<きちたび>大連3泊4日の旅②  日露戦争最大の激戦地・二〇三高地はお花見スポットになっていた

旅順軍港へ

大連旅行の目的の一つが旅順へ行くことだった。

ロシア極東艦隊主力の根拠地だった旅順軍港。遼東半島先端の旅順港は入り口の狭い天然の要塞だった。その旅順港を取り囲む周囲の山々にロシアは当時最先端の巨大要塞を構築した。

バルチック艦隊が到着する前に、旅順港に閉じこもる太平洋艦隊を壊滅することが不可欠とする海軍の要請を受けて、陸軍は乃木将軍を司令官とする第三軍を組織した。そして五ヶ月に及んだ旅順攻囲戦で日露合わせて3万人以上の死者を出した。

日露戦争の戦跡をめぐる旅順観光は、足の確保が課題だ。大連から旅順までは車で1時間半。バスはあるが、旅順の町からはタクシーで回るしかない。

時間もないので、ホテルのツアーデスクで旅順1日観光に申し込むことにした。李さんという日本語ガイドが案内してくれた。

星海公園

IMG_3137

妻と二人、運転手付きの乗用車でめぐるプライベートツアーだ。

ツアー代は、2人で日本円で2万6000円。高いがその分、自由度は高い。それ以上に日本語でいろいろな質問ができることがプライベートツアーの良さだ。観光地の説明だけでなく、中国での生活や子育て、さらには政治の話まで本音が聞けるのはプライベートならではだ。

IMG_3131

最初に訪れたのが星海公園。大連郊外の海岸に建設された超高層ビル群だ。

IMG_3129

この辺りは、日露戦争後の1909年、満鉄によって総合リゾート地「星ケ浦」として開発された場所だった。清朝元皇族や日本人有力者が別荘を建て、人工の海水浴場やホテル、ゴルフ場などが整備されたという。

IMG_3128

沖合の海上には全長6.8kmの「大連星海跨海大橋」。2015年10月に完成した。

この橋を通れば大連から旅順に行くのも時間が短縮できる。そして橋の向こう岸には新たな超高層マンション群が現在建設中だ。

ものすごいスピードで開発が進む中国。ここも例外ではない。

2件のコメント 追加

コメントを残す