よしむら

昼ごはんがボリュームがあったので、夜は軽めにお蕎麦屋さんディナーに。

今日は最高気温26度の夏日だったが、夕方になると暑さも去り、心地よい夕べ。公園をぶらりと歩いて横切り、吉祥寺の東側、井の頭通り沿いにあるお目当の蕎麦屋に向かった。

IMG_4659

「よしむら」。藍染の暖簾が粋なセンスのいいお店だ。

IMG_4656

入口入ってすぐの待合席には掛け軸。インテリアは渋めだ。

IMG_4642

夕方5時半の開店。我々が一番乗りだが、四人がけの3つのテーブルは全て予約で埋まっていた。カウンター席の前に貼られた日本酒の銘柄を見ると、そばだけの店ではないことがわかる。

妻は飲めないので、私ひとりでお酒をいただく。

IMG_4646

手取川の大吟醸(500円)と蕎麦味噌(700円)。

蕎麦味噌は想像以上にねっとりして酒がすすむ。

IMG_4645

こちらは、ワサビの茎醤油漬け(600円)。シャキシャキと歯ごたえも良く、うまい。

IMG_4655

口当たりのいい手取川はあっという間になくなり、初体験のにごり酒「戸隠岳」(400円)を追加で頼んだ。

そうしているうちに次々に客が来て、6時には満席になった。さすがの人気店だ。

IMG_4651

そしてお蕎麦。

せいろは、細打ちの「吉祥寺」と田舎風の「開田」の2種類がある。

IMG_4654

私も妻も「吉祥寺」(750円)を注文した。

このせいろは、最近食べた中では出色だった。少なくとも私の好みにぴったりだった。

吉祥寺の主だった蕎麦屋さんにはこれでほぼお邪魔したが、今の所、この店が私のナンバー1になった。大変満足なディナーであった。

食べログ評価3.58、私の評価は4.50。

 

<関連リンク>

吉祥寺のそば&うどん

「よしむら」 「よしむら」の「せいろ吉祥寺」

「上杉」  「ほさか」

「吉祥寺砂場」  「中清」

「いぶきうどん」  「西一条うおきん」

「かぶ菜」の土日限定ランチ「麦切り天プラ」

 

7件のコメント 追加

コメントを残す