<吉祥寺ライフ>井の頭公園の植物【12月】「イロハモミジ」&「ヤマモミジ」&「オオモミジ」

2021年のテーマとして掲げた「井の頭公園の植物」観察。

12月に入ると紅葉シーズンもいよいよ終盤、公園中のモミジが一斉に真っ赤に染まり散っていく。

ほとんどは「イロハモミジ」だが、中には「ヤマモミジ」や「オオモミジ」もある。

果たしてその違いは?

「イロハモミジ(伊呂波紅葉)」

モミジといえば一般的にはこの「イロハモミジ」を指す。

日本では福島県以南の山地から平野にかけて自生し、朝鮮・中国・台湾にも分布する。

葉が手のひらのように5つから7つに分かれ、この裂片を「いろはにほへと」と数えたことにその名前は由来する。

井の頭池の周囲にはたくさんの「イロハモミジ」が植えられていて、陽のあたり具合によって色づきのタイミングはかなり違う。

江戸末期から明治初期にかけて盛んに園芸品種が作られ、最盛期には数百の園芸品種があったとされ、「高雄」「赤地錦」「千染」「織殿錦」「清姫」などの名が付けられている。

葉の大きさは、長さが3.5〜6cm、幅3〜7cm。

他のモミジに比べて一番小さい。

花言葉は「美しい変化」。

「イロハモミジ」
分類:ムクロジ科カエデ属
特徴:落葉広葉樹・高木
花が咲く時期:4〜5月
実のなる時期:7〜9月
紅葉の時期:10〜12月

井の頭公園の「イロハモミジ」はここ!

「ヤマモミジ(山紅葉)」

御殿山の公園事務所近くには「ヤマモミジ」の木がある。

プレートがかけてなければ「イロハモミジ」と区別がつかないが、大きな違いは分布エリア、「ヤマモミジ」は北海道と本州の日本海側(青森から島根)の多雪地域に分布する。

樹高は最大10mほどになるが、山間に自生するものの多くは5mほどだという。

葉の大きさは「イロハモミジ」よりもひと回り大きく、5〜11cmほど。

「イロハモミジ」同様、葉の淵に二重のギザギザが不規則に並んでいる。

同一の木でも日の当たり具合によって紅、オレンジ、黄色に染まり、紅葉の初期には透き通るような美しさとグラデーションを楽しむことができる。

出典:庭木図鑑 植木ペディア

井の頭公園の「ヤマモミジ」も確かに赤い葉と黄色い葉が同居しているように見えた。

花言葉は「遠慮」。

「ヤマモミジ」
分類:ムクロジ科カエデ属
特徴:落葉広葉樹・高木
花が咲く時期:5〜6月
実のなる時期:6〜9月
紅葉の時期:10〜11月

井の頭公園の「ヤマモミジ」はここ!

「オオモミジ(大紅葉)」

こちらも御殿山の公園事務所近くで見かけた黄色いモミジ。

一見して葉が大きく、「オオモミジ」だと判断した。

「イロハモミジ」から自然発生した変種で、北海道から九州まで日本全国の丘陵あるいは山地に見られる。

葉の大きさは長さ7~10cm、幅7~9cm。

個体や環境によっては赤くならず、黄色で落葉する品種もあるといい、井の頭公園の「オオモミジ」も黄色い葉をしていた。

葉の淵にあるギザギザが一重でツルッとしているのも「オオモミジ」の特徴である。

箕面(大阪)の名物であるモミジのテンプラは、オオモミジの園芸品種である「一行寺(一行院とも)」の葉を一年以上漬け込んだものを使用している。

出典:庭木図鑑 植木ペディア

私は一度も食べたことがないが、いつかぜひモミジの天ぷらというものを食べてみたいと思う。

「オオモミジ」
分類:ムクロジ科カエデ属
特徴:落葉広葉樹・高木
花が咲く時期:4〜5月
実のなる時期:6〜9月
紅葉の時期:10〜12月

井の頭公園の「オオモミジ」はここ!

