珈琲立吉

きょうは大事な予定がなかったので、1日会社を休んで咳ぜんそくをなおすことにした。少し薬が効いたのか、昨夜はあまり咳き込まなかった気がする。薄緑色のちょっと気持ち悪い痰が出るようになった。でも痰がきれるようになればそろそろ治るはずだ。結局2週間も咳をしていたことになる。

img_5758

4月から続いている三男の就職活動もきのう初成果が出た。新興の不動産会社から内定をもらったという。息子曰く、リクルーターの社員たちが優秀で、印象が良かったらしい。就職活動はまだ続けるようだが、とりあえず一つ内定をもらい安心したようだ。

妻も少し元気になったようなので、夕方2人でお散歩に行った。公園の緑はすっかり濃くなり、写真を撮りたくなるような瑞々しさは失われてしまった。それでもアジサイやドクダミの花が咲き、アクセントを作り出す。

img_5769

妻がコーヒーを飲みたいというので、七井橋通りの路地を入ったところにある喫茶店「珈琲立吉」に初めて入った。
近くの商店主らしき客2人が夏祭りの相談をしている。他の商店街との日程調整のこと、アナウンサーに払うギャラのこと。何やら補助金の話もしていた。

2人の客が帰って、お店には我々2人と店主のオヤジさんだけになったので、話しかけてみた。

「もうお店長いんですか?」

オヤジさん曰く、今の場所に移って13年、その前は通りに面したところで20年ほどやっていたという。

一度話し始めるとオヤジの話は止まらなくなった。公園の池の水がきれいになった、地下水位が上がってきた、水をかき混ぜたおかげで水草が育ち始めたと公園の話にはじまり、鳥の子育て、アオダイショウやカメの話、幼い時玉川上水に落ちて流されそうになったことなどいろいろ聞かせてもらった。弁天様の近くには深井戸があり、地下200メートルから汲み上げられる水はすごく冷たいという。ちょっと役立つ情報、ゲットだ。

img_5771

先ほどの客が話していた夏祭りのことを、オヤジさんに聞いてみた。

中央線より南にある3つの商店街が一緒に、マルイの屋上で盆踊りをするのだそうだ。マルイの屋上は普段立入禁止だが、この日は特別に開放される。屋上からの眺めはなかなか素晴らしいという。よければどうぞと言われたので、「イベントや映像など何か手伝うことがあればご連絡を」といって名刺を置いてきた。

いつも空いているレトロな喫茶店。時々のぞいて吉祥寺の話を聞いてみたいと思った。

食べログ評価3.08、私の評価3.10。

コメントを残す