<東京@グルメ>西ヶ原「榎本ハンバーグ研究所」の「しるばーぐ」

東京メトロ南北線の西ヶ原駅。今日初めてこの駅で降りた。

IMG_5987

旧古河庭園の中にある「大谷美術館」を訪れるのが目的だ。

ここで96歳の日本文学者ドナルド・キーンさんの写真展が開かれる。

IMG_5975

雨に濡れて緑が鮮やかだ。都心にこんなに緑溢れる場所が残されているのか・・・。

IMG_5977

1919年に古河虎之助男爵の邸宅として建てられた。来年築100年を迎える。

落ち着いた洋館はキーンさんのお気に入りの場所だという。

IMG_5966

築100年の洋館で開かれる96歳文学者の写真展。

IMG_5969

キーンさんも姿を見せ、記者たちの取材に答えていた。

IMG_6006

せっかく初めて西ヶ原を訪れたので、この街でランチを食べることに・・・。

目についたのが「榎本ハンバーグ研究所」。西ヶ原では有名なお店らしい。

IMG_5994

さすが人気店。店内はすぐに満席になった。

このお店、ハンバーグ研究所と名乗るだけあり、様々なハンバーグがある。

IMG_5988

手頃なランチもあるのだが、目についたのは「西ヶ原名物 しるばーぐ」。

これは一体、何だ?

多くのテレビ番組で放送された人気メニューらしい。

IMG_5993

迷わず「しるばーぐ」を注文すると、「初めて食べる方へ」と書かれた説明書を手渡された。

ハンバーグやご飯、具をスープに放り込んで食べるらしい。どんなスープなのだろう?

IMG_5995

これが「しるばーぐ(小)」(1480円)だ。結構、高い。

小はハンバーグが150gだが、中は200gで1780円、大は150g×2枚で2380円だそうだ。

IMG_5998

一つのお椀には、ごはんの上にハンバーグ。

さらに、メンマと味玉、ノリとネギとゴマ。

IMG_5997

もう一つのお椀には、もやしとわけぎが入ったスープ。

このスープに、ハンバーグ、ごはん、メンマ、味玉を投入する。

IMG_6005

食べてみると、スープの味は魚介の効いたつけ麺のタレだ。味は悪くない。

このスープとハンバーグ、別に合わないわけではない。ただ、別々に食べるのに比べて格段に美味しくなるというわけでもない。

アイデアメニューではあるが、個人的にはやはりつけ麺の方がいい。

IMG_5999

ハンバーグ研究所と名乗るだけあり、ハンバーグ単独でも十分美味しい。

ハンバーグを割ると、中からお約束の肉汁がドバッと出た。

それでもあえて「しるばーぐ」を開発することで、テレビが取材に来る人気店になるのだ。

IMG_5991

『  ハンバーグ好きに悪人はいません!

美味しいハンバーグは、人の心を豊かにしてくれます。

ハンバーグ愛は、世界を平和にします!』

「ハンバーグ研究家 榎本稔」おそらくこの店の店長さんの言葉なのだろう。何事も極めると、世界平和に繋がるのかもしれない。それなら結構なことだ。

食べログ評価3.32、私の評価は3.40。

 

 

 

コメントを残す