孫、大集合

ゴールデンウィークに突入した。公園は、まばゆいばかりに鮮やかな新緑に染まる。

img_5636

吉祥寺に引っ越して初めてのゴールデンウィーク。のんびり過ごそうかと思っていたら、孫4人が一斉にやってくることになった。

きっかけは次男のお嫁さんが結婚式に出席することだった。息子が2人の幼い娘の子守りをすることになり、うちに連れて来たいという。その話を長男に伝えたところ、「それならうちも行く」と言って家族4人で遊びに来ることになった。

上は小学校2年生、下はまだ1歳。孫4人全員が、我が家に大集合だ。

img_1536

私には思惑があった。孫たちが家で騒ぐと近所迷惑になるので、近くの動物園に連れて行こうと決めていた。

井の頭公園の中にある「自然文化園」は、小さな動物園だ。ゾウのはな子を筆頭に、リスやサル、タヌキやモルモットなど、小さくて身近な動物たちがいる。動物に触れる場所もあり、子どもたちには人気のようだ。おまけに、小さな遊園地まである。孫たちが遊びに来る日に備えて、私は自然文化園の年間パスまで購入していた。

ちょっと冷たい北風が吹いていたが、孫たちを計画通り動物園に連れ出した。さすがにゴールデンウィーク、少子化時代とは思えないような大勢の子どもたちがすでに来ていた。案の定、女の子たちには動物園はとてもうけた。短い足をばたつかせて動物たちの檻をかけ巡る。珍しそうに目を輝かせている。何とも微笑ましい、愛らしい後ろ姿だ。

img_5668

パンダやライオンといったスターはいないが、彼女たちにはアライグマやタヌキで十分満足してもらえる。ところが、ひとり小学生になっている男の子だけは、こんな動物たちでは退屈らしい。この日は、ゾウのはな子も体調不良で屋外に出てこない。それではと、リスたちが走り回る檻の中に孫たちを連れて行く。この動物園でも人気の施設だ。しかし、男の子はまだ満足できないご様子。それなら、遊園地はどうだ。コーヒーカップやメリーゴーランド、結構なスピードで回るブランコのようなアトラクションもある。早速、回数券を買って、子どもたちに配る。女の子たちはとても楽しそうだ。でも肝心の男の子は乗ろうとしない。ひとり離れて、サル山の方へ行ってしまった。

img_5701

ところが、彼はこのサル山がなぜかとても気に入ったようで、表情が一気に明るくなる。それまでの退屈そうなそぶりとは打って変わって、サルたちの行動を時に笑い声をあげながら観察していた。女の子たちが回数券を全部使い果たすのを待って、みんなで家に戻った。とりあえず、動物園作戦は成功だ。

この後、家のおもちゃで少し遊び、夕食はみんなで焼肉屋へ繰り出した。吉祥寺本町の雑居ビル3階にある「焼肉いのうえ」。内装もきれいな焼肉屋さんだ。肉の質も悪くない。我が家のお気に入りの焼肉屋さんだ。孫たちは全員焼肉が好きなようで、一丁前に食う。それにしても、よく食うなあ。支払いは、ジイジのお仕事だ。

食べログ評価3.00、私の評価は3.50。

「孫は、来てうれしい、帰ってうれしい」と昔、誰かに聞いたことがある。孫に会うのは楽しいが、普段静かに暮らしている年寄りには活動的すぎて後で疲れが出る。そのため、孫が帰ってまた静かな生活に戻るのもうれしいという意味だろう。確かにその通りだと思う。

ゴールデンウィークの賑やかな一日は、こうして終わった。

img_5642

コメントを残す