<吉祥寺残日録>トイレの歳時記🌾七十二候「蒙霧升降(ふかききりまとう)」に認知症の伯母が入院した #210817

帰省先の岡山は今日も雨、山には霧がかかっていた。

お盆の日本列島に停滞した前線による大雨はもう何日降り続いているのだろう?

今日から暦の上では立秋の末候「蒙霧升降(ふかききりまとう)」となる。

「深い霧が立ちのぼり降る頃」と我が家の歳時記カレンダーには書いてあった。

「蒙霧(もうむ)」は、もうもうとたちこめる濃い霧のことだそうだが、さすがに今年の夏はちょっとおかしい気がする。

九州ではわずか1週間の間に年間降水量の半分が降ったところもあるという。

さらに全国的に猛威を振るうコロナウィルスが、おかしな夏を一層おかしくしている。

オリンピックに水を差すことを恐れて静観の構えだった政府も、増え続ける感染者と支持率の低下でお尻に火がつき、緊急事態宣言の延長とエリアの拡大を決めた。

これで緊急事態宣言が出されるのが13都府県、まん延防止措置が適用されるのが16道県となる。

全国に緊急事態宣言を発出すべきという意見もあるが、そもそも宣言の効果がもはや無くなっていることが問題であり、専門家たちで作る分科会は今更のように個人の行動制限を可能にするような法改正を提言した。

こんな話、去年の今頃しなくてはいけないことなのに、どうも政府は腰が重く、野党も「私権の制限」を問題視してロックダウンのような法整備には反対していた。

今更何だという気がするが、将来再び起きる感染症に備える意味では、パンデミックに限って私権の制限に踏み込んだ法律を作ることが望まれる。

しかし今の私にとっては、大雨やコロナよりもはるかに重要な問題があった。

それは認知症が進行した伯母の介護の問題である。

緊急事態宣言のため2ヶ月半岡山に帰省しない間に、伯母の認知症は一気に進んだ。

6月に帰省した時、伯母の家に入った瞬間、鼻が曲がるような異臭を感じた。

伯母の風態も浮浪者のようで、長い間風呂にも入っていないことは一目瞭然だった。

異臭の原因を探ると、肉を調理した後に洗わないまま放置されたフライパンといつのものだかわからない炊飯器の中のご飯だった。

冷蔵庫の中も調べると、ほとんどすべて賞味期限切れで、中には10年前の食品まである。

広い田舎家で暮らしていても、その生活はまさにホームレスといった有様だった。

近所の人たちに話を聞くと、6月の初め頃から急に人が変わったようになったという。

養子になった者としてこの状態を放置できないと、7月に妻を伴って伯母の家に泊まり込み、家の片付けをしながら伯母の行動観察を行った。

その結果、伯母は昼も夜も寝ている時間が多く、夜中でもお腹がすくと台所に行って食べられそうなものを探して食べる。

私たちは、伯母が好きなバナナやプリン、カルピスウォーターやヤクルトを買ってきては冷蔵庫に入れておくと、知らない間に少しずつ減っていた。

まるで野生動物の行動観察にようだ。

春からは在宅介護を始めて、月一回かかりつけ医の往診をお願いし、介護認定を受けてヘルパーさんやナースに週一回伯母の家を訪ねてもらうようにもした。

しかし、とにかく人に頼るのが嫌いな伯母は、ヘルパーさんたちを門前払いにして家に上げようとしない。

お医者さんから処方された薬もほとんど飲まないので認知は進む一方で、春ごろには気楽に往診してくれていたかかりつけのお医者さんも「一人暮らしは危険だから、施設への入居を考えられた方がいい」と私に告げた。

お医者さんから紹介状をもらい、岡山市内の認知症の専門病院で検査を受けたのが7月半ば、検査の結果はアルツハイマー型と血管性の混合型認知症で、程度は重度、もはや治る見込みはないということだった。

その段階で専門病院への入院が決まったが、コロナを恐れる病院からは2回のワクチン接種を終えて10日経過した後でなければ受け入れられないと条件をつけられ、結局お盆明けの今日、伯母は嫌がっていた入院をした。

