<吉祥寺グルメ>「旬の味 魚吟」の「ランチちらし」

妻はこのところ我流の頭痛対策として食事制限をしている。

その中核をなすのが小麦を極力口にしない事だ。つまりパンもピザもパスタもラーメンもうどんも揚げ物も天ぷらも控えている。

という事で、今日のランチは和食となった。

引っ越してすぐに行ったので、まだブログに登場していない魚料理の「里の宿」を第一候補と定めて出かけた。

図書館経由で「里の宿」に向かう途中に別の店が目に止まった。

IMG_3993

1階が南欧料理「トークバック・ビコック」、3階はフランス料理の「ボナペティ」。

IMG_3994

そして2階が、寿司と和食の「旬の味  魚吟」だ。

IMG_3978

まだ12時前ということで、お客さんは誰もいなかった。

IMG_3980

店内はテーブルが5つほどとカウンター。吉祥寺にしてはそこそこ広い。窓から光をたっぷりと取り込み明るいお店だ。カウンターの上には魚拓が並んでいた。

IMG_3979

さすが店名に「魚」を掲げるだけあって、お刺身の種類は豊富だ。ただ値段もしっかりなので、ランチメニューから頼むことにする。

IMG_3981

私が注文したのは「ランチちらし」(860円)。

予想したのとはイメージが違った。お刺身が別盛りになっている。それだけ刺身に自信があるということだろう。

IMG_3983

すし飯はそれほど酢が強くなく上品な味だ。

IMG_3982

錦糸玉子と田麩、そして青のりだろうか。ご飯の量も程よい。

IMG_3985

あら汁と・・・

IMG_3984

小さな豆腐と・・・

IMG_3986

3粒のぶどう。

値段以上に豪華なランチだった。

IMG_3988

一方、妻が注文したのは「赤魚焼定食」(860円)。

IMG_3990

魚は外国からの輸入魚というだけで、名前は教えてくれなかった。

値段に比べて立派な和定食がいただける。お店の人たちも感じがいい。それでも結局、私たちが食べ終わるまで他のお客さんは一人も来なかった。

今日からゴールデンウィーク。お店をやっていくのは大変だ。

食べログ評価3.50、私の評価は3.40。

食後はゴールデンウィークの吉祥寺をぶらぶら散歩しながら家に帰る。

IMG_4019

途中、七井橋通りの「立吉」でバニラのソフトクリームを一つ。400円。

IMG_4021

久しぶりのソフトクリーム。普通に美味しい。

ちょうどいいデザートになった。

コメントを残す