<吉祥寺ライフ>井の頭公園の植物【3月】「イロハモミジ」& 新緑の主役たち①

井の頭公園の植物2021

  1. 【1月】「オトメツバキ」&「トウカエデ」
  2. 【1月】「カツラ」&「サルノコシカケ」
  3. 【1月】「ケヤキ」&「クスノキ」
  4. 【1月】「コブシ」&「ハゼノキ」
  5. 【2月】「スギ」&「ヒマラヤスギ」
  6. 【2月】「ヒノキ」&「サワラ」
  7. 【2月】「コナラ」&「エノキ」
  8. 【2月】「フクジュソウ」&「マンサク」
  9. 【2月】「ムクノキ」&「トチノキ」
  10. 【2月】「スダジイ」&「シラカシ」
  11. 【2月】「イヌシデ」&「クヌギ」
  12. 【3月】「カワヅザクラ」&「オオカンザクラ」&「カンヒザクラ」
  13. 【3月】「サンシュユ」&「アセビ」
  14. 【3月】「トサミズキ」&「ヒサカキ」
  15. 【3月】「アズマイチゲ」&「ウラシマソウ」
  16. 【3月】「オオシマザクラ」&「コヒガン」
  17. 【3月】「メタセコイア」&「ラクウショウ」
  18. 【3月】「シダレヤナギ」&「ユキヤナギ」
  19. 【3月】「カタクリ」&「ヤブレガサ」
  20. 【3月】「ヤマブキ」&「オウゴンマサキ」
  21. 【3月】「ヒトリシズカ」&「マルバスミレ」
  22. 【3月】「イロハモミジ」& 新緑の主人公たち①
  23. 【3月】「オオキバナカタバミ」&「クサノオウ」& 黄色い草花たち
  24. 3月】「イチリンソウ」&「ニリンソウ」& 白い草花たち
  25. 【3月】「イカリソウ」&「ムラサキケマン」& 青や紫の草花たち
  26. 【3月】「キブシ」&「シナフジ」
  27. 【3月】「ミズキ」&新緑の主役たち②
  28. 【4月】「ウワミズザクラ」& 遅咲きの八重桜たち
  29. 【4月】「リンゴ」&「ゴショイチゴ」
  30. 【4月】「ヤマブキソウ」& 山野草エリアの主役たち
  31. 【4月】「ハンノキ」「アキニレ」「イチョウ」& 新緑の主役たち③
  32. 【4月】「キンラン」&「ホウチャクソウ」&「ヤブニンジン」
  33. 【4月】「ハナズオウ」&「ヒトツバタゴ」
  34. 【4月】「ミツデカエデ」&「サワフタギ」
  35. 【4月】「ヤブヘビイチゴ」&「キランソウ」
  36. 【4月】「ヒメウツギ」&「タニウツギ」&「ナヨクサフジ」
  37. 【4月】「ムサシノキスゲ」&「オオツルボ」
  38. 【4月】「モッコウバラ」&「ナニワイバラ」
  39. 【4月】「ハクウンボク」&「ニセアカシア」
  40. 【4月】「カザグルマ」&「ハハコグサ」& 4月に咲いた草花たち
  41. 【5月】「カルミア」&「イボタノキ」
  42. 【5月】「エゴノキ」&「ガマズミ」
  43. 【5月】「ノイバラ」&「シラン」
  44. 【5月】「ヤマボウシ」&「ハコネウツギ」&「マルバウツギ」
  45. 【5月】「マユミ」&「ハゼノキ」
  46. 【5月】「カキノキ」&「イヌツゲ」
  47. 【5月】「テイカカズラ」&「ネズミモチ」
  48. 【5月】「ムラサキシキブ」&「キンシバイ」&「ビヨウヤナギ」
  49. 【6月】「ホタルブクロ」&「ヒメヒオウズイセン」&「サルビア・ガラニチカ」
  50. 【6月】「ネジバナ」&「ムラサキツメクサ」&「コメツブツメクサ」
  51. 【6月】「ユウゲショウ」&「ニワゼキショウ」&「ヒナキキョウソウ」
  52. 【6月】「ボタンクサギ」&「シモツケ」
  53. 【6月】「ノカンゾウ」&「コウホネ」
  54. 【6月】「ヤブミョウガ」&「タケニグサ」&「リョウブ」
  55. 【6月】「ヤマユリ」&「ヒルガオ」&「ノウゼンカズラ」
  56. 【7月】「ヤマジノホトトギス」&「オニユリ」&「ヤブガラシ」
  57. 【7月】「ミソハギ」&「ヤブラン」&「イヌタデ」
  58. 【7月】「ミズヒキ」&「ヘクソカズラ」&7月に咲く植物たち
  59. 【8月】「フヨウ」&「タマスダレ」
  60. 【8月】「コムラサキ」&「ヨウシュヤマゴボウ」&「ヤブミョウガ」
  61. 【8月】「サンゴジュ」&「アオハダ」&「ヤマボウシ」
  62. 【8月】「マンネンタケ」&「ハラタケ」&「テングタケ」
  63. 【8月】「サルスベリ」&「マルバヌスビトハギ」&「センニンソウ」&8月に咲く植物たち
  64. 【9月】「ハナオチバタケ」&「ヒイロタケ」
  65. 【9月】「ハナトラノオ」&「ヤマハギ」&「コリウス」
  66. 【9月】「トチノキ」&「ロウバイ」& 実りの秋を迎えた樹木たち
  67. 【9月】「クサギ」&「オオアレチノギク」
  68. 【9月】「タイワンホトトギス」&「オシロイバナ」&「ノアザミ」
  69. 【10月】「ツリガネニンジン」&「コヨメナ」&「ノササゲ」
  70. 【10月】「カンエンガヤツリ」&「エノコログサ」&「チカラシバ」
  71. 【10月】「シュウメイギク」&「ヨメナ」
  72. 【10月】「クマシデ」&「ムラサキシキブ 」&「トウネズミモチ」&「サザンカ」
  73. 【10月】「ミツバオオハンゴンソウ」&「イヌキクイモ」&「クズ」&10月の植物たち
  74. 【11月】「ナンテン」&「センリョウ」&「ノイバラ」
  75. 【11月】「ヤブタバコ」&「ヤツデ」&「マルバフジバカマ」
  76. 【11月】「イイギリ」&「マユミ」&「サンシュユ」
  77. 【11月】「チャノキ」&「アスター」&「ネリネ・ボーデニー」
  78. 【11月】「サカキ」&「ヒサカキ」&「シロヤマブキ」
  79. 【11月】「カラスウリ」&「マンリョウ」&「ハナノキ」&11月の気になる植物たち
  80. 【12月】「イロハモミジ」&「ヤマモミジ」&「オオモミジ」

コメントを残す