入院に至る顛末はまた改めて詳しく書くとして、当面の私の悩みのタネであった伯母の介護問題は一つの大きな山を越えたことになる。

「蒙霧升降(ふかききりまとう)」。

まさに我が家を覆っていた濃い霧は、秋風に運ばれて少し視界が開けた気がする。

入院の手続きを全て終えて家に戻ると、伯母が毎日飲んでいた牛乳が一本だけ残っていた。

妻と半分に分けて、伯母の牛乳を飲む。

「絶対に入院なんかせん」と言っていた伯母は今頃、慣れない病院のベッドで緊張しながら不安な夜を迎えているに違いない。

伯母の心細い気持ちを想うと、涙がこぼれてくる。

しかしこれが遠距離介護の限界、伯母がヘルパーさんたちを拒み続ける以上、他に取りうる手段はないのだ。

少し肩の荷が降りた一方で、胸の奥に言いようのない罪悪感が残った。

<吉祥寺残日録>岡山帰省4日目、伯母を車に乗せて海辺の故郷に連れて行った #210707

【トイレの歳時記2021】

  1. 七十二候の「芹乃栄(せりすなわちさかう)」に中国と香港について考える #210106
  2. 七十二候「水泉動(すいせんうごく)」に考えるステイホームの過ごし方 #210110
  3. 七十二候の「雉始雊(きじはじめてなく)」にキジを見に井の頭自然文化園に行ってみた #210115
  4. 七十二候「款冬華(ふきのはなさく)」に「大寒」の井の頭公園を歩く #210120
  5. 七十二候「水沢腹堅(さわみずこおりつめる)」と初場所・初縁日 #210125
  6. 七十二候「鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)」に紀ノ国屋で二番目に高い卵を買う #210130
  7. 七十二候「東風解凍(はるかぜこおりをとく)」に立春をさがす #210203
  8. 七十二候「黄鶯睍睆(うぐいすなく)」に考える「野生のインコ」と「生物季節観測」のお話 #210208
  9. 七十二候「魚上氷(うおこおりをいずる)」、日本にもワクチンが届いた #210213
  10. 七十二候「土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)」、ワクチン接種も始まった #210218
  11. 七十二候「霞始靆(かすみはじめてたなびく)」、霞と霧と靄の違いを調べる #210223
  12. 七十二候「草木萌動(そうもくめばえいずる)」に草木の『萌え』を探す #210228
  13. 七十二候「蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)」に早咲きの桜を愛でる #210305
  14. 七十二候「桃始笑(ももはじめてさく)」、梅と桜と桃の見分け方 #210310
  15. 七十二候「菜虫化蝶(なむしちょうとなる)」、公園の花見会場は封鎖されていた #210315
  16. 七十二候「雀始巣(すずめはじめてすくう)」、やっぱり「春はセンバツから!」 #210320
  17. 七十二候「桜始開(さくらはじめてひらく)」に見回る2021年お花見事情 #210325
  18. 七十二候「雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)」、雨上がりの井の頭公園は極楽のようだった #210330
  19. 七十二候「玄鳥至(つばめきたる)」、伯母の家にもツバメと医者がやってきた #210404
  20. 七十二候「鴻雁北(こうがんきたへかえる)」、井の頭公園から渡り鳥が消えた #210409
  21. 七十二候「虹始見(にじはじめてあらわる)」に知る鴨長明の「ひとりを愉しむ極意」 #210414
  22. 七十二候「葭始生(あしはじめてしょうず)」、水草は生き物たちのパラダイス #210420
  23. 七十二候「霜止出苗(しもやんでなえいづる)」、岡山の伯母に「要支援1」が出た #210426
  24. 七十二候「牡丹華(ぼたんはなさく)」に「ツツジ」と「サツキ」と永井荷風を知る #210430
  25. 七十二候「蛙始鳴(かわずはじめてなく)」、カエルは鳴かずとも夏は来る #210505
  26. 七十二候「蚯蚓出(みみずいづる)」、三男の結婚式の行方 #210510
  27. 七十二候「竹笋生(たけのこしょうず)」、緊急事態宣言が出た岡山の竹藪を想う #210515
  28. 七十二候「蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)」に日本の伝統産業「養蚕」を学ぶ #210521
  29. 七十二候「紅花栄(べにばなさかう)」に観察するアジサイの花とスッポンの子ども #210526
  30. 七十二候「麦秋至(むぎのときいたる)」、カワウやカイツブリの子育てもそろそろ終盤 #210531
  31. 七十二候「螳螂生(かまきりしょうず)」に考える「共食い」という現象 #210605
  32. 七十二候「腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる)」に三鷹「ほたるの里」で蛍狩り #210610
  33. 七十二候「梅子黄(うめのみきばむ)」、梅雨入りに梅ジャムを食す #210615
  34. 七十二候「乃東枯(なつかれくさかるる)」、夏至に家族写真を飾る #210621
  35. 七十二候「菖蒲華(あやめはなさく)」、アヤメとショウブとカキツバタ #210627
  36. 七十二候「半夏生(はんげしょうず)」、妻のワクチン予約をする #210702
  37. 七十二候「温風至(あつかぜいたる)」、東京五輪の”無観客”が決定 #210709
  38. 七十二候「蓮始開(はすはじめてひらく)」、伯母を病院に連れて行く #210712
  39. 七十二候「鷹乃学習(たかすなわちわざをなす)」、自殺した林真須美死刑囚の娘 #210717
  40. 七十二候「桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)」、感染拡大の中でオリンピックが始まった #210722
  41. 七十二候「土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)」、台風とともにコロナ感染者も過去最高2848人に #210728
  42. 七十二候「大雨時行(たいうときどきにふる)」、コロナと五輪の中で迎えた39回目の結婚記念日 #210801
  43. 七十二候「涼風至(すづかぜいたる)」、期待の“リレー侍”バトンミスの衝撃 #210807
  44. 七十二候「寒蝉鳴(ひぐらしなく)」、井の頭公園にもヒグラシが鳴く #210812
  45. 七十二候「蒙霧升降(ふかききりまとう)」に認知症の伯母が入院した #210817