奥華子

今朝は冷え込んだ。この週末は快晴が続くらしい。

朝のランニングに出る。いつもはヒップホップを中心に洋楽を聴きながら走るのだが、きょうは気分を変えてJ-POPにしてみた。アマゾンミュージックのプレイリストを適当に選んだ。

気に入った曲がみつかった。私はあまり聴いたことのない女性ミュージシャンの歌。奥華子さんの「ガーネット」という曲だ。とても澄んだ声。この人いいなあ、と思う。

ネットで調べてみると、この曲は映画「時をかける少女」の主題歌だったという。そういえばどこかで聴いた気がする。

多くのCMソングも手がけており、積和不動産「MAST」「ガスト」「くもん」など、CMとしてお茶の間でも高く評価されている。確かに、MASTのCMソングを歌っている人というのでテレビで見たことがあった。これまでいろいろ聴いているのに、あまり意識したことがなかったということだ。

彼女のサイトには“10万人が足を止めた魔法の声”としてプロフィールが紹介してあった。

『聴いた瞬間から心に染み入るメロディと歌詞、まっすぐな歌声は老若男女問わず幅広い世代の人々から支持を集めている。“声だけで泣ける”と称される彼女の歌声は、まさに初めて聴く人の耳を捉えて離さない。キーボード弾き語りによる駅前路上ライブを04年に渋谷でスタート、柏・津田沼など関東を中心に、1年間で2万枚の自主制作CDを手売りする等、驚異的な集客力の路上ライブが話題となり、05年にメジャーデビュー』

私が偶然惹き付けられたのも、きっと偶然ではなかったのだろう。

 

コメントを残す