2018年の筍

投稿日:

この週末、1人で岡山に行ってきた。タケノコ退治が目的だ。

IMG_2733

伯母を車に乗せて、裏山に上がる。

これ以上、竹がはびこらないようにこのところ毎年タケノコを始末するために帰省している。

IMG_2734

この週末、日本列島は大きな高気圧に覆われ、全国的に晴れて気温が上がった。4月だというのに真夏日を記録したところもあったほどの異常気象だ。

山は新緑で燃えるようだった。

そしてあちらこちらに色とりどりの花が咲いている。いい季節だなあ。この季節の岡山は一年で一番美しい。

IMG_2750

ところがお目当のタケノコがほとんど見当たらない。

伯母は、イノシシが全部食べたのではと疑った。確かに最近、高齢化で山に入る人が減り、イノシシが頻繁に出没するらしい。

だが、私の推理は違う。時期が少し早すぎるのと、今年は極端に雨が降っていないのが原因ではないかと考えた。真相は不明だ。

IMG_2748

小さなタケノコを5つ、6つ見つけて掘った。どうせ食べるのはちょっとで、後はなぎ倒すことが目的なので収穫が少ないのは問題ではない。

代わりに、チェーンソーを使って竹を少し切る。

3時間ほど格闘して・・・

IMG_2765

竹に周囲を囲まれていた一本の木を救い出すことに成功した。

今回はここまでだ。

切り倒した竹を運ぶ際、竹の切り株にしこたま足をぶつける。後で見ると、足のあちらこちらがミミズ腫れになっていた。おまけに切り株に足を取られて、尻餅もついた。

尻餅をつくなど何十年ぶりのことか? おかげで尾てい骨も痛い。

IMG_2759

裏山の山頂付近ではちょっと前まで、ブドウ作りが行われていた。しかし、みんな年をとり、山の傾斜地でブドウを作る作業ができなくなってしまい、畑は荒れてしまっている。

IMG_2762

放置されたブドウ畑の向こうには、岡山の市街地が広がっている。

この山頂、私の好きな場所だ。この土地、もったいない。

IMG_2782

翌日、母を車に乗せドライブをした。

直島に行ってみようと思ったが、船の時間が合わずたまたま通りがかった渋川海水浴場に行ってみた。子供の頃には、何度か訪れたことがある。岡山市民にとってもっともポピュラーな海水浴場だ。

IMG_2776.JPG

昔はもっと砂利っぽい冴えない海水浴場だった。

でも数十年ぶりに訪れると、綺麗に整備され砂もどこからか持ってきたようだった。

IMG_2775

沖に浮かぶ瀬戸内海の島々やそれを結ぶ瀬戸大橋がぼんやり霞んで見える。

なかなかいい所じゃないか。やはり沖に島があることがいいビーチの条件だ。

 

IMG_2779

暑くもなく、寒くもなく。

海の風が心地よい。

5月末か6月のはじめにもう一度、タケノコを始末しに岡山に来なければならない。でも、それはそれで、私にとっては楽しい年中行事となっている。

田舎暮らしもいいなあ。

定年後どう暮らすか、迷うばかりだ。

 

コメントを残す