米中合意第一段階

自称「ディールの達人」トランプ大統領が仕掛けた中国に対する貿易戦争。 とりあえず「第一段階」となる合意が成立し、調印式が行われた。 気になるのはその中身だ。 日経新聞の記事を引用しておく。 米通商代表部(USTR)は約9…

広告

新興・途上国債務6000兆円

時事通信が気になる記事を配信していた。 新興国、途上国の債務が「過去50年で最悪」になり、世銀が金融危機リスクに警鐘を鳴らしたという記事だ。 短い記事なので、全文を引用しておく。 世界銀行は19日、新興・途上国の債務に関…

英保守党 圧勝

3年にわたって迷走に迷走を重ねたイギリスのEU離脱騒動が、今度こそ決着したようだ。 EU離脱を前面に打ち出して総選挙に打って出たボリス・ジョンソン首相は、見事に公約を達成することになるだろう。 12日行われたイギリスの総…

世界の債務残高は2京7200兆円

もうすぐ師走。 井の頭公園の木々も最後の色づきの時を迎え、落ち葉が厚く積もっている。 そんな晩秋の日、「Forbes JAPAN」に、興味深い数字が出ていた。 世界全体の債務残高が、なんと2京7200億円もあると言うのだ…

カリスマ経営者が消える中国

先日訪れた杭州。 着陸直前、眼下には例によって高層ビル群が現れた。 中国の都市を訪ねると、どこに行っても同様の景色を見る。 似たような高層住宅が大量に建設される。しかも、1箇所ではない。一つの都市で何ヶ所もこうした巨大団…

揺り戻し

アメリカに関する2つの気になる記事を目にした。 どちらも日本経済新聞の記事で、行きすぎたアメリカ式資本主義を見直す動きとして個人的には歓迎したいニュースだ。 一つ目はニューヨークから、『米経済界「株主第一主義」見直し 従…

仮想通貨リブラ

このところちょっと冴えない動きが続いていたフェイスブックが、世界中の注目を集めている。 本業のSNSではなく、仮想通貨リブラの発行計画が波紋を呼んでいるのだ。 フランスで開かれたG7財務相会議でも、リブラの規制について早…

対韓輸出規制

G20終了を待っていたように発表された日本政府による韓国に対する輸出規制強化策。 徴用工問題をはじめとする一連の韓国政府の対応に対する安倍政権の報復との見方が強いが、韓国の保守系有力紙「朝鮮日報」が今年5月に気になる記事…

2060年の世界

気になる記事を見つけた。 2060年における日本と世界の構図に関する予測だという。 どこまで当たるのか、私には判断できないが、超高齢化が進む日本の未来があまり芳しくないのではという予感を裏付けてくれる記事なので、今後の参…

MMT

最近テレビで「MMT」という言葉を聞くようになった。 MMTとはModern Monetary Theoryの略で、「現代貨幣理論」と訳される経済理論である。 ウィキペディアを見ると、こう書いてある。 『 現代経済の貨幣…

トランプ流

ますます世界はトランプさん中心に回っている。 そして私たちは、すっかり「トランプ流」に慣れてしまった。   今週、トランプさんが発した1つのツイッター記事に世界が振り回された。10連休がようやく明けようとするタ…