血圧、不眠症などの薬効があるというから、不眠に悩む妻に勧めてみよう。

それにしても井の頭公園に咲いた「ボケ」の花はとても上品な色をしている。

伯母の家の「ボケ」にもこんな淡い色の花が咲けばいいのに・・・。

花言葉は「先駆者」。

「ボケ」
分類:バラ科ボケ属
特徴:落葉広葉樹・低木
花が咲く時期:3〜4月
実のなる時期:8〜10月

井の頭公園の「ボケ」はここ!

<吉祥寺ライフ>井の頭公園の植物【3月】「ヒトリシズカ」&「マルバスミレ」

【井の頭公園の植物】

コメントを残す