山県有朋

「翔ぶが如く」の第二巻で、司馬遼太郎は明治の元勲・山県有朋を辛辣に規定している。

『僧院の陰謀家のように陰鬱で無口で、異常に権力と金銭のすきな、そして国権の徹底的確立だけが護国の道であると信じきっていた国家的規模の大迷信家』

ひとりひとりの人物に愛情を込めて描いている司馬さんが、山県に関しては執拗に、時には口汚く批判し続けている。明治から昭和にかけて日本が誤ったレールを走るきっかけを山県が作ったと考えているためだろう。

その中でも、最もまとまった形で、山県有朋という人物を規定した文章を引用する。

『山県有朋について触れておくことは、この稿の主題にとって痛切なことなのである。 なぜならばかれが歴史にとって重要であることの一つは、模倣者であったからである。 模倣者には、原型がある。原型がどういう性質のものであるかを想像するには、その模倣者から逆算する(原型が多少迷惑するにせよ)という視点もありうる。 山県は創造的才能はなく、従って構想者ではなかった。原型が創造してくれたものを、かれは黙々と実行してついに仕上げてしまうのである。

かれの最初の原型は、同藩出身の大村益次郎であった。大村の理想は尊王よりもむしろ国民国家の成立というものであったらしく、これを成立させるために国民皆平と廃藩置県を構想にもった。が、仕事が緒についた出端で暗殺され、山県が階段を数段とびあがるような格好でその後継者の位置についた。山県が実現せしめたそれは、大村のもつ開明的な光彩を消したかたちでのものであった。

山県にとって、そのつぎの原型は薩摩の大久保利通であった。 大久保はプロシア風の政体を取り入れ、内務省を創設し、内務省のもつ行政警察力を中心として官の絶対的威権を確立しようとした。ただ、仕事に手をつけてから数年で暗殺されて死ぬ。 大久保の死から数年あとに山県が内務卿になり、大久保の絶対主義を仕上げるとおもに大久保も考えなかった貴族制度をつくるのである。明治17年のことである。華族という呼称をつくった。明治維新をおこさしめた時代の精神が「一君万民」という平等思想への希求であったとすれば、それは明治17年の華族令の発布でいちじるしく後退する。天皇は民衆のものであったことから遠ざかり、華族のものになり、華族をもって「皇室の藩屛」とされた。このとき長州の卑卒あがりの山県は伯爵になった。 「民党(自由民権党)が腕力をふるって来れば殺してもやむをえない」とまでかれは言うようになり、明治20年、当時内務大臣だったかれは、すべての反政府的言論や集会に対して自在にこれを禁止しうる権限を持った。 原型である大久保は徹底的な国権主義者であった。その国権主義は将来民権主義を育ててゆくという含みがもたれている形跡もあったが、模倣者の山県には気分としてはなかった。

山県は軍隊と警察を好んだが、警察の創始者であり、山県にとって原型の一人である川路利良のポリス思想を好まなかった。市民へのサーヴィスというフランス式をあらため、明治18年ドイツから顧問をまねき、国家の威権の執行機関としてのドイツ式の警察に切り替えた』

さらに天皇のあり方についての記述が続く。

『山県ほど天皇の権威的装飾に熱中した男はなく、日本史上における天皇のたたずまいが、明治20年代から異様な重厚さを加えてゆくのは山県ひとりの創作に負うところが多い。山県は政治家としてはつねに原型を必要とする模倣者であったが、天皇に権威的装飾をした点だけは創造的であるかもしれなかった。 京都のころ千年のあいだの日本の天皇は原始神道の清浄さを主題にした簡素な御所で、宮中の神聖行事を主宰する存在であった。外出もされなかった。人目に触れないというが伝統的なありかたであったであろう。 西郷の生涯がおわる明治10年までは、東京において、天皇は京都のころの延長のようなあり方ですごされた。

天皇の権威的装飾が一変するのは、明治29年5月、侯爵山県有朋がロシア皇帝ニコライ二世の戴冠式に日本代表として参列してからである。 (なるほど、皇帝の座とは、これほど荘厳なものか)と、山県はかつてパリ・コンミューンでおどろいたのとは逆の衝撃を受けた。金色燦然としたギリシャ正教の宗教的荘厳美と、数万の貴族にとりかこまれてその頂点に位置し、さらには重厚な武器と金モールに飾られた近衛軍を従えたロシア皇帝というのは、広大なロシアの国土を征服した征服者の子孫で、国内の百種類ばかりの人種を宗教と法律で支配し、さらには巨億の富を生む帝室の領地をもち、その領地の農民を農奴として使っている唯一人であった。政治的には専制権をもち、内閣があっても名ばかりで側近という程度にすぎない。

このロシア皇帝の神聖を荘厳しているすべての美術的あるいは演劇的構成からみれば、日本の天皇は安っぽすぎた。 山県は帰国後、天皇をロシア皇帝のごとく荘厳すべく画期的な改造を加えている。 歴史からみれば愚かな男であったとしかおもえない。ニコライ二世はロシア革命で殺される帝であり、この帝の戴冠式のときにはロシア帝室はロシア的現実から浮き上がってしまっていた時期なのである』

そして憲法の話に言及する。

『日本の天皇がミカドである位置から明治憲法による天皇になられたのは、この憲法が発布された明治22年からである。 起草者の筆頭は伊藤博文であった。山県よりも開明的傾向の強い伊藤は、「日本国皇帝」のあり方のモデルをロシアの皇帝(ツァーリ)に求めず、ドイツの皇帝(カイゼル)に求め、しかも皇帝から専制性を抜いたものとして考えた。 このあたらしい「日本国皇帝」に対し、山県が明治29年にロシアから帰ってツァーリの粉飾を取り入れた。かつて江戸期の終了まで御所様として日本的陰翳の世界で神聖視されていた天皇はこのあたりでその栄光の伝統を変える。ドイツ風の威権の象徴になり、ロシア風の重厚さを加えることになった。

伊藤が起草した明治憲法は議会主義をとり、立法、行政、司法の三権分立が明示されているという点では世界の進運にさほど遅れたものではない。 しかし日本のこの三権分立の政体をやがて破壊するにいたる「軍人勅諭」を山県は憲法発布に先立って明治15年に実現しているのである。 「兵馬の大権は朕が統ぶるところである」「兵馬の大綱は朕みずから之を撹り、肯て臣下に委ねべきものではない」とし、軍隊をもって天皇の私兵であるかのごとき印象をあたえしめている。山県がこの勅諭を実現せしめたのは、陸軍大将西郷隆盛の乱がふたたびおこらぬようにというむしろ軍人に対する道徳的説諭を目的としたものであったが、昭和期に入ってこの勅諭が政治化した軍人をして軍閥をつくらしめ、三権のほかに「統帥権」があると主張せしめ、やがて統帥権は内閣をも議会をも超越するものであるとして国家そのものを破壊せしめるもとをつくった。

日本に帰属をつくって維新を逆行せしめ、天皇を皇帝のごとく荘厳し、軍隊を天皇の私兵であるがごとき存在にし、明治憲法を事実上破壊するにいたるのは、山県であった』

山県がこうした「重国家」を指向したのは、明治2年、彼が欧州を歴訪し、普仏戦争を目撃し、皇帝ではなく国家を愛するフランス人の姿を見て戦慄をおぼえたからだと司馬さんは指摘する。

フランスでは、労働者の一斉蜂起を予想させるパリ・コンミューン直前の空気が充満していた。

『日本ではようやく王政復古したというのに、パリではもはや帝政をたおし、さらにブルジョワジーをたおし、労働者による共和政権をつくろうという気分が横溢していたのである』

歴史の主人公たちは、いつの時代でも、自分の識見と能力の限りで判断し、行動する。後世からみると、あの時のあの人の判断が分岐点だったとわかる。しかし、人間の判断は多様な要素がからみあってゆがめられる。せめてその判断が「無私」であれば、多少は救いになるのだが・・・。

 

コメントを残す