<ご当地グルメ>名古屋「コンパル」の「エビフライサンド」

投稿日:

名古屋駅には午後2時過ぎに着いた。お目当の店は「メイチカ」と呼ばれる駅前の地下街にあるという。

IMG_4912

コーヒー・サンドイッチの「コンパル メイチカ店」

思ったよりもこざっぱりした店構えだった。

IMG_4914

通路に面したテイクアウトのカウンターには、様々なサンドイッチが並べられていた。

「コンパル」は昭和22年創業。名古屋独特の喫茶店文化を牽引してきたお店だ。今では名古屋に9店舗を構える文字通り名古屋を代表する有名店だという。

IMG_4911

店内は満席。喫茶店だが、1人客は相席だ。

写真ではこぎれいに見えるが、全席喫煙。あちらこちらからタバコの煙が上がる。

fullsizeoutput_259e

サンドイッチは多種多様。「みそカツサンド」というのもある。

そんな「コンパル」の代表メニューが名古屋名物「エビフライサンド」(930円)だ。私はそれを食べにきたので、迷わず「エビフライサンド」を注文する。

それにしても、950円はなかり強気だ。

IMG_4906

運ばれてきたのは、こんな感じ。

ちょっとメニューの写真と違う。メニューだと、断面が上を向けられ、独特のビジュアルなのだが、パンを立てる手間を惜しんだのか、切ったまま皿に並べられている。

いかにも愛想がない。

IMG_4905

横から見ると、こんな感じ。

輪切りになったエビフライが、やはりユニークだ。コールスローと卵焼きが一緒にサンドされている。

IMG_4907

食べようとすると、中のエビフライがごろりと転げ落ちた。

実に食べにくい。

フォークもないので、指がベトベトになってしまう。

それでも味は想像通り美味い。コールスローのマヨネーズとエビフライにかけられたケチャップかソースが交わり、ベタだが濃厚でB級な美味しさがある。

IMG_4910

 

店自慢の「コーヒー」(400円)と一緒にいただく。

店のホームページには、こう書いてある。

『オリジナルブレンドコーヒーは昭和22年の創業当時から変わらないブレンドで、濃厚な深みのある味わいとまるみのあるコクが特徴。』

濃厚なミルクをコーヒーに注いでいただくコーヒーは、確かに深みを感じる。カップは小さめだが、この店のコーヒーは名古屋の人には昔懐かしい味なのだろう。

IMG_4909

ランチセットはなく、サンドイッチとコーヒーで1330円はさすがにちょっとボリすぎな感じだが、「名古屋に来た」という気持ちにはなれる。

ちょっと癖になるお店である。

食べログ評価3.58、私の評価は3.60。

コメントを残す