BUCA

この路地は何度も通っているのに、こんな店があることをまったく知らなかった。

妻が岡山に帰省して2日目の夜、イタリアンに行くことに決めた。小麦が頭痛に悪いと思い込んでからイタリアンに行く機会がずっと減ったからだ。

IMG_3330

ネットを調べて見つけたのが「BUCA(ブーカ)」。輸入食品を扱う「Carnival」の2階にその店はあった。

IMG_3329

階段を上がった突き当たり、まさに隠れ屋のような店だ。

IMG_3316

 

IMG_3315

店内はバーのような落ち着いた雰囲気。カウンター席のほか、二人がけのテーブルがいくつかと4人がけのテーブルが一つ。大人2人で来る店のようだ。

この場所に店を開いて4年になるという。

IMG_3311

まずはグラスの白ワイン。「MERI」というサルディーニャのワインだ。

750円。いつも行くような店よりもちょっと値段が高い。

この店はワインにこだわりがあるようで、1人2杯以上ワインを頼まなければ、チャージ料金がかかる仕組みだ。

IMG_3317

食べ物もそこそこの値段なので、心して選ぶ。

「トリッパと白いんげんのトマト煮込み」(1100円)。

IMG_3318

要するにイタリア風もつ煮込みだ。私はパリ時代にトリッパにはまった。メニューにあるとついつい頼んでしまうのだ。

トマトとチーズの味が染み込んだトリッパは本場の味である。

IMG_3320

トリッパを注文してから気づいたのだが、「前菜5種盛り合わせ」は1人分から頼むことができるらしい。そう言えばネットでもこの店で必ず食べるべき料理としてこの前菜5種盛りを紹介していた。

IMG_3324

順番が変だが、「前菜5種盛り合わせ」(1400円)を頼んでみた。確かに美味しそうだ。

IMG_3325

目を引くのは真ん中の「プーリア産ブッラータチーズとザクロ、ボローニャ産ハム“モルタデッラ”」という前菜。ただ個人的に一番美味しかったのは手前の「活真鯛カルパッチョ、レモンとケッパーのソース」だった。

照明が暗いのでうまく写真が撮れないが、どの料理も見た目はいい感じである。

IMG_3321

2杯目は赤ワイン、「当店限定」という文字に惹かれて「フォンターナ・ディ・グリッリ」というグラスワインをいただく。850円。

これはあまり私の好みではなかった。

fullsizeoutput_1a8d

そして締めはパスタ。

「ブカティーニ;アマトリチャーナ(グアンチャーレのトマトソース、ペコリーノチーズ)」(1700円)というのを選んだ。

IMG_3328

アマトリチャーナだからトマトソースだろうということだけ予想がついた。

濃厚なソース。ブカティーニはシチリア発祥の穴あきのロングパスタだ。普段日本で食べるパスタとは明らかに違う。本場の味なのだ。

料理のレベルは高い。こだわりの店だ。でもこの値段では、ケチな妻を連れて行くことはできないだろう。

食べログ評価3.63、私の評価は3.50。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中