<きちたび>アウシュヴィッツに行って来た② 鉄条網と赤い靴

『アウシュヴィッツは、人類にとって、暴力的抑圧、虐殺、ホロコーストの象徴となった。アウシュヴィッツ強制収容所は、第二次世界大戦中、ポーランドの他の地域同様にドイツ軍によって占領されていたオシフィエンチム町の郊外に、1940年、ヒトラーのナチス・ドイツによって作られた。オシフィエンチムの町の名は、アウシュヴィッツと変えられ、同時にこれが強制収容所の名前となる。』

これは現地で購入した「アウシュヴィッツ・ビルケナウ 記憶の場博物館」という小冊子に書かれた説明である。

この投稿では、最初に訪れた「アウシュヴィッツ博物館」、かつての第一アウシュヴィッツ強制収容所での見学内容についてまとめてみたい。

「働けば自由になる」

IMG_7192

第一アウシュヴィッツ強制収容所の正門には有名な言葉が刻まれている。

「ARBEIT MACHT FREI(働けば自由になる)」

元は19世紀のドイツ人作家が書いた小説のタイトルだったという。ナチスはそれを収容所のキャッチフレーズに用いた。囚人たちは毎日この門を通って長時間の労働に出かけた。

IMG_7194

「B」の文字が上下逆になっているように見えることについて、囚人たちの抵抗の証と解釈する説もあるという。

IMG_7196

門に沿って二重の有刺鉄線が張り巡らされている。戦争映画でよく見る収容所の光景が眼前に広がる。

IMG_7193

フェンスとフェンスの間には監視塔。

早足で歩くガイドを追いながら、急かされながらカメラを向ける。一部の展示を除けば、撮影はまったくの自由だ。

IMG_7199

第二次大戦前、ここにはポーランド軍オシフィエンチム兵舎があった。ドイツによるポーランド占領後の1940年半ば、ナチス親衛隊はここにポーランド政治犯を対象とした強制収容所を設置することにした。

つまり、アウシュヴィッツは最初からユダヤ人絶滅を狙った収容所ではなかったのだ。

IMG_7206

収容所内には緑が多い。戦争当時にはどうたったのか?

木立の中に整然と並ぶ煉瓦造りの建物はまるでミッション系スクールの寄宿舎を思わせた。

IMG_7204

収容所設立当初、ここには20の建物があった。14棟の平屋と6棟の二階建。その後、被収容者を働かせて平屋を二階建てに改築し、さらに8棟を新設した。

収容者の数は、1942年に一時2万人を超えたが、その後は1万3000人から1万6000人で推移した。

4件のコメント 追加

  1. wildsum より:

    理不尽な理由で、悲しい運命に直面し、殺されていった人たちのことを思うと、ただただ世界平和を祈るばかりです。戦争をしたがる指導者たちを世界から排除すべきです。

コメントを残す