<きちたび>アウシュヴィッツに行って来た① 苦手なツアーに参加して・・・

日本人公式ガイド

今回、東ヨーロッパに行こうと思った理由は、行ったことのない国が多いということのほかに、アウシュヴィッツに一度は行くべきだと思ったからだ。

DCIM100GOPROGOPR6333.

アウシュヴィッツ強制収容所は、ポーランドの古都クラクフの西54キロ、オシフィエンチムという地方都市にある。

せっかくなので日本人ガイドの説明を聞きながら回ろうと、唯一の日本人ガイド中谷剛さんにメールを送った。しかし、すでに定員がいっぱいでその日は受けられないとお断りの返事をいただいた。

随分前から予定を決めていたのに、中谷さんに連絡したのは7月のことだった。私の中で、アウシュヴィッツが「人気の観光地」というイメージがまったくなかったので、「定員がいっぱい」というお返事は想定していなかった。

英語のツアー

ガイドブックを読むと、夏の期間、アウシュヴィッツを見学するためにはガイドツアーに参加するしかないと書いてある。バスや電車で自力でアウシュヴィッツまで行くことも考えたが、どうせ現地でガイドツアーに参加するのならクラクフからのツアーで行った方が時間の節約になると判断した。

クラクフで宿泊したコンドミニアムの管理会社がツアーの仲介もしていたので到着翌日のツアーを申し込んだ。バス代・ガイド代込みで1人155ズウォティ(約6000円)だった。

みんながぞろぞろと一緒に歩くツアーは苦手だが、今回は我慢するしかない。

IMG_7177

バスの出発時間は朝6時。

毎朝3時か4時に起きる生活が続いているので苦にならない。20分ほど前に集合場所に着くと、荷物を持った若者たちがすでに集まっていた。

IMG_7180

乗り込むのは大型の観光バス。座席の半分ほどが埋まった。

IMG_7185

バスはポーランドの田園風景の中を進む。ところどころ森が残っている。

道は狭い。結構渋滞している。車内ではアウシュヴィッツの歴史を紹介するビデオが流された。

持込荷物はA4サイズ以下

IMG_1632

バスは1時間半ほどでアウシュヴィッツの到着した。ガイドはポーランド人と思われる若い男性で、英語で注意事項を説明した。

一番重要なのは、「A4サイズ以上の持ち物は持ち込めないので車内に置いておく」ということだった。私はガイドの若者を捕まえて、「このリュックは大丈夫か?」と聞いた。携帯用の薄い布でできたリュックで普通に持てばA4サイズより大きいが、グルグルっと巻いて中の荷物の大きさに合わせるとA4サイズ以下になる。水や若干の資料などが中に入っている。妻も同じリュックを持っていた。

ガイドは「OK」と言った。

しかしトラブった。

入り口の手荷物検査で我々のリュックが大きすぎると引っかかり、検査員はあっちで預けてこいと外の方を指差す。同じバスで来た観光客たちはみんなスムーズに通過している。

「これはヤバい」

妻がとっさに私たちの後ろにいた同じツアーの人に「私たちがトラブったことをガイドに伝えて」と英語で頼んだ。妻はこの旅の過程で少し英語を話すことに自信をつけたようだ。切羽詰まった時の妻の行動はいつも意表をつく。

IMG_7437

どこに行けばいいのか焦りながら外に出ると、カバンのマークが描かれた小屋があった。何人かが並んでいる。妻はリュックの中から小さな手提げバッグを取り出し、水など最低限の物をそれに移した。そして、私のリュックの中に彼女のリュックを入れ預ける荷物を一つにまとめた。

確かにこの小屋で荷物を預ける場合、荷物1個につきお金を取られた。ちょっと慌てていたので正確な金額を覚えていない。5ズウォティ(約150円)だったか、もっと高かったか。

こうしたあたり妻のケチ精神には脱帽だ。

2人のガイド

IMG_7186

無事に荷物検査をパスしグループに追いつく。彼らは私たちを待っていてくれた。

ここで受信機とヘッドフォンを渡される。ガイドの声が離れていても聞こえる仕掛けだ。

IMG_7191

ここからはクラクフから同行している若い男性ガイドのほかに、アウシュヴィッツ公認の女性ガイドが我々を担当する。女性ガイドがポーランド語で解説し、それを男性ガイドが英語に訳す。早口なので半分も理解できない。まあ、アウシュヴィッツの大まかなことは知っているので何とかなるだろう。