<きちたび>ソウル2泊3日の旅② 日本大使館前の少女像を私も見に行ってみた

投稿日:

今日、韓国の文在寅大統領が会見を開いた。慰安婦問題の解決には「日本が真実を認識し、被害者に心から謝罪」することが必要と指摘した。

Embed from Getty Images

 

多くの日本人がカチンときた韓国政府の慰安婦合意の見直し作業。

日本政府がそれを受け入れることはありえないだろうが、私個人としては鳩山総理が辺野古移転に関して「最低でも県外」と約束して対米交渉を行い、最終的に腰砕けになった醜態を思い出した。

日韓で様々な感情を呼び起こした今回の慰安婦騒動の最中、私もソウルの日本大使館前に置かれた「少女像」というものを見に行った。

IMG_1075

ソウルの日本大使館は、李氏朝鮮時代の王宮「景福宮」の近くにある。

IMG_1087

迷いながらウロウロしていると、警察のバスが止まった工事現場のような場所があった。

「日本大使館」という看板や案内板がない。少なくとも私は気がつかなかった。警官たちがいなければ、気づかずに通り過ぎてしまったかもしれない。

知らなかったが、ソウルの日本大使館は2015年から建て替え工事が行われていて、実際に工事現場だったのだ。完成は2020年だという。

IMG_1085

そして・・・あった。従軍慰安婦の象徴とされる「少女像」だ。

大使館前の歩道にあると思っていたが、実際には道を隔てた反対側の歩道に置かれていた。

IMG_1081

この少女像、韓国挺身隊問題対策協議会という市民団体が2011年12月に設置した。この団体は1990年、キリスト教団体や女性団体の連合体として発足、毎週水曜日に日本大使館前でデモ活動を続けてきた。

IMG_1080

少女像脇の路上にはプレートが埋め込まれていた。

『1992年1月8日、日本軍「慰安婦」問題解決のための水曜デモが、ここ日本大使館前ではじまった。 2011年12月14日、1000回を迎えるにあたり、その崇高な精神と歴史を引き継ぐため、ここに平和の碑を建立する。』

このプレートには「少女像」とか「慰安婦像」という名称は使われていない。ちなみに、この少女像、韓国語では「平和の少女像」、英語では「Statue of Peace」と呼ばれているそうだ。

今や世界各地に建てられている少女像だが、この活動はここソウルに日本大使館前から始まった。それは日本政府に謝罪を求める水曜デモの1000回を記念するためのものだった。しかし、時が経ち様々な経緯を経て、次第に像の目的も変わっていったのだろう。

IMG_1082

この少女像の隣にはビニールに覆われたテントのようなものが置かれていた。市民団体の機材置き場かと思ってよく見ると、中に人がいるのに気づいた。

IMG_1086

靴も置かれている。どうやら少女像が撤去されないよう、交代で見張っているようだ。

この活動により、旧日本軍が韓国人慰安婦を強制徴用したという負のイメージが世界に拡散したことは間違いない。日本人としてはやはり気になる。

中国による南京事件の宣伝活動に似ている。多分にプロパガンダ的要素があるが、私たち日本人も旧日本軍の慰安所の実態をよく知らない。昔の戦争映画には、慰安所の前に列をなす兵士たちが描かれていた。間違いなく戦地には慰安所が置かれていた。問題は、軍が主導して、強制的に慰安婦を徴用したのかどうかだ。その点について、私は勉強不足である。

ウィキペディアで慰安婦問題を調べると、他の国々でも慰安所があったとの記述が事細かく書かれている。日本語のウィキペディアではそうだが、韓国語のウィキペディアではおそらくまったく違う記述になっているのだろう。

日本人と韓国人では、ベースとなる歴史認識が違う。だからどこまで行っても議論はかみ合わない。相手に対する不信感が募る。不幸な隣人関係だ。

ただ私たち日本人が忘れてはならないのは、その不幸な隣人関係を作ってしまった原因は日本側にあったという事実だ。それを踏まえた上で、誠実に問題と向き合う姿勢は失いたくない。

Embed from Getty Images

 

文大統領の会見を韓国の人たちはどう受け止めたのかが、個人的には気になる。

韓国主要紙の社説を見てみよう。

中央日報は「弥縫で終わった慰安婦合意波紋、このために大騒ぎしたのか」と批判的な見出しだ。

『我々は最初から韓日関係が回復不能になるため合意を絶対に破棄してはならないと主張してきた。政府が悩んだ末に現実的な選択をしたのは幸いだ。

しかし誤った合意をやり直すという名分と、韓日関係を壊すことはできないという現実論が混ざり、前後が合わない弥縫策で幕を下ろした。特に和解・癒やし財団の基金10億円の処理がそうだ。政府は日本側の謝罪が不十分だとして我々の予算で10億円を作り、処理案を協議するという立場だ。しかし日本がこれを受け入れるはずはない。実際、河野太郎外相は発表直後、「合意を履行しないのは受け入れられない」とし、抗議すると述べた。

その間、政府のアマチュア的な対応で得たものがあるのか。専門家らは合意を破棄する場合に生じる副作用を繰り返し警告した。それでも文在寅(ムン・ジェイン)大統領と康長官は慰安婦被害者と会い、合意を破棄するような動きを見せた。日本の感情は悪化するだけ悪化し、韓日関係は最悪に向かった。

現政権は手続き的正当性と名分に執着し、従来の外交安保懸案を積弊と見なしながらも、実際にその波紋を乗り越える自信がないと急いで取り繕うことを繰り返している。中国を相手にした高高度防衛ミサイル(THAAD)波紋やアラブ首長国連邦(UAE)との外交葛藤も同じだった。相手がいる外交でこのような一方的な対応がどんな副作用を生むのか、今からでも政府は悟らなければいけない。』

韓国のメディアもさすがに厳しい論調が目立つ。でも、もう少し韓国世論の動向を見極める必要があるだろう。

IMG_1121

少女像とは別に、ソウル市内で偶然こんな銅像を見つけた。

「徴用工像」というらしい。去年の8月、ソウル市と釜山市に設置された。

設置したのは「対日抗争期強制動員被害者連合会」と名乗る市民団体だという。日本統治時代に強制的に働かされた徴用工。この団体は「徴用工は奴隷のように扱われ、日本政府は謝罪も補償もしていない」とし、「元徴用工の名誉回復と歴史の清算」が目的だと主張している。

IMG_1120

近代的な高層ビルが建つ龍山駅前の再開発エリアに置かれた「徴用工像」はいかにも唐突な印象だ。この像に関心を寄せる通行人は一人も見なかった。

戦後70年が経過し、韓国でも戦争の記憶は薄れていることは間違いない。被害者サイドが過去の悲劇を許してくれることは、未来志向の関係構築に欠かせない。ただ、加害者サイドが過去を忘れるよう要求するのはやはり間違っているのだろう。

私たちは、歴史問題にどう向き合えばいいのか?

まずは、しっかり歴史を学び、政治的な言動からは距離を置き、常に謙虚な姿勢で静かに隣人に寄り添うことが必要ではないかと感じる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中