エルサレム

投稿日:

久々にトランプ砲が炸裂した。この男はやはりとんでもない。

Embed from Getty Images

選挙公約を守る形で、エルサレムをイスラエルの首都と認め、アメリカ大使館をエルサレムに移すことを決めたと言う。

まさに狂気の沙汰だ。世界中が長い年月をかけて辛抱強く積み上げて来た和平プロセスを一気にぶっ壊す許しがたい暴挙だ。

一人の狂人によって、世界がこれだけ危機にさらされるのは本当に許しがたい。

平和を守るのは難しく、平和を壊すのはいとも易しい。

Embed from Getty Images

トランプ大統領に関しては、先月末こんなことがあった。30日付のBBCを引用する。

『ドナルド・トランプ米大統領は29日、英極右団体「ブリテン・ファースト」の副代表がツイートしたムスリム(イスラム教徒)排斥の扇動的ビデオ3本をリツイートした。テリーザ・メイ英首相が報道官を通じてこれを非難すると、大統領は首相を名指しで反論した。

米大統領がリツイートしたビデオは、「イスラム教徒移民が松葉づえのオランダ人男性を襲った」ものだとされるビデオなど。ツイートしていたジェイダ・フランセン副代表(31)は、公の場での「脅迫的言動」で起訴されている。また、昨年6月に労働党のジョー・コックス下院議員を殺害した男は、「ブリテン・ファースト!」と叫んで犯行に及んでいた。

ただし、オランダ検察庁の報道官はBBCに、暴行容疑で逮捕された男性は「オランダで生まれ育った」人物で、移民ではないと説明した。

トランプ氏のツイートについて、中東歴訪中のテリーザ・メイ英首相は報道官を通じて、「大統領がこのようなことをしたのは間違っている」と述べ、ブリテン・ファーストは「うそをばらまき、緊張の火をあおる、憎悪にまみれた主張」を展開する組織で、その言動は英国が重視する「品位と寛容と敬意」という価値観のアンチテーゼだと非難した。

さらにトランプ氏自身もツイッターで、メイ首相に異例の反論をツイート。最初は、フォロワーわずか6人の別人のアカウントに向けていたが、間もなくこれを削除し、首相のアカウントに向けてツイートし直した。大統領はそこで、「テリーザ・メイ、僕を気にするんじゃなく、英国内で起きている破壊的なイスラム過激主義テロを気にしなさい。こっちはまったく問題ないので!」と書いた。』

さらに、今月4日のBBCでは・・・

『ドナルド・トランプ米大統領は3日、前補佐官の訴追をめぐり、連邦捜査局(FBI)の前長官に捜査中止を働きかけたことなどないとツイッターで反論し、FBIを罵倒するツイートを相次ぎ投稿した。トランプ氏は、FBIの評判は「ボロボロだ」などと複数のツイートで書いている。

2月に解任されたマイケル・フリン前大統領補佐官が、ロシア疑惑を捜査するロバート・ムラー特別検察官にFBIへの虚偽供述の罪で起訴され、本人が有罪を認めた問題で、トランプ氏は2日、「僕がフリン将軍をくびにしなきゃならなかったのは、副大統領とFBIに嘘をついたからだ。彼はその嘘について、有罪を認めた。残念なことだ。というのも、政権移行期の行動は合法だったので。隠すことは何もなかった!」とツイートした。』

そしてロシア疑惑の捜査の行方が気にかかる。今日のBBCの報道では・・・

『複数報道によると、2016年米大統領選に関するいわゆるロシア疑惑を調べているロバート・ムラー特別検察官が、ドイツ最大の民間銀行・ドイツ銀行に対して、ドナルド・トランプ米大統領の口座について記録の提出を命じた。これについて、大統領の弁護士は報道を否定している。

ロイター通信とドイツ紙ハンデルスプラットの報道によると、ムラー検察官は数週間前にドイツ銀行に対して、トランプ氏に関する取引記録の提出を命じる召喚状を送った。

トランプ一族の事業を統括するトランプ・オーガナイゼーションは、その不動産事業について、ドイツ銀行から巨額融資を受けている。

複数の米情報機関は今年1月、大統領選でトランプ氏を勝たせるためにロシア政府が画策していたと断定。民主党のメールサーバーがハッキングされ、ヒラリー・クリントン陣営のメールがウィキリークスに流出したのも、ロシア政府が指示したハッカーによるものだとみている。

ロシアは大統領選への関与を否定。トランプ氏は、ロシア疑惑捜査を「魔女狩り」と呼び、陣営とロシアの結託などなかったと繰り返している。

ムラー氏が率いる捜査によって、これまでにトランプ選対元委員長と同僚が大統領選とは別の資金洗浄罪で、トランプ陣営のジョージ・パパドプロス元外交顧問がFBIへの虚偽供述罪で、マイケル・フリン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)がFBIへの虚偽供述罪でそれぞれ起訴されている。パパドプロス被告は選挙中にロシア政府関係者と接触したことについて、フリン被告は政権移行期に駐米ロシア大使に接触したことについて、それぞれFBIに嘘をついたと、有罪を認めている。』

やはり、トランプをこのまま大統領にしていては世界がおかしくなってしまう。

アメリカの良心が問われている。

 

1件のコメント 追加

  1. wildsum より:

    日本政府も困っていますね。肯定も否定もできない。本当にこれこそ「やばい」大統領です。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中