<吉祥寺残日録>巨樹を見にいく🌳小豆島誓願寺の大ソテツはまるでキングギドラ #211015

小豆島旅行2日目。 朝起きると、窓の外には静かな瀬戸の海が広がっていた。 昨日、波間に沈んだ恋人の聖地「エンジェルロード」が再び姿を現している。 波ひとつない穏やかな海だ。 部屋の窓からは日の出は拝めなかったが、朝6時2…

<吉祥寺残日録>トイレの歳時記🌾七十二候「菊花開(きくのはなひらく)」にセイタカアワダチソウの黄色い花が満開だ #211013

10月に入って異常に暑い日が続いていたが、昨日あたりから少し秋らしくなってきた。 今日から暦の上では寒露の次侯「菊花開(きくのはなひらく)」という季節に入る。 その名の通り「キクの花が咲き始める頃」ということらしく、母の…

<吉祥寺残日録>吉祥寺図書館📗 農文協編「農家が教えるラクラク草刈り草取り術」(2013年/農山漁村文化協会)

8日から岡山に帰省するのを前に、図書館で雑草や草刈りに関する本を借りてきた。 これがなかなか興味深い。 たとえば、その中の一冊、徳間書店取材班編「雑草×雑学」の冒頭にはこんなことが書かれていた。 世の中には“知らなくても…

<吉祥寺残日録>トイレの歳時記🌾七十二候「雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)」に妻が2度目のワクチン接種を終える #210923

岡山から東京に戻ると「秋分の日」。 二十四節気の「秋分」について我が家のトイレにかけてある歳時記カレンダーには、『彼岸の中日。古代中国では「龍淵に潜む」と説かれた。この日より、夜が長くなる』との解説が付されている。 中国…

<吉祥寺残日録>6月末で会社辞めます #200513

昨日の朝、郵便受けを見てきた妻が、「来てたよ」と言った。 「アベノマスク」が我が家にも届いたのだ。 「3つの蜜を避けましょう!」と書かれた台紙と一緒に包まれ、昔ながらのガーゼのマスクが2枚入っていた。 特段の汚れとかはな…

月一農業

この週末、妻と一緒に岡山に帰省してきた。 妻の父親、すなわち私の義父が体調を崩したことがきっかけだった。義父は今、90歳。今年の年末には91歳になる。 岡山には、妻の両親と私の母親、そして農地を守ってくれている伯母がいる…

木材輸出

日本の木材が売れているという意外な記事が日経新聞に出ていた。 九州の木材を中国が爆買いしているというのだ。 一応、「山持ち」の端くれである私としては、ちょっと気になる記事だ。引用させていただく。   『 九州南…

思い出の食

誰にでも「思い出の食」というものがあるだろう。幼い時に食べた味、ある記憶と結びついた味。それらは美味い不味いという基準とは関係なく、特別な価値を持っている。 この週末、妻と一緒に岡山に帰省した。 目的は前回同様、裏山の竹…

2018年の筍

この週末、1人で岡山に行ってきた。タケノコ退治が目的だ。 伯母を車に乗せて、裏山に上がる。 これ以上、竹がはびこらないようにこのところ毎年タケノコを始末するために帰省している。 この週末、日本列島は大きな高気圧に覆われ、…