<東京@グルメ>水天宮前「都寿司」の「にもの丼」

天皇の即位パレードに合わせて、1泊2日で人形町に泊まった。

残念ながら、パレードは延期となったが、予定通り人形町・日本橋界隈をぶらぶらすることにした。

吉祥寺から東西線に乗って、茅場町駅で降りた。

お目当の店があったからだ。

明治20年創業の老舗「都寿司」。

さすが日本橋界隈、100年を超える老舗が珍しくない。

入り口には、こんなサインが出ていた。

「鮨は活き 料理は夢」

なんだかちょっと意味深だ。

老舗の寿司店ではあるが、堅苦しさはない。

どこにでもある街のお寿司屋さんといった風情である。

「奥の席へどうぞ」と促された。

奥に4人がけのテーブルが2席。落ち着いた空間があった。

ドーンと大きなお茶が置かれる。

シンプルだが、どこか威厳がある。

このお店のランチメニューはとてもユニークだ。

選択肢はこの4つ。

刺身とシャリが二段に分かれた「二重ちらし」にも惹かれたのだが、「都寿司」に来ようと思ったのは「にもの丼」を食べるためだった。

こちらが「にもの丼」(1200円)。

とにかく、見た目のインパクトがすごい。

『【煮】【茹で】生もの以外で作りました! 味付けは煮ツメで!』

メインとなるのは、中央の穴子と手前のはまぐり。

かんぴょうも添えられている。

奥には、タコ。

さらには、海老と漬物。

きざんだガリが味を引き締める。

どの食材もものすごく柔らかく煮込まれていて、味付けは見た目よりはマイルドだ。

一方、妻はいつもながらオーソドックスに「花にぎり」(1430円)を注文した。

見た目は普通のにぎり寿司だ。

私もマグロをいただいたが、これがものすごく美味い。

やはり鮨は生がいいなと思う。

寿司って、不思議だと思う。

見た目が同じでも、食べてみると全然違う。

そんな味の違いが江戸っ子の心を捉え、100年以上続く老舗を育んだのだろう。

食べログ評価3.62、私の評価は3.50。

「都寿司」
電話:03-3666-3851
営業時間:
[月~金]
11:00~14:00(L.O.)
16:30~22:00(LO.21:00)
[土]
11:00~14:00
定休日:日曜・祝日・第二土曜日

人形町の旅については、こちらの記事もどうぞ。

<東京>人形町1泊2日の旅① 「都寿司」のにもの丼と「新参者」めぐり、そして老舗の街にできた最新ホテル

<東京>人形町1泊2日の旅② 「室町砂場」の天ざると「いわ瀬」のからすみ大根と「誠品生活」の歴史大図鑑

旅したい.com
広告

コメントを残す