東北・蝦夷の魂

鹿島神宮

先日NHKの「ブラタモリ」を見ていたら、急に「蝦夷(えみし)」に興味が湧いた。

この時の放送は、茨城県の鹿島神宮。何の知識もないままに見ていると、本殿が北を向いていると言う話が出てきた。

つまり鹿島神宮は、北の蝦夷の脅威から朝廷を守るために建てられたというのである。

日本には「神宮」と呼ばれる神社は3つしかない。伊勢神宮と鹿島神宮、そして千葉県北部にある香取神宮の3つだ。確かに、そんな大事な神宮がどうして宮古から遠く離れた関東にあるのか不思議に思った。

これまで蝦夷に興味を持ったことはなく、よって全く知識がない。そこで、関連する本を図書館で探してみることにした。

高橋克彦

そして読んだのが、高橋克彦著「東北・蝦夷の魂」という本だ。

高橋さんは、江戸川乱歩賞や日本推理作家協会賞などを受賞しているミステリー文学の大家だが、盛岡に暮らし、東北や蝦夷を主人公とする歴史小説も書いている。

「風の陣」「火怨」「炎立つ」「天を衝く」は蝦夷4部作と呼ばれ、勝者によって書かれた「正史」からは抹消された東北人たちの物語を掘り起こすことに強いこだわりを持っているという。

「東北・蝦夷の魂」は、東日本大震災後に高橋さんへのインタビューをまとめる形でくるられた本で、私たちが抱いている常識を覆す興味深い説がたくさん収められている。

そんな本から、私の心に残った部分を書き残していきたいと思う。

大和と和

中央政権からは逆賊と呼ばれるヒーローを、岩手が排出してきたのは偶然ではない。もともと阿弖流為(アテルイ)の時代の何百年も前から、朝廷と東北には対立構造があったのだ。まずは、私が長年考察を重ねてきた「出雲の国譲り」の真相から話を始めよう。

遥か昔、出雲には「和」と呼ばれる国の人々が暮らしていた。やがて大陸から九州に渡ってきた邪馬台国、つまりヤマト族の集団が北上を続け、出雲で「和」の人々と敵対関係になった。最終的に畿内全域を統一したヤマト族は、出雲王朝である「和」から国を譲られたという神話を広め、大和朝廷を作り上げた。

そもそも何故、「大和」と書いて「やまと」と読むのか?

「大」を「や」と読むこともなければ、「和」を「まと」と読むこともない。私たちは「大和」は「やまと」と読むものと刷り込まれてしまったので、それが当たり前になっている。

日本の古い言葉には文字がなかった。そのため中国から伝わった感じの中から、意味の同じ文字を原日本語に当てはめて使った。

これで「大和」とは何かが見えてくる。

ヤマト族は「和」の国を邪馬台国に組み入れた。だが、「和」と交流のあった中国は、それをヤマト族の侵略行為だとして、併合を認めなかったのではないか。そのためヤマト族は出雲王朝の「和」から正式に国を譲ってもらったことにした。そして邪馬台国と「和」という二つの国が合体して「大きな和の国、つまり大和となりました」と宣言したのだろう。

但し、読み方は「だいわ」ではなく、「邪馬台=やまと」とした。外交上の国家名が「大和」であれば、中国も今まであった「和」が新たに再統一されたものだと認定するしかない。

「和」の人々は「出雲の国譲り」のあと、畿内から遠い九州あるいは東北方面に逃れた。東北に定住した者は蝦夷と呼ばれ、九州に定住した者は隼人と呼ばれるようになった。だから東北に暮らす我々は、意味氏の末裔ということになる。

蝦夷はもともと「和」の国の人々だったのだ。

蝦夷から受け継がれたDNAによって、我々は無意識のうちに自分が「和」の国の人間たちだとわかっている。だから「和服」「和食」「和訳」などの言葉も、当然のように受け入れている。

では、「和」の国の和とは何であるのか?

それは親和の和であり、平和の和である。ヤマト族が「大和」を「やまと」と呼んだため、「和」の言葉の本来の意味が曖昧になった。

「和」の国の「わ」は、リングの「輪」でもある。

「全員で和になるように手をつなぎ互いに助け合う」のが、「和」の民の精神だった。だからこそ大和朝廷は、阿弖流為や安部貞任を滅ぼそうとした。本来、大和と「和」は敵対していた国だからだ。

今でこそ単一国家とされているが、少なくとも鎌倉時代の初め頃までは、明らかに日本には国が二つあった。大和朝廷が支配する国と、出雲王朝の流れを汲む「和」の人たちの国である。

その対立構造の中に、阿弖流為や安部貞任の戦があった。

聖武天皇が東大寺の大仏に鍍金(メッキ)する黄金を求めていると、たまたま東北で金が産出した。それまで朝廷にとって東北は戦をする価値もない土地だった。多賀城をこしらえたのも、東北を支配するというより、ここまでは我々の領域だぞと蝦夷に示すためだった。

多賀城は蝦夷を滅ぼすための最前線と説明されているが、そうではない。ローマ帝国が北方民族の侵入を防ぐため長城を作ったのと同じ発想で生まれたものなのだ。

それまでは利害がぶつからないから協調していた。ところが蝦夷の国に黄金が出現したため、朝廷軍が入り込むようになった。こうして蝦夷と朝廷との長い戦いが始まる。

古代東北の民・蝦夷は、本来穏やかな暮らしを好む「和」の民だった。

高橋克彦著「東北・蝦夷の魂」より

阿弖流為とは、征夷大将軍・坂上田村麻呂と戦った蝦夷の棟梁であり、安倍貞任は前九年の役で源氏と敵対した有力豪族安部氏の棟梁である。ちなみに安部首相は自らを安部氏の末裔だと自ら語っているそうだ。

この一連の「出雲の国譲り」にまつわる高橋氏の説はとても説得力がある。

古事記や日本書紀に登場するこの神話は、とても不思議な話である。大国主命をはじめとする国つ神が、天から降りてきた天つ神に国を譲る理由がよく理解できなかった。因幡の白兎でもわかるように大国主命はいい神様なのに、突然天上の天照大神から交代を告げられるのは、とても理不尽な気がしていた。

コメントを残す