<吉祥寺グルメ>「創作中華酒房 幸宴」の「四川の辛みとしびれが効いた石釜グツグツ麻婆豆腐定食」

昨日は珍しく激しい雨が降り、隅田川の花火大会も大変だったようだ。

そして今日も朝ひと雨降り、その後の曇り空が続いた。

でも、そんな天気のせいか、妻は体調がいいらしい。二日続けてのランチに出かけようという。珍しいので、付き合うことにする。

あまりお腹も空いていないので、適当にふらふらして気になった店に入ろうということになった。どこもピンと来なければ、李朝園の冷麺を食べると決めて家を出た。

IMG_0747

ちょっとぶらぶらして、吉祥寺第一ホテル向かいの中華料理店に入ることになった。

「創作中華酒房 幸宴」

IMG_0748

あまり中華っぽくない店構え。この場所で開店してまだ2年半だという。

IMG_0734

店内はますます中華っぽくない。カフェのようなインテリアだ。

そして、壁を飾るのは漫画やアニメのキャラクターたち。

IMG_0735

ゴジラあり、ガンダムあり、美少女あり・・・。

IMG_0743

店主に聞くと、知り合いにアニメ関係者がいて、口コミでいろんな漫画家やアニメクリエーターたちが店に来て、イラストを描いてくれるのだという。全部はとても飾れないほどイラストが溜まっているのだそうだ。

「一番有名な人のはどれ?」と聞くと、「これかなあ」と言って教えてくれたのがこれだ。

IMG_0746

私はアニメ好きではないので、特に驚くこともないが、アニメ好きを連れてくると喜ぶかもしれない。

さて、料理の注文だ。

IMG_0733

ランチはなかなか充実している。

私は麻婆豆腐麻婆豆腐、妻は野菜のせいろ蒸しを注文する。

IMG_0736

こちらが「豚バラ肉とたっぷり野菜のせいろ蒸定食」(900円)。

IMG_0737

蒸し野菜が色鮮やかでボリュームもある。

IMG_0738

一方こちらが「四川の辛みとしびれが効いた石釜グツグツ麻婆豆腐定食」(900円)。

IMG_0740

「石窯グツグツ」は嘘じゃない。写真ではうまく表現できないが、文字どうり地獄の釜のように煮えたぎっている。

ここの麻婆豆腐の特徴は、豆腐が切らずに丸ごと入っていること。この煮えたぎったスープの中に四角い豆腐が丸ごと沈んでいるのだ。

それにしても「中華の辛み」はわかるとして、「しびれが効いた」とは珍しい表現だ。

食べたら、その意味がわかった。

「しびれ」の正体は山椒だ。ものすごく山椒が効いている。しかもとてつもなく熱い。少し冷めるまで口に含むこともままならない。

本格的な麻婆豆腐と言えなくもないが、ちょっと旨味が足りないのが残念だ。ただ、900円のランチとしてはインパクトのあるメニューではある。辛いのが得意な人にはぜひ挑戦していただきたい。

漫画と激辛麻婆豆腐。店に入らないと分からなかい個性的なお店だった。

食べログ評価3.25、私の評価は3.25。

<関連リンク>

吉祥寺の中華料理店

「翠嵐」 「翠嵐②」

「翠嵐」の「叉焼とネギのつゆそば」

「竹爐山房」 「軼菁飯店」

「幸宴」 「小龍」

「中国菜 一口品」の「一口品麻婆豆腐定食」

1件のコメント 追加

コメントを残す