伊勢神宮と天皇①

最後の伊勢神宮参拝

退位された平成の天皇が、皇后と一緒に伊勢神宮に参拝したのは4月18日のことだった。

96958A9F889DE6E1EBE2E6E7E5E2E3EAE2E6E0E2E3EB9180EAE2E2E2-DSXMZO4390539018042019CR8001-PB1-1

天皇はモーニング姿。

午前中に外宮、午後に内宮に参拝し、退位の報告を行った。

陛下の前後には、皇位のしるしである「三種の神器」のうち剣と璽(じ=まがたま)をささげ持った侍従が随行した。儀式の場には、伊勢神宮で祭主を務める長女、黒田清子さんも立ち会った。

IMG_9425

今年のGW、私も伊勢神宮を訪れるのにあたり少し関連本などを読んでみたが、その中に一冊のとても興味深い本と出会った。

武澤秀一著「伊勢神宮と天皇の謎」という文春新書だ。

メディアで伝えられる伊勢神宮にまつわる「常識」は、どうやら明治政府が作り上げたもので、その歴史を振り返ると意外な姿がいろいろと見えてくるようなのだ。

『現在の伊勢神宮は古代と寸分違わぬと、多くのひとが思っている。マスメディアがこぞってそう喧伝しているのだから、信じ込むのも無理はない。

伊勢神宮では式年遷宮と呼ばれる慣行により、はるか昔に生まれた最初の社殿が20年に一度、まったく同じ形と大きさで、営々と建て替えられてきたというわけだ。

しかし、それは事実と大きく異なるのである。』

出だしからこんな感じで、いきなり引き込まれる。

武澤氏の意見がどこまで真実なのか私には判断できないが、印象に残った部分を引用させていただこうと思う。

変化する伊勢神宮

『 伊勢神宮のたたずまいは、古代の昔からずっと変わらずに今日に伝わっている、そうわたしたちは思っている。しかし、さきほど渡ってきた宇治橋が現在の場所に架けられたのは、鎌倉末期とみられる。

冬至の早朝には、宇治橋の鳥居中央から日が昇るのを狙ってプロ・アマ、沢山のカメラマンが押し寄せる。しかしこの感嘆すべき日の出は、古代から見られたわけではなかった。この位置に橋が架かったのが後世であることは、神宮関係者も認めるところである。』

IMG_9312

五十鈴川を渡り内宮への入り口となる宇治橋ができたのは、鎌倉時代だという。私たちが訪れた日、橋の上は参拝客であふれていた。

橋の手前に広場が整備されたのは、門前町を撤去した大正時代。橋を渡った先の、神域から町屋を撤去されたのは明治20年だという。

IMG_9321

宇治橋を渡った先にあったあの「神苑」が、撤去された町家のあとなのだろう。

禊をする五十鈴川の御手洗場が整備されたのは、お伊勢参りブームが起きた江戸時代。境内を埋め尽くす杉の大木は、鎌倉時代以降に植林されたもので、それ以前はシイ、カシ、クスなどの亜熱帯性樹林だったそうだ。

本殿の清々しさを強調する白い玉石も古代にはなかったといい、室町後期、1462年に行われた式年遷宮の頃からと見られている。それだけではない。

IMG_9397

『古殿地が何もない空間としてあらわれるようになったのは、明治22年の式年遷宮からである。というのは遷宮の終了後、古殿が20年の役割を終えて解体されるようになったのは、この時からなのだ。

それまでは、2回後の式年遷宮まで古殿を存続させるのが慣行だった。つまり古殿は新殿の隣に、都合約40年の間、建ち続けていたのであった。ただし、40年もたずに倒壊した例も少なくなかった。

江戸時代の絵図を見ると、古殿の瑞垣内にまで参拝者がつぎつぎに入っては出てゆく様子が描かれていて驚く。残していた古殿は、一般に解放されていたのである。』

IMG_9217

「古殿地」という伊勢神宮のイメージそのものと言える場所、仕組みが明治の産物だったというのは、衝撃的な話である。

確かに、新旧の2つの社殿が並ぶよりも、玉砂利が敷かれた広大な更地がある方が神聖な印象は強まる気がする。

さらに、気になる記述が登場する。

広告

コメントを